HOMEGROWN

読書と特撮と子どものことと、愚痴を書いたblogです。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
キン肉マン「超人」 (学研の図鑑)
キン肉マン「超人」 (学研の図鑑) (JUGEMレビュー »)

真面目な図鑑を出すという発想を見てなんとなく、現代に必要なのはケイブンシャであると思った次第。
RECOMMEND
CLARITY (初回限定盤)(ダウンロード・ストリーミングアクセスコード付カード 封入)
CLARITY (初回限定盤)(ダウンロード・ストリーミングアクセスコード付カード 封入) (JUGEMレビュー »)
PassCode
PassCodeの新作。限定盤はDVDじゃなくてダウンロードなんだよね。
RECOMMEND
ファビュラス(Type-A)
ファビュラス(Type-A) (JUGEMレビュー »)
predia
アルバムとしては現時点で最新。かつ10人としてはラスト。
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

ゴーカイジャーより後の戦隊の分や、ライダーシリーズでも実現して欲しいな。特にライダーはディケイドのおまけでやっつけ仕事だったから特に。
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
騎士竜戦隊リュウソウジャー 第11話「炎のクイズ王」
まぁ、一応、最新の戦隊も触れておこうと思って(じゃ「ジオウ」は?)。

試みとしては、まぁ、悪くないと思うんだ。
はっきり言って、巨大化前の戦いで怪人を倒すという行為がもう既に長年形骸化していると思ってたので、「倒さない」とか「倒せないまま巨大化してしまう」というパターンは悪くないと思う。
ただ、その分、カタルシスに欠けるというのか、何か物足りなくなってるように思う。

基本的に古い人間なので、シリーズとしては初期の作品が好きなので、今の戦隊シリーズの形はどこか「違う」なぁとは思ってる。

この「リュウソウジャー」も、マイナソーを生み出した人のことをもっと掘り下げたらいいのにと思う。
くだらない(理不尽な)なぞなぞをやってるくらいなら、目を手術した少年とディメボルケーノとのシーンをもっとしっかりやれと言いたい。

二人の会話のシーンは一度だけって、弱くね?

昔の特撮ならこの子がメインで話が作られるはずだし、「いい話」にしたいなら天然ボケのレッドによって気づくのではなく、この子との関係からみんなが気づく流れの方が「いい話」に出来ただろ?と思う。
ディメボルケーノのキャラ立てや、リュウソウジャー内のキャラクターの性格付けや関係性を重要視した結果、子供の存在意義が薄れてしまっていると、僕は感じる。

これ、別に「リュウソウジャー」に限った話ではないんだけど。

あと、やっぱり主人公は普通の人がいいなと思った。
ここでいう「普通」ってのは、多分、どこか一般の生活が見えるというのかな。
多分なんだけど、「ルパンレンジャーvsパトレンジャー」が面白かったポイントの一つに、チョー久しぶりに一般人であるという部分があったかなと(それぞれに仕事を持ってたし)。
遡ると、一番一般人っぽかったの「ニンニンジャー」くらいまで戻らないといかんかな?
あれも数回高校に通うシーンがあったが、それだけだしな。それ以外は一般的な生活とは無縁だったし。

あれ?「ゴーカイジャー」は宇宙人だったけど、楽しかったな。
この辺りはもう少し分析が必要かな?


JUGEMテーマ:特撮



仮面ライダーV3 第13話、第14話
意気揚々と始めたものの、さっそく第15話、第16話を見逃すという失態。
第13話「恐怖の大幹部 ドクトル・ゲー!?」
デストロンの怪人・ジシャクイノシシの作戦は、車の破壊からさらに新幹線破壊へとエスカレート。だが、デストロンの狙いは他にあったのだ。その名はG(ゲー)作戦。ついにデストロンの大幹部、ドクトルG(ゲー)の登場だ。

終盤に至るまで、ドクトルGというよりはイノシシ男の伝説にまつわるストーリー…でもないか。

イノシシ男の写真を撮るんだという吉村秀夫。
仮面ライダーV3 第13話
「江戸時代からの資料によると、今年の春は30年ぶりにイノシシ男の現れる年なんです」
仮面ライダーV3 第13話

