HOMEGROWN

読書と特撮と子どものことと、愚痴を書いたblogです。
<< August 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
BABYMETAL(初回生産限定盤)
BABYMETAL(初回生産限定盤) (JUGEMレビュー »)
BABYMETAL
BABYMETALの1stアルバム。おまけのDVDはMVにライブにとおなか一杯。シングル曲満載で大満足の一枚。でも新曲がちょっと弱いかも。
RECOMMEND
【早期購入特典あり】METAL RESISTANCE(初回生産限定盤)(DVD付)(BABYMETAL 防水クリア・ロゴステッカー付)
【早期購入特典あり】METAL RESISTANCE(初回生産限定盤)(DVD付)(BABYMETAL 防水クリア・ロゴステッカー付) (JUGEMレビュー »)
BABYMETAL
「ヤバッ!」「Amore -蒼星-」「シンコペーション」あたりのスピードのある曲が好き。
RECOMMEND
フューチャーカード バディファイト DDD 500円スタートデッキ第1弾 BF-D-SD01 爆熱太陽竜
フューチャーカード バディファイト DDD 500円スタートデッキ第1弾 BF-D-SD01 爆熱太陽竜 (JUGEMレビュー »)

息子のために始めたけど、あれこれお金をつぎ込んでしまいそうで怖い。
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

期待のスーパー戦隊シリーズ全ての主題歌を集めたDVD。昭和ライダーはディケイド劇場版のおまけだったから、今度は平成ライダーだけか全ライダーを期待してしまうなぁ…(無理?)
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
5年3組魔法組 第35話、第36話
第35話「ステキー鬼姫先生」
校庭でおんぶ競争が始まった。ベルバラに邪魔されて倒れたミコは頭を打って気を失ってしまう。そんなミコをすぐに保険室に運んだのは新任の姫子先生。その後、学級会では、危険なので、やってはいけない遊びについて話し合われていた。その結果、おんぶ競争も野球も禁止に決まってしまう。早退することになったミコは、姫子先生と一緒に家に帰る。そして、ミコはやさしい姫子先生が大好きになる。一方、学校では楽しい遊びが全て禁止になり、みんなは元気がない。そんな時、音楽室からピアノの音が聞こえてきて・・。

おんぶ競争ってなんだよ?と思ったら、男子が女子を背負って競争するのか。
5年3組魔法組 第35話
5年3組魔法組 第35話

これくらいの年頃だと、男女の密着とか嫌がりそうなもんだけど、みんな無心で頑張ってる。

ミコはなんだか女性教員との関わりが…って、思ったけど、第4話以来か?
5年3組魔法組 第35話
5年3組魔法組 第35話

さて、今回から鬼姫先生こと乙竹姫子が登場する。
音楽室でピアノを弾いていたのでてっきり音楽の先生かと思ったら、後半では5年3組の体育を受け持っている。カンザブローから鬼姫先生に代わる必要があるのかどうか、よく判らないが、ストーリー上の必要性ってだけだろうな。

この鬼姫先生を演じるのは小野ひずる。
特撮的には「V3」の珠純子、「ウルトラマンレオ」のかぐや姫か。
美人というか、カワイイ人だよね。

参考リンク
仮面ラーダーV3のヒロイン、大相撲甚句に登場〜っ!!: 北脇貴士の大相撲甚句

さて、「してはいけない遊び」としてリストアップされているのは以下の通り。
おんぶきょうそう
ちゃんばら
くつとり
すいらん本かん
はさみっこ
電気おに
五度ぶつけ
5年3組魔法組 第35話
5年3組魔法組 第35話
5年3組魔法組 第35話


さらに相撲と野球、ゴム段、竹馬、バドミントン、リレーが追加される。
それを見かねたカンザブローが「一つ一つよく見て、よく考えて、それから禁止するものを選びなさい」と言うものの、流れを止めるには至らず…
結局、自ら決めた禁止ルールによって、まともに外で遊ぶ事が出来なくなり、子供たちに元気がなくなってしまう。
それを打開するために、ミコが危険を顧みず校舎の三階から飛び降りる…という展開なんだが、正直言ってたいしたお話でもない。
三階から飛び降りた人間を合気道で受け止められるのか?とか言っちゃいけない。
5年3組魔法組 第35話
「やー!」
5年3組魔法組 第35話


