HOMEGROWN

読書と特撮と子どものことと、愚痴を書いたblogです。
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
キン肉マン 63 (ジャンプコミックス)
キン肉マン 63 (ジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
ゆでたまご
これまで目立たなかった正義超人の面々が頑張ってるが基本負け戦なので、見ていて辛い。早く王子たちの登場を…!
RECOMMEND
Ray(初回限定盤)(DVD付)
Ray(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
Takahiro Hokyo,Konnie Aoki,Koji Hirachi
個人的に今一番キてるグループ。付属のDVDでライブを丸ごと体験して欲しい。
RECOMMEND
ファビュラス(Type-A)
ファビュラス(Type-A) (JUGEMレビュー »)
predia
各メンバーのパートも増え、バラエティ豊かになったが、やっぱり湊&村上コンビが一番イイね。
RECOMMEND
Cinema Trip 【Type-A】
Cinema Trip 【Type-A】 (JUGEMレビュー »)
PASSPO☆
解散は残念だが、彼女たちの残した曲は永遠です…
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

ゴーカイジャーより後の戦隊の分や、ライダーシリーズでも実現して欲しいな。特にライダーはディケイドのおまけでやっつけ仕事だったから特に。
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
仮面ライダー 第14話

第14話「魔人サボテグロンの襲来」
新たなショッカーの幹部がメキシコから来日するとの連絡を受けた滝は、連絡員と合流。しかしそれは怪人サボテグロンが化けた姿だった。ショッカーに襲われる滝と藤兵衛。そこに仮面ライダーが登場し、2人は救出される。だが助かった2人の目の前に現れたのは本郷ではなく、一文字隼人と名乗る謎のカメラマンだった。

番組リニューアルの意図もあるからやむを得ないんだろうが、スナックからの業態の変化は驚きだな。
仮面ライダー 第14話
仮面ライダー 第14話

ルリ子退場でも残留したひろみの友達として、マリ、ミチ、ユリが登場。
仮面ライダー 第14話
やっぱり山本リンダはインパクトあるよ。
仮面ライダー 第14話

とりあえず踊るのは、当時の若者の必須のスキルだったの?
仮面ライダー 第14話
仮面ライダー 第14話

今回のストーリーの目玉はメキシコからショッカー幹部が来日するということ。
メキシコでの完璧に近い作戦遂行能力を買われて来日したサボテグロンだ。
仮面ライダー 第14話
仮面ライダー 第14話

そしてついに一文字の登場。
続きを読む >>
仮面ライダー 第13話

第13話「トカゲロンと怪人大軍団」
東洋原子力研究所のバリアを破るため、ショッカーは強力なキック力を持つ怪人トカゲロンを作り出した。ショッカーに襲われた滝を救おうとした仮面ライダーは、トカゲロンに敗北を喫する。だが、東洋原子力研究所を襲ったトカゲロンと再生怪人軍団の前に、電光ライダーキックを完成させた仮面ライダーが立ちはだかった。

さて、いよいよ旧一号ライダー編が終了するワケだが、その感慨深さよりもツッコミどころが山のようにあるな。
いきなり東洋原子力研究所が襲撃されるが、バーリアによって侵入すらままならない。
仮面ライダー 第13話
東洋原子力研究所。
仮面ライダー 第13話

そしてバーリアとはなにか、ナレーションが説明してくれる。
バーリア。すなわち電磁波を利用した見えない壁である。この電磁波防壁は、原水爆のエネルギーにも破れない、強力なものである。
仮面ライダー 第13話

まぁ、侵入しようとしてるの、再生怪人だもんな(蝙蝠男とさそり男)。
でもさすがに首領はお怒りモード。
蝙蝠男かな?
「しかも我々の力ではどうにもならぬほど、強烈です」という言い訳に「弱音を吐くな!」と激しい叱責。
なんせアメリカ、ヨーロッパに比べて日本での世界征服計画が遅れているというんだから、お怒りももっとも。
首領はバーリア破壊ボールを使えと科学者に命じるのだが…
「お言葉ですが首領、あのバーリア破壊ボールは20メートルもの距離から投げ込まなければ威力は発揮できません」
「それにあのボールは5キロも重量がありますから、20メートルの距離から投げ込む力を持つ改造人間は存在しないのです」
仮面ライダー 第13話

と言い訳を並べる始末。
改造人間、いないなら作ればいいだろ?と簡単に言う首領もどうかと思うが、使えない兵器を作って満足するとか、ショッカー科学陣もな…


続きを読む >>
仮面ライダー 第11話から第12話
なんかもたもたしてる間に、配信はどんどん進んで行く…


第11話「吸血怪人ゲバコンドル」
ショッカーはこれまでの怪人の長所を集め、怪人ゲバコンドルを作り出した。だが、ゲバコンドルには若い女の生き血が必要であり、ショッカーは教会に罠を張り巡らせると結婚式を挙げる新婦を狙った。本郷のライバルであるレーサー・滝和也は、教会での挙式の最中にショッカーによって新婦をさらわれてしまう。