…と言いつつ、彼はイノシシ男を撮影することで大学の研究室の仲間を見返したいようだ。
しかしイノシシ男を目撃した後に姿を消し、一緒にいた女性、陽子は村の診療所に運び込まれる。
現地の隊員から知らせを受けて、現地に向かう風見。吉村は彼の後輩だという。

このイノシシ男というのが今回の怪人ジシャクイノシシなんだが、どうも話がよく判らない。
仮面ライダーV3 第13話
仮面ライダーV3 第13話

そもそもこのジシャクイノシシは、なぜこの牙ヶ岳にいたのか?
中村文弥、中屋敷鉄也、岡田勝といういわゆる「中の人」たちによる村人のセリフによると…
仮面ライダーV3 第13話
「毎年、元気のええ若い者が来て、イノシシ男を探検に来ては、行方不明になってるだ」
仮面ライダーV3 第13話

イノシシ男の伝説によってかえって人が近づいてしまっている。
これじゃ静かに実験というワケにもいかないだろうに。

さて、そのイノシシ男だが、どうやら姿を見た者を殺しにくるという。
つまりこれで風見と陽子が接点を持ち、結果的にジシャクイノシシの存在をしることになる。

さて、このイノシシ男…ではなく、ジシャクイノシシの目的は、腕の強力な磁石で新幹線を襲うというもの。
そのためのテストケースとして、山中で奥村公延が運転する車を持ち上げたりするんだが、それとてこの牙ヶ岳にいることの説明としては弱いな。
仮面ライダーV3 第13話
わざわざこれだけのためにチョイスする人材じゃないだろ?と思うけど
仮面ライダーV3 第13話

さて、物語序盤でイノシシ男を追って姿を消した吉村だが、その後に登場するのはジシャクイノシシが化けた姿。
風見は「本当の吉村秀夫は、まだ牙ヶ岳にいるはずだ」と語っているが、その後のフォロー一切なし。
本当に生きているのかどうかも判らないままだし、なんならその後のドクトルGの登場で全てが吹き飛んでしまった。

ジシャクイノシシとの最初の戦いで逆タイフーンを使ったために、風見は3時間経過しないと変身することが出来なくなってしまう。
ジシャクイノシシとの再戦で変身が出来なかったシーンで、ナレーターがいきなり説明を始める。
まだ3時間は経っていない。志郎がV3に変身できるのはあと一分後なのだ!
仮面ライダーV3 第13話

この流れ、ピンと来なかったんだが、途中まで見た第15話からすると、この時点では3時間必要だということを、風見自身は認識していなかったようだ。


第14話「ダブルライダー秘密のかたみ」
ライダー1号・2号が残したかたみ。そのかたみには、V3の致命的な弱点が隠されていた。そのかたみを狙うガマボイラー。だが、ガマボイラーを倒せば、V3も死ぬ。それは何故か。そして大幹部・ドクトルGのすさまじい攻撃が始まった。

物語の焦点は、ダブルライダーが残したというV3の重大秘密だ。
しかし、印象としては、後半にかけてのガマボイラーとのやり取りで、重大秘密なんかどうでもよくなってしまう。

このガマボイラー、とにかくV3に倒されようとしてくる。
仮面ライダーV3 第14話
「俺と戦ってV3は勝つ。だが、その瞬間からライダーV3には死が訪れる。判らんだろうな」
仮面ライダーV3 第14話

ガマボイラーは得意気に立花に語るんだが、そのせいで「かたみ」なんかよりも、「何をしてくれるんだろう?」というワクワクが止まらない。
つまりがまざまざとは倒されるために登場した怪人なのである

そしていよいよ、V3とガマボイラーの戦いが始まる。
さあ、どう来る?と思っていると…
仮面ライダーV3 第14話
ぴゅーっ
仮面ライダーV3 第14話

えっ!?
これ、別に倒される必要なくないか?
そう思ってると、その泡だか液をかけたガマボイラーはふらふらと歩き、爆発…
少なくともこの瞬間では、V3が勝つというより、勝手に爆発しただけで、勝敗を語れるものではないだろ。