そのミコを邪魔しようというベルバラのやることが凶悪。
メタモライトを故障したものと入れ替えたり、助けに行ったカンザブローを妨害するために廊下、階段に画鋲をばらまく。
5年3組魔法組 第35話
5年3組魔法組 第35話
5年3組魔法組 第35話

完全に死人が出てもおかしくないレベル。まぁ、子供向番組だから、そんなことは起きないんだけど。

今回は合成シーンかな。
5年3組魔法組 第35話
5年3組魔法組 第35話
5年3組魔法組 第35話


第34話と同じ公園が出てくるね。
5年3組魔法組 第35話
5年3組魔法組 第35話



禁止された遊びについて、冒頭で描写のあった「おんぶきょうそう」や一般的な「ちゃんばら」なんてのはいいとしても、いくつか意味不明なものが…
2chに以下の書き込みがあった。
314 :どこの誰かは知らないけれど:2013/10/22(火) 10:55:55.79 ID:y3lYmBMn
してはいけない遊び
一.おんぶきょうそう
ニ.ちゃんばら
三.くつとり(ttp://45web.net/kututori.htm)
四.すいらん本かん
五.はさみっこ
六.電気おに
七.五度ぶつけ(ttps://twitter.com/satoblack/statuses/189127998010703872)
八.すもう
やきゅう
ごむだん
ほとんど知らない遊びだ・・・

合気道なんでもありだな。魔女に勝つなよ。そんな鬼姫先生も登場期間は7話だけか
36話のクレジットで泉よし子(洋服店店主)となっているけど、洋服店店主は出てこない
一方でチビバラの役者のクレジットがないぞ
5年3組魔法組

それぞれ紹介されていたリンク。
靴取り | そとあそ 子どもの外遊び201種類 遊び方とルールをイラストや画像で紹介
五度ぶつけに関してはtwitter。


はさみっこについては、それと思われるものを見つけた。
まちBBS - 子供の頃「かどぶつけ」って遊びしました?のレス番号19-22で「はさみっこ」あるいは「はさみ」について言及がある。
2chの過去ログにもあったが、4つしか書き込みがない。
はさみっこという遊び


第36話「チビっ子魔女で大そうどう」
ベルバラの親戚チビバラ。みんなが遊んだり勉強したりしているこの人間の社会がみたくて魔法の国からやってきた。ベルバラはチビバラの世話を5人組に押し付けようとたくらみ、魔女財閥の娘がやってきたので、一流のレストランで食事をさせてあげるという言葉で5人組をその気にさせ、ガンモの家でチビバラの面倒をみさせることに成功する。ところが、やってきたチビバラは家の中でイタズラばかりして、ガンモの家は大騒動に。そんなガンモはチクワにチビバラを譲る。

ベルバラの親戚のチビバラだが、正直「でちゅ」って語尾はどうなん?
5年3組魔法組 第36話
5年3組魔法組 第36話

全編を通してそれほど使わないけど、そういう言葉遣いをするほど幼くないだろうと思う。

そんなチビバラの押し付け合いが繰り広げられるのが前半。
ベルバラ→ガンモ→チクワ→ハテナマンという流れ。
後半は、魔法の力を悪用しようとする詐欺師にチビバラが連れていかれ、いかにして救出するのか、というものだ。

その詐欺師が植田峻というのがポイントね。
5年3組魔法組 第36話
5年3組魔法組 第36話

出番が少ないし、あまりいい役でもないけど、やっぱり存在感がある。
その詐欺師がちっちゃくされて、風船ガムで交番に飛ばされるオチは無茶苦茶だけど、まぁ、ベルバラの親戚だもんな。
5年3組魔法組 第36話
5年3組魔法組 第36話


そろそろベルバラの「一流のレストランで超一流のお食事をして、車はロイルスロイスの乗りっぱなし。欲しいものはなんでも手に入るってニュースなのにな」という言葉が嘘だと理解した方がいいと思うんだが、あっさり乗せられてしまう(男子三人)。

今回、詐欺師を眠らせるためにマンガンキーを使ったが、しっぺ返しに関する言及がなかった。結果的に「なし」になっても、全く触れないというのもちょっと不自然だが、前半でやりたいことの大半が終わってるから仕方ないか。
脚本が今回だけ急に伊上勝の登板。しっぺ返しは脚本の段階でオミットされてしまったのかどうか、ちょっと気になる。
見た印象としても、後半はやや蛇足に感じるので、あまり力が入ってないのかな?