ゲバコンドル。
仮面ライダー 第11話
仮面ライダー 第11話

これまでに敗れた怪人の長所を集めたというが、やっぱり敗北した怪人の長所はどれだけ集めても「それなり」なんじゃないかと思うな。

ここでついに滝の登場。
本郷のライバルとして登場。アミーゴに結婚式の招待状を送りつけるのだが、おやっさんには「レースを前に余裕だ」と評される。
一方の本郷は大学の研究室に籠ったまま。
モトクロスの選手らしく(?)、結婚式場からサイドカーで退場。

その後、ショッカーの襲撃を受けるんだが、そこで新婦がゲバコンドルに入れ替わってるの、結構怖い。
仮面ライダー 第11話
これが…
仮面ライダー 第11話
あれすると、こうなるか?

鳴り物入りで登場したゲバコンドルは、なかなか強い。
早々にライダーキックを受けるが、あっさりと反撃に転じるゲバコンドル。
そしてついにライダーを倒した!
ライダーは上半身を地中にめり込ませ、その後消息を絶つ。
仮面ライダー 第11話
仮面ライダー 第11話

ライダーの登場で新婦を救うことが出来た滝。
「このまま元の身体には戻らないのかしら」とルリ子が言うが、どうなってしまったというのか?
その後の描写から血を吸われたんだろうと思われるが、一体いつ吸ったというのだろうか?
そして、血を吸われると、どうなると…?

しかし、滝もフツーにライダーとショッカーに言及しているぞ。
さすが東映特撮作品である。ライダーもショッカーも周知の事実ということか。

ライダーを倒し、邪魔する者がいなくなったため、ゲバコンドルは好き放題。次々に女性を襲う。
不在の本郷に代わり滝を加えたアミーゴ一同がおとり作戦に出る。
怪しい教会を使って、偽装結婚式を行い、ショッカーをおびき出そうという作戦らしい。
仮面ライダー 第11話
眼鏡が似合うと思う。
おやっさんは割愛だ。
仮面ライダー 第11話

元々は目覚めさせるために必要だった若い女性の生き血が必要だったゲバコンドルだったが、その後も女性の血に執着してしまったがために敗北の切っ掛けを作ってしまったようなもんだな。


第12話「殺人ヤモゲラス」
殺人光線を発明してしまった白川博士は、この発明を封印しようとしていた。だが、助手の柴田が怪人ヤモゲラスに改造され、殺人光線を狙って暗躍を始める。博士は秘密を隠すために事情を明かさず、妹のペンダントに秘密を隠す。だが、ショッカーはペンダントを奪い、殺人光線デンジャーライトを完成させてしまう。

助手がショッカーの内通者で、作戦のために怪人に改造される…という導入部。
本人が望んでいたのかどうか判らないが、ヤモゲラスの姿を見ると、ちょっと可哀想に感じる。喋れないために、人間性を失ったように見えるからだろう。
仮面ライダー 第12話
改造されてしまう助手
仮面ライダー 第12話
ヤモゲラス
仮面ライダー 第12話

白川博士の研究成果を奪ったショッカーは銃を作り出し、人を次々に骨にしてしまう。
でもそれはあくまでももっと大きな目的のための実験である。
仮面ライダー 第12話
仮面ライダー 第12話

そのためにも白川博士の協力が必要で、そのためにも博士の妹を捕えるが…

藤岡弘、の怪我の影響で本郷不在で進むストーリー。
その代わりにルリ子さんが不自然なまでに大活躍。これまでのキャラの立ち位置を大幅に踏み越えての活躍ぶりは清々しいほど。
仮面ライダー 第12話
颯爽と。
仮面ライダー 第12話

しかしまさか博士がヤモゲラスを倒すとはなぁ

今回のロケ地、随分寂しいところ。
仮面ライダー 第12話
仮面ライダー 第12話
これから開発されていくんだろうなぁって。
仮面ライダー 第12話



JUGEMテーマ:特撮



仮面ライダー 第9話、第10話

第9話「恐怖コブラ男」
金の保管庫を襲撃したコブラ男は、ガードマン・近藤の飼い犬に吼えられ、キバを落としてしまった。キバを求めるコブラ男は近藤を襲撃、近藤の息子・武彦も人質に取られてしまったことで、本郷もショッカーの手に落ちてしまう。本郷に再度の脳改造の危機が迫る。だがその時、本郷を追って立花藤兵衛が現れた。

コブラ男。
仮面ライダー 第9話
やっぱ目が露出してるのは怖い。
仮面ライダー 第9話

首領からキバ(入れ歯)を受け取ったから噛みつくタイプなのかと思ったが、右腕の蛇からガスらしきものを噴出させるという怪人だった。
キバから出た成分が体内をめぐりながら何でも溶かすガスを作り出すというのは、説明としては理解できなくもないが、最初から体内にキバと同じ機能を持たせておけよと思う。
この後の展開のためには、キバが後付けでなければならないんだが…