さて、豪語しただけあって、その効果は絶大。
V3はエネルギーを失い、ピンチに陥ってしまう。
そしてドクトルGの強さと、エネルギーの過剰な消耗で、敗北を喫してしまう。

そういえば、国際警察のジョージ・カマモト氏なんだが、「仮面ライダー」にも出てたね。
仮面ライダー 第60話
仮面ライダー 第60話

怪しい風貌だったワリに、本当にただの通りすがりの警察官で驚いた。
その人が今回は国際警察。
仮面ライダーV3 第14話
出世したね(違うか)。
仮面ライダーV3 第14話


そして第15話で、ついに「かたみ」を入手する。
そこで四つの弱点を知ることになるが…まぁ、こういうのは有耶無耶になるのが定番。


JUGEMテーマ:特撮




週刊プレイボーイ 2019 22 祝!連載40周年 キン肉マン総力祭り50P
これは買わなきゃならんでしょ。


連載再開から随分になるのでアレだけど、やっぱり今でもこうして続編が続いているのは驚きだし、小学生の頃に初めて読んだときの衝撃がまざまざと蘇るよ。
僕は悪魔騎士編の、まさにウォーズマンの体内での戦いからだった。それから単行本を全巻購入。今に至る(「二世」は…)。
とりあえずは新作をwebではなく雑誌で読むというのは、なかなか感慨深い。

「キン肉マン 超人総選挙2019 投票結果大発表!!!」も単純に昔懐かしいというものではなく、ちゃんと連載を反映した結果で、なんとも「今」を感じる。

その総選挙でマニアから1票を得た「わたしの牛丼をかえしなさいの人」だが、25周年に発売された「キン肉マン超人大全集」では「宇宙防衛軍長官」と書かれてたな。第1巻の第1話「宇宙怪獣襲来の巻」では組織の名前が「地球防衛軍」だが…

対談も面白いし、久しぶりにプレイボーイを読んだわ。
本当に、今でもこうして「キン肉マン」を読んでること自体が不思議でならんわ。

そして、先日twitterで話題だったUNOの公式ルールについての記事も。
パトレン3号のグラビアもなかなか…

 
 

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



仮面ライダーV3 第11話、第12話
評価:
---
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
¥ 17,387
(2018-04-11)

第11話「悪魔の爪がV3をねらう!!」
暗黒組織・デストロンはV3打倒のため、ピッケルシャークとドリルモグラの改造手術に成功した。回転ドリルがV3を襲う。大海原を舞台に、ピッケルシャークと仮面ライダーV3の水上競争が展開される。がんばれ仮面ライダーV3!

第12話「純子が怪人の花嫁に!?」
海底深くピッケルシャークを追ったV3は、デストロンの罠にはまり、洞窟の中に閉じ込められた。そして人間の10倍の聴力を持つV3の耳は、時限爆弾装置のセコンドの音を聞いたのだった。危うし、V3!

二話でワンセットなのな。

blog更新に対するモチベーションの低下は如何ともしがたく、「仮面ライダーV3」も11話になってた(「仮面ライダー」のラストもアップしなきゃ)。
なので純子につきまとう男(黒田雄二)って誰だよ?って。しかもあっさりとドリルモグラに改造されちゃうし。
仮面ライダーV3 第11話
デストロンは知らないけどV3は知ってる黒田さん。
仮面ライダーV3 第11話

以前からの知り合い風の人物が、こうもあっさりと改造されてしまうかよ?と思ったら、この第11話が初登場なのな。完全に改造されるために登場したのかと思うと、ちょっとガッカリ。

ピッケルシャークと彼を作った海洋生物学の中原博士の部分は完全に物語への導入部で、あまり中身はないように感じる。
仮面ライダーV3 第11話
博士とピッケルシャーク
仮面ライダーV3 第11話