これもその場のノリだろうけど、チクワの姉が母親と喧嘩をしているシーンがある。
母「本当にお前って子は」
姉「どこだっていいでしょ。お母さんはいちいちしつこいのよ。お母さんの知ったことじゃないでしょ」
母「そんなこと言わないで」
5年3組魔法組 第36話
母「お父さんだって次の都会議員の選挙には何としても当選してもらわなくては。その娘がこんな状態では… もう、娘でもなんでもありません、どこへでも好きな所へ行きなさい」
5年3組魔法組 第36話

お姉さんに何があったのかも気になるが、お父さんがどうやら落選して議員ではないらしいという状況も気になるが…気にするだけ無駄な気もしてたりして。


JUGEMテーマ:特撮



5年3組魔法組 第33話、第34話
第33話「ハテナ?ルリ子が見た魔女は?!」
ハテナマンの妹のルリコが家に帰っていない。街中をルリコを探して歩くハテナマン。家に帰るとルリコが泣いていた。よく理由を聞くとルリコは魔女屋敷に忍び込んで魔女に出会ったのだという。そのことを聞いた魔女ベルバラは人間のくせに魔女を語るなんて許せないと怒りをあらわにする。一方、ハテナマン達は魔女ばあさんに会って、ルミコに説明してもらおうと魔女屋敷に向かうのだが、おばあさんに誤解されて追い払われてしまう。

ルリコがメインかよ…とがっかり気分だったけど、孫の死によって過去に捕らわれたおばあさんを如何に救うのか、というちょっといい話だった。
孫との思い出の詰まった庭とぬいぐるみ、人形を大切にするあまり、偏屈になっていったというのは、ちょっと切ない。
5年3組魔法組 第33話5年3組魔法組 第33話
ルリコの夢に出てきた魔女
5年3組魔法組 第33話
実際は…
5年3組魔法組 第33話

引用文にあるように、魔女を名乗るおばあさんをこらしめようと、ベルバラは庭を滅茶苦茶にし、ぬいぐるみや人形を盗んでいく。
5年3組魔法組 第33話
5年3組魔法組 第33話

さらにその盗んだものを街頭で販売とか、ベルバラは相変わらずやることが酷い。

「庭を元通りにしても、何もならんぞ」
5年3組魔法組 第33話

庭を直すことに固執していた子供たちの目を覚まさせたのは、カンザブローだ。
「どうしてですか?」と返すハテナマンに、カンザブローが大人な意見。
「そのおばあさんはきっと、過去の思い出だけに生きてきたんだ。庭をただ直したって、またもとの魔女婆さんになるだけだ」
「それじゃあ先生、おばあさんは幸せになれないわ」
5年3組魔法組 第33話

まぁ、ミコはこういう優しさを持ってる子だよ(お節介?)。
「僕には、おばあさんの気持ちがよく判るような気がするんだ。だからなんとか元気になってもらいたいんだよ」
5年3組魔法組 第33話

正直、ハテナマンがどう判るのか見ていてピンとこないが、「そうだ。一番大切なのは、人の真心だ。その真心さえあれば、必ず通じる」と。
そうだな、そうだといいな。

結局はルリコの思いがおばあさんを元気にするというのは、まぁ、綺麗なオチではある。
5年3組魔法組 第33話
5年3組魔法組 第33話
5年3組魔法組 第33話

魔法の道具も、お手伝い程度の使用と言っていいかな。

さて、久しぶりにガンモの出番が少なく、なんだかんだと帰ってしまう。
この不自然さは、役者の都合で忙しかったんだろうか?

冒頭でハテナマンの母親がおやつを作っているシーンがあるんだが…
5年3組魔法組 第33話
なんか生活感がまるでない。
5年3組魔法組 第33話

あとはルリコっていったい幾つなんだ?という疑問。
見た目や言動から、てっきり保育園か幼稚園なのかと思ってたんだけど、「学校はとっくに終わったはずなのに」と発言している。
そして一緒に魔女屋敷に行った友達が…
5年3組魔法組 第33話
女の子
5年3組魔法組 第33話
男の子
5年3組魔法組 第33話

どうもルリコだけがアンバランス。

ベルバラが露店をやってるところも、看板が出てて、だいたいの場所が特定できそう。
5年3組魔法組 第33話
5年3組魔法組 第33話



第34話「母ちゃんは魔女」
母親のいないショースケは家事に追われ大忙し。お父さんは仕事で忙しくPTAの総会にも出席できない。そんなショースケはお母さんが欲しいと悩みマンガンキーでお母さんが欲しいと頼む。お母さんとして、やってきたのはなんとベルバラ!がっかりしたショースケは怒りだしてしまう。ベルバラは魔法を使って家事を次々とこなしていく。お父さんもユタカもベルバラに乗せられてしまう。そのことを聞いた5人組はショースケの気持ちをおもちゃにしたことに怒り、なんとかしようとするのだが・・。

これは単純に「そういう時代だった」という話なのか、既にその時でもアナクロなカンジだったのか、よく判らないが、小学校に行くために着物を着ているお母さんの多いこと。
5年3組魔法組 第34話
5年3組魔法組 第34話

当然、今よりも着物が身近だったとはいえ、PTA総会になぁ…と。

さて、いつも以上に父子家庭を強調し、母親代わりの大変さがクローズアップされるショースケ。そんな彼女がマンガンキーで「お母さんが欲しいんです!」と願うところまでが導入部。
5年3組魔法組 第34話
5年3組魔法組 第34話

で、引用文にもあるように、ベルバラが母親になってしまう。
5年3組魔法組 第34話
5年3組魔法組 第34話

すっかり飼い慣らされてしまう父と弟を尻目に、徹底抗戦するショースケだったが、やはり手に負えず…

「そうか、よろしい。生徒の悩みは、教師の悩みだ。任せておけぃ」
5年3組魔法組 第34話

こういう相談を受けるってのは、慕われている証拠だなぁ…とか思ったりするが、あっさり返り討ちにあうところがカンザブローらしさだ。
「さてはやられたね、魔法に」
「バカモン。未知のエネルギーによって、超空間的に移動させられただけだ」
5年3組魔法組 第34話

「認めない」ということのレベルが一段上という印象を受ける。
その後の、カンザブローの活躍は素晴らしいの一言。
5年3組魔法組 第34話
5年3組魔法組 第34話

ただこの爽快感は本題じゃない。

ベルバラの魔法から解放された父とユタカの前に現れるのは…
5年3組魔法組 第34話
「大きくなったわね、ユタカ。アルバムを見て安心しましたよ。お父さん、私がいなくても、みんな元気で仲良く暮らしてるのね」
5年3組魔法組 第34話

亡くなったはずの母。

そして母が去った先にいたのは…
5年3組魔法組 第34話
5年3組魔法組 第34話
5年3組魔法組 第34話

当然、ショースケ。
5年3組魔法組 第34話
「姉ちゃん、母ちゃんどこいった?」
「何を言ってるのよ、夢みたい」
「そうか、夢だったっけね」
「アサコ、泣いてるのか?」
「泣いてるわよ、たまねぎ切ってるんだもん」
5年3組魔法組 第34話

そっとメタモライトを隠すシーンも合わせて、とても感動的だ。
5年3組魔法組 第34話
「ごめんね、お父さん、ユタカ。今になってわかったわ、私たちのお母さんは、死んだお母さん以外にはいないってこと。箪笥の上のお母さん、天にも地にも一人っきり」
5年3組魔法組 第34話

なんか、小学五年生が背負うには、ちょっと重すぎやしませんか?という気がしなくもない。
まぁ、テレビ番組的にいえば、父子家庭で献身的に母親代わりを務める女の子というのは、判りやすいキャラ付けということかなぁ?
家業の手伝いを頑張るガンモも、同じか。

さて、この第34話のロケ地となった公園も非常に印象的。
5年3組魔法組 第34話
5年3組魔法組 第34話
5年3組魔法組 第34話
どこなんだろう?
5年3組魔法組 第34話