中原博士の遺体を目撃した風見志郎も「その男なら何者かに殺されていましたよ」と非常に軽いし。しかし海洋生物学の博士に改造人間を作らせるとか、よく解らんな。

物語はむしろ、ピッケルシャークに捕らわれ、改造された黒田がメインと言える。
仮面ライダーV3 第12話
仮面ライダーV3 第12話

黒田こと、ドリルモグラの目的は純子と結婚すること。
V3を倒したと思ったドリルモグラは、純子との結婚式を始めるが…

ピッケルシャークとの戦いでV3を倒したと考えていたドリルモグラに対して、首領がV3が生きていることを教えるシーンがある。これは前作「仮面ライダー」でもよくあったシーンだが、「V3」でも健在なんだ…と思ってたら、結婚式は無事開始されて、こういうときだけ生きていることを感知できない都合のよさな。
仮面ライダーV3 第12話
仮面ライダーV3 第12話

この二話におけるひとつの焦点だった「V3の正体は風見志郎か」という部分については、なんとなく曖昧に終わった。

第11話で純子が志郎に手紙を届けるために伊東に向かう。合宿の宿泊先である海園ホテルだ。まぁ、ストーリー的にはなぜか入れ違いになってしまい、出てくるのは看板だけ。
仮面ライダーV3 第11話
「中食」って?
仮面ライダーV3 第11話

検索したが情報としてはTwitterだけだった。



ちょっと気になったので「中食」を検索したら、Wikipediaに記事があったね。
中食 - Wikipedia
こんなふうに書かれている。
知恵蔵の2012年版では、「中食という言葉が登場したのは、働く女性やコンビニエンスストアが社会に定着した1980年代ごろからだと思われる」となっている。(中略)「外食」に対して、家庭の調理による食事を「内食」と呼ぶとすれば、外部で調理されたものを家庭で食べる行為はその中間のため、「中食」と呼ぶ表現が生み出された。
中食 - Wikipedia

年代やホテルであることを考えると、これはやっぱり「昼食」を指してると思いたいなぁ。

さて、ドリルモグラを改造した犬神博士は花巻五郎。
仮面ライダーV3 第11話
仮面ライダーV3 第11話



JUGEMテーマ:特撮



ゆでたまご「キン肉マン 67」
久しぶりの更新は「キン肉マン」の最新巻、第67巻。

正直な話、この新シリーズはちょっと熱量が足りてない。
前のシリーズで正義超人、悪魔超人、完璧超人の三つ巴から、神やらキン肉族の出自とか…おそらくは「キン肉マン」のエッセンスをこれでもかと絞り出してストーリーに仕立て上げ、ただのバトルものからイデオロギー闘争まで押し上げたシリーズだった。
この新シリーズの導入で正義超人側のメンバーは、はっきり言って「残り物」ってカンジだったし、まぁ、どう考えても負け戦濃厚だったからな。

と言いつつも、いよいよキン肉マンや運命の四王子の登場でグッと緊張感が増したし、オメガの民の目的が明らかになり、単純に侵略者と守る側という構図でもなくなってきた。

この手のバトルものにおいて、主人公や主人公側のチームと戦うことで敵が次々に仲間になっていくのは、定番の要素だ。復活した第38巻以降のストーリーにおいて、それにきちんと説明を与えようという姿勢が、物語やキン肉マンの存在を際立たせている。
特に前のシリーズでスグルのマッスル・スパークに対してシルバーマンが「慈悲の心」と言い、前大王が「究極のみねうち」と説明した部分。「試合後には/相互理解と和解へ導く/流れを残す」とも真弓は説明していることが、改めてこの第67巻のパイレートマンのと戦いの後で説明されている。また現在の連載でもかつてマッスル・スパークを食らったスーパーフェニックス自身も同様のことを語っている。

この後、超人閻魔や完璧超人がどう関わってくるのか、サタンって結局何よ?ってことに説明が付けられるのか…
まぁ、今のゆでたまごならやってくれるでしょう…と期待を込めて。


JUGEMテーマ:漫画/アニメ