JUGEMテーマ:特撮



「シン・ゴジラ」を見てきた。
見てきた。
ネタバレは… どうかな?
公開開始から随分経つけど。

僕は単純に楽しめた。
基本的に批判する人のことをどうとも思わないが、楽しめないのは残念ねとだけは思う。

なんだろうなぁ、色々と書こうと思っても、全然まとまらないなぁ。

演技の話も色々と出てるけど、極力リアルさを重視しているような主要人物にあって、唯一アニメ的なキャラクターである石原さとみが、そのリアルさとファンタジーな部分の橋渡し役なのかなぁ?
登場早々はいかにも(ステレオタイプな)アメリカンなイメージで、ビジネスライクな雰囲気だったにも関わらず、最終的には日本やアメリカへの思いを吐露したり、とてもエモーショナルなキャラクターになる。
それをして感情移入はしにくいが、個人的には「カワイイなぁ」とは思った(キャラクター関係ないか)。

もう少し整理しようかな?


JUGEMテーマ:映画



5年3組魔法組 第31話、第32話
第31話「魔女の誕生日は大騒ぎ!」
黒い蝶がベルバラに持ってきたものは、ジョーカーからのベルバラの誕生日を祝う手紙だった。そう、今日はベルバラの誕生日。そして、ベルバラは5人組を自分のバースデーパーティーに招待する。食事に夢中になる5人組に次々とイタズラをしかけるベルバラ。まんまとベルバラに騙された5人組は、ベルバラに仕返しをする。それに怒ったベルバラは正義の誕生パーティーがあることを知り、その会場でまたもイタズラを仕掛ける。ハチャメチャなバースデーパーティーの結末はいかに?

冒頭で、テレビの前のみんなに話しかけるハテナマン。
「二組の誕生日に巻き込まれて、大汗をかいたお話です」
と話したところでベルバラ登場。
5年3組魔法組 第31話
5年3組魔法組 第31話

こういうメタ発言って、最近はないよね。

自ら誕生パーティーを開催するベルバラ。子供たちの近所の有名店でのディナーをご馳走しようという。
5年3組魔法組 第31話
5年3組魔法組 第31話

…がしかし、そのオチは無銭飲食。
5年3組魔法組 第31話
唯一の大人であるベルバラが姿を消して…って、おごってもらえるという発想が危機意識ゼロだな。
5年3組魔法組 第31話

子供たちの逆襲を受けたベルバラは、さらに仕返しをしようとする。

前回登場した舘山寺ビューホテルの正義(まさよし)くんからお誕生会の招待状が届く。
「7月17日、僕の11歳の誕生日です
ちょうど日曜日ですから、マジッカーに乗ってぜひお出かけください、五人そろってね」
5年3組魔法組 第31話

しかしベルバラがその手紙を先に読んでしまう。
5年3組魔法組 第31話
5年3組魔法組 第31話


そして11歳になろうという男の子(まさよし君)が誘う唯一の友達(?)が完全に小学生じゃない。
5年3組魔法組 第31話
5年3組魔法組 第31話

そんな女の子にマサヨシくんは「東京の友達に頼んで魔法を見せてもらうから」と殺し文句を…って、お前そんな奴じゃんかっただろ?
「正しいと思ったら脇目もふらずぶつかっていけ」という言葉を守って、酔っ払いに文句を言っていた彼はどこに行ってしまったんだろう?

日曜が月曜になる強烈な魔法で五人を出し抜いて、ひとり舘山寺で浮かれるベルバラ。
5年3組魔法組 第31話
完全に11歳の子供のお誕生会って雰囲気じゃないが…
5年3組魔法組 第31話


5年3組魔法組 第31話
五人はまだかと、急かす
5年3組魔法組 第31話


今回は久しぶりにMJシーバーが登場。
マサヨシ君からの電話でベルバラの仕業と気づいたハテナマンから、教室のメンバーへ連絡するシーンがある。
5年3組魔法組 第31話
5年3組魔法組 第31話
5年3組魔法組 第31話


前回、結局パルパルに行かなかったじゃないかと思ってたら、その他の観光地も含めて、一挙公開。
5年3組魔法組 第31話
5年3組魔法組 第31話
5年3組魔法組 第31話
5年3組魔法組 第31話
5年3組魔法組 第31話
5年3組魔法組 第31話

舞台をフラワーパークに移して、ベルバラの逆襲が…
5年3組魔法組 第31話
5年3組魔法組 第31話

…と思ったら、酔っぱらって裏目裏目で、子供たちにとって楽しいひと時になってしまう。


第32話「うそつき少女は魔女の弟子?!」
5年3組に新しく転校生の月子がやってきた。ところが、様子がどこか変。お父さんもお母さんもいないという月子を元気づけようと月子の家を訪ねたチクワとハテナマンの前に現れたのは、なんと月子のお母さん。月子はウソつきな女の子だったのだ。お母さんに怒られて泣いてしまった月子をチクワとハテナマンはマジッカーに乗せる。行き先は東町小学校。5人組と出会った月子はまたウソをついてミコの自転車を乗って行ってしまう。ますます月子を信用できない5人組なのだが・・。

冒頭でミコがルリコに読み聞かせていたイソップの「狼と羊飼い」そのままなお話。
5年3組魔法組 第32話
「面白かった、ルリコちゃん?」
「わりとじょうずだったよ。ガンモがいちばんへただった」
5年3組魔法組 第32話

相変わらず、イラつく女の子だ。

西町小学校からの転校生である宇都宮月子。
5年3組魔法組 第32話
5年3組魔法組 第32話

小学校といえばここでは東町が西町かってくらいのもんで。
終盤で母親の仕事の都合で転校を繰り返してるという話が明らかになるが、隣の学区に引っ越しか…と。

カンザブローに西町小学校からと紹介されていたにも関わらず、「前の学校どこだったの?」と訊くチクワ。もうちょっとちゃんと先生の話を聞こうか。

ウソをつかれても、自転車を壊されても、「月子さんは友達」の姿勢を崩さないミコは、月子に説教をぶちかます。
「あなたは羊飼いの少年のようになってもらいたくないのよ。
それでもいいの? 誰にも信用されない人間になりたいの?
宇都宮さん、平気? そんな人間になっても!」
5年3組魔法組 第32話
5年3組魔法組 第32話

「魔女の資格十分」というベルバラは嬉しそうに月子を魔女にスカウトしようとする…が結局なんら行動を起こすことはなかった。

そしてついにミコはマンガンキーを使うことを決意する。
「自転車を壊されても、宇都宮さんのことが心配なのかい?」
「当たり前でしょ。嘘つきを後悔しますように」
「ミコ、いいとこあるなぁ」
「正直な人になりますように。アバクラタラリンクラクラマカシン 宇都宮さんの嘘つきが治りますように!」
5年3組魔法組 第32話
5年3組魔法組 第32話

翌朝、涙を流しながら月子が登校してくる。
「母ちゃんが、車にはねられたの」
「頭を打って、意識不明なの」
5年3組魔法組 第32話

しかしすぐにウソは見破られ、再び怒りを買うが…
「宇都宮、すぐ、中央病院へ行け」とカンザブローが教室に飛び込んでくる。
「君のお母さんが、車にはねられた」のだ。

そしてその言葉に大きな衝撃を受けた月子は…
5年3組魔法組 第32話
「母ちゃんが!?」
5年3組魔法組 第32話
「母ちゃんが!?」
5年3組魔法組 第32話
「母ちゃんが!?」
5年3組魔法組 第32話
「母ちゃんが!? 母ちゃんが!?」
まさかの四回リピート。
5年3組魔法組 第32話


さて、終局に向け、カンザブローの説教が始まる。
「親の仕事場が変わるにつれて、学校も変わらねばならん。やっと友達が出来たと思うと、またすぐ転校だ。宇都宮が嘘つきになったのは、早く自分を印象付けるためだろう。みんなと一緒に遊びたかったんだろう」
5年3組魔法組 第32話

前半パートで母の職場が出てくるが、そこは「東田組建築現場」とある。
5年3組魔法組 第32話
5年3組魔法組 第32話

こういう建築現場って、なに作ってるんだろう? 気になるなぁ。
例えば「ゴレンジャー」なんかを見ていると、建設途中と思しき団地だったり、区画整理だけされていて家が建ってない土地だったりっていうのが沢山出てくる。その「ゴレンジャー」が1975年から1977年3月。これが1976年12月から1977年10月。時期的にはそれほど離れてないところを見ると、全国の建設現場を転々とする日雇い労働者みたいな位置づけだろうか?

さて、結末はこうだ。
月子の母は本当に事故に遭ったものの「大袈裟なんだよ先生は、手と腰に擦り傷こさえただけなのにさ」という程度の軽傷だった。
自らの嘘がまるで現実になってしまったかのような展開に、月子は「母ちゃん、あたし、もう二度と嘘つかないって約束する」と母に誓うのだった。
5年3組魔法組 第32話
5年3組魔法組 第32話

さらにマンガンキーへのお願いによって事故に遭ったんだと罪悪感を感じるミコも病院へ駆けつけ、月子の誓いを見守る…と。
5年3組魔法組 第32話
ゆっさゆっさしてない?
5年3組魔法組 第32話
5年3組魔法組 第32話


オチがカワイイ。
5年3組魔法組 第32話
「あの子たちよ、あたしに魔法を見せてくれたのは」
「月子、もう二度と嘘はつかない約束よ」
「ホントなのになぁ」
5年3組魔法組 第32話


5年3組魔法組 第32話
やっぱりショースケは短パンが似合う。
5年3組魔法組 第32話



JUGEMテーマ:特撮



5年3組魔法組 第29話、第30話
第29話「ほんとう?不幸の手紙」
ショースケが学校から帰る途中にチエが寂しそうな顔で立っていて「ごめんね」と言い残し立ち去ってしまう。チエのことを気にしつつ家に戻るとショースケの家に1枚の手紙が舞い込んだ。その手紙は同じ文面を10人の知り合いに出さなければ不幸になるという不幸の手紙だった。実はこの手紙はチエが仕方なくショースケに出したものだった。不幸の手紙の存在を知った魔女ベルバラは、不幸の手紙を破いてしまったショースケに次々とイタズラを仕掛ける。ベルバラのイタズラにより不幸が重なるショースケはどうするのか?

不幸の手紙かぁ。
懐かしいというか…いや、でももらったことはないなぁ。
友達がいないんだろう?とか言わない。

不幸の手紙をくだらないとしたショースケだったが、次々と不幸が訪れる。
勿論、引用文にあるようにベルバラのいたずらなんだが…

不幸の手紙まとめ - NAVER まとめ
山本弘のSF秘密基地 これが「棒の手紙」だ!

物語はショースケがクラスメイトのチエちゃんから不幸の手紙を受け取ることで始まる。
5年3組魔法組 第29話
初登場のクラスメイト
5年3組魔法組 第29話
不幸の手紙
5年3組魔法組 第29話

ハガキの文面は、こうだ。
5年3組魔法組 第29話
このハガキは不幸の手紙です。今日中に同じ文面のハガキを10人の知り合いの人に出してください。知らない人ではだめです。
ハガキを出さなかったために、怪我をしたり病気になった人もいます。
だから必ず出してください。さもないとあなたは不幸になります。不幸になります。
5年3組魔法組 第29話

翌日、学校で問い詰められる風景は、なんだか下級生をいじめてるようにも見える。
「ごめんね、仕方なかったの」
「わたし、こんなもの出したくなかったの。でも、なんだか怖くて」
「そんなの、迷信に決まってるじゃないか」
「そうかもしれないけど…」
「そんなに言わないでよ、チエちゃんの気持ちだって判るわ」
5年3組魔法組 第29話
「口には出さないけど、悩んでる人も多いみたい」
5年3組魔法組 第29話


子供たちが口々に「ナンセンス」と言ったり、カンザブローが「すすんでるぅ〜」と言ったり。
「いいか、みんなもこんなバカバカしい迷信に惑わされるようでは、進んでるぅとは言わないぞ」
5年3組魔法組 第29話


ショースケ対ベルバラの災難合戦なんだが、要するに不幸の手紙なんてものに振り回されるなってお話。
5年3組魔法組 第29話
「え〜みなさん! 私は不幸の手紙はいかにナンセンスであるかという研究で、ノーベル賞を取ろうと頑張っておりますところの、ベル田バラ子でございます」
5年3組魔法組 第29話

敗北を認めたベルバラ扮する東京魔女大学教授のベルタバラコ先生による講義を経て、ハテナマンが「つまり日本中が不幸の手紙で埋まってしまうというわけですね」と発言。
「ナンセンス」を繰り返すベルバラにショースケも、「みんなもそれくらい判ってると思うの。でもなんとなく不安だから手紙を出すんだと思うわ。そんなの変よ、もっと勇気を持たなくちゃ」と続ける。
クラス中が「その通り!」と。

そして手紙を燃やす5年3組一同。
5年3組魔法組 第29話
「いいか、幸せはみんなの努力で勝ち取るものなんだ。不幸の手紙なんて関係ない」
5年3組魔法組 第29話


「さあみんな歌おう!」というショースケの掛け声で歌いだしたのは…
オープニングテーマ!
この流れ、久しぶり。


第30話「カンザブロー先生が大悪人?!」
テストが終わって開放感につつまれるショースケはマジッカーに乗って浜松の館山寺温泉にいくことにする。遊園地に下りようとしたショースケ達が降りたのはとあるホテル。そこで出会ったのがこのホテルの子どもである正義。正義は足をケガしている。過去に酔っ払った男が花を盗もうとしているのをとめようとした時に足をケガしてしまったのだった。凶悪犯に襲われている女の子を助けさせることで正義に自信を取り戻させようと考えた5人組は魔法で森本先生にそっくりの凶悪犯に変身する。

特撮番組のかつての定番だったリゾート地タイアップシリーズ。
館山寺ビューホテル。

カンザブローのそっくりさんが脱獄犯という、これまた盛り上がりそうな導入部。
5年3組魔法組 第30話
「では次のニュース。脱獄した大野は前科18犯で、変装して非常線を突破。その行方は今のところ判っておりません」
5年3組魔法組 第30話
5年3組魔法組 第30話

そんなニュースを見ていたカンザブローが、期待させる一言。
5年3組魔法組 第30話
「何だ? わしによく似てるなぁ、こいつ。下手すると、間違えられちゃうな、もぉ」
5年3組魔法組 第30話


そして同じテレビ報道を見て、正義の怒りに燃える少年。
どうやら彼は足を痛めているようで、松葉杖をついている。
5年3組魔法組 第30話
カンザブローそっくりさんと激しく戦うシーンを妄想する少年。
5年3組魔法組 第29話

そんな脚が不自由な息子に外で遊べという母だが、どうやらそんな無茶な人でもないらしい。
亡くなった祖父によって叩き込まれた「正しいと思ったら脇目もふらずぶつかっていけ」という言葉を守って足に怪我を負い、すっかり自信を失ったのだということが、彼の母親から明かされる。
5年3組魔法組 第30話
5年3組魔法組 第30話
5年3組魔法組 第30話


物語はテストが終わり、ショースケとミコはマジッカーで気晴らしに舘山寺温泉へ。
5年3組魔法組 第30話
なんだろう、急激に「女」な雰囲気になってきてる二人。
5年3組魔法組 第30話
ご丁寧に地図も。
5年3組魔法組 第30話

そこで正義(まさよし)くんと出会う。
置いてきぼりの男子たちはベルバラによって舘山寺に合流し、事件に巻き込まれていく。

自信を取り戻させようと、ガンモを悪人に化けさせて、ショースケ、ミコを襲わせて、そこを正義くんに救出させようと言う作戦だ。
これ、完全に吉本新喜劇の定番シナリオ。

カンザブロー似の脱獄犯が館山寺にいることを知って、カンザブローの姿になることを勧めたり、ガンモと脱獄犯を入れ替えたり、ベルバラのやってることは、死者が出てもおかしくない事態じゃないか?
5年3組魔法組 第30話
えらく雑な合成。
5年3組魔法組 第30話

とはいえ魔法の道具を使った大捕り物は、まぁ、楽しいよね。

でもサブタイトルの「カンザブロー先生が大悪人?!」といい、冒頭でのカンザブローの「間違われちゃうな」ってセリフは、その気にさせるだけで、カンザブロー本人はまったく物語に関わらないというのはどうなんだ?

しかし、ウナギの蒲焼が出てくるが、不自然すぎて…
5年3組魔法組 第30話
5年3組魔法組 第30話


最後はマグロの解体ショー。
5年3組魔法組 第30話
いくらマサヨシ君がホテルの息子だといっても、小学五年生が船盛か…
5年3組魔法組 第30話


ミコが使っていたのは、ペンタックス(ASAHI PENTAX)のSPかなぁ?
5年3組魔法組 第30話
5年3組魔法組 第30話



JUGEMテーマ:特撮



Check