さて、そのコブラ男の使命は、世界中から金を奪うこと。
最初のターゲットは「大蔵省金保管所」だ。
仮面ライダー 第9話
ロケ地、どこだろうな?
仮面ライダー 第9話

面白いのは、警備員の住居がどうやら金保管所の敷地内にあるようだということ。
仮面ライダー 第9話
玄関すぐ横に台所があり、このすぐ手前に布団を敷いて息子が寝ている。
六畳一間で風呂なし?
仮面ライダー 第9話

制服のまま帰宅する。帰宅までの描写がない。犬が金庫の異変(もしくは怪人の出現)を察知したんだとすると、それほど遠くないのではないか…この辺りが根拠。
やっぱりこういう日常を感じさせる描写やセットというのは、興味深いんだけど、なかなか現実の風景と比較する機会がないからね。

警備員が帰宅したタイミングで、コブラ男が金庫に侵入。
そして例の警備員の息子の犬が、ギリギリのところでコブラ男から金塊を守る。。
しかしこのコブラ男、犬が嫌いなのか、苦手なのか、大切なキバを落としてしまうという大失態!

今回、アミーゴのシーンで、ルリ子から本郷がロケットを受け取るシーンがある。
仮面ライダー 第9話
仮面ライダー 第9話

「猫の鈴」とおやっさんが言うとおり、発信器になっている。おやっさんはそれを使って捕えられた本郷と少年を救出する。
で、その受信機が…
仮面ライダー 第9話
方位磁針!?
仮面ライダー 第9話

前回のナチスの鉄箱といい、今回も本郷がとっさについた「キバは壊して捨てた」というウソを真に受けてしまうショッカー怪人な。


第10話「よみがえるコブラ男」
ショッカーの協力者である綾小路生物研究所の綾小路律子は、「動物買います」という広告で動物の血を集め、さらには動物を持ち込む人々を捕らえていた。犬を失って悲しむ少年から事件を知った本郷は、綾小路研究所へ急行する。一方、コブラ男は、用済みとなった律子を始末し、研究所の金を狙って暗躍を始める。

事実上の前後編か。
特に自己紹介もなく登場する女性。
仮面ライダー 第10話
幹部かと思ったら、協力者という立場なのね。
仮面ライダー 第10話

彼女は綾小路生物研究所の綾小路律子。
生物研究所で、ショッカー怪人を復活させるというのもなかなか凄い話だが、復活のついでに火炎放射という新たな技(武器?)を与えている。
最終的には用済みとして殺されてしまうが、その技術力は半端ないんで、ショッカーもその技術を取り入れたら良かったんじゃないかと。

さてその復活したコブラ男だが喋らない。
仮面ライダー 第10話
復活したコブラ男。
仮面ライダー 第10話

この頃の特撮なんかじゃ、よくあるパターンだと思うけど、実際はどうだろう?
例えばスーパー戦隊シリーズの初期作品でも、一度倒されて巨大化した怪人がしゃべらなくなるとか、そういうのってよくあったけど、あれは何か意味があったのかね?
面倒なだけ?

溶解液(ガス?)から火炎放射に変わって、強くなったのかというと、やっぱりダメで。
刑事を処刑できないばかりか、ライダーとのバトルの中で綾小路律子の顔に火傷を負わせてしまうという…

ライダー介入の切っ掛けがとおるくんの犬が行方不明になったということ。
その一方で、失踪事件が多発しているようで、とおるくんの父が刑事でその失踪事件を追っている。
仮面ライダー 第10話
父である古賀刑事を演じるのは奥村公延。
仮面ライダー 第10話

今回のとおるくんも、母親の姿が一切ない。前回の武彦くん同様説明はないが、当然父子家庭と断定する材料はゼロだ。

設定上、未だショッカーの存在は明るみになっているわけではなく、本郷が古賀刑事に「本当のこと」を継げても、当然信じてもらえない。
番組の最後でも古賀刑事は知らないまま。

ここで古賀刑事がレギュラーになったりすると面白かったかもしれない。


JUGEMテーマ:特撮



仮面ライダー 第3話から第8話


第3話「怪人さそり男」
ショッカーは怪人さそり男の実験台として強制労働者たちを解放した。10分間逃げ延びれば自由の身になると知らされた労働者たちだが、さそり男の手によって次々と抹殺されてしまう。だが、ショッカーは本郷を罠にかけるため一人の老人をわざと取り逃がした。

ショッカー側の描写からスタート。
さそり男(最初だけさそり人間と呼ばれる)の力を発揮するために強制労働者が解放されるのかと思ったら…
仮面ライダー 第3話
目が怖いよね。
仮面ライダー 第3話

「死刑執行は人喰いサソリでやれ!」と命じるだけ。
しかも尾から毒液を噴出し、人間を溶かしてしまうのに「人喰いサソリ」だと!?
結局、さそり男の実力が不明なまま、ストーリーは進んで行く。

今回のショッカーの作戦は、生き残った老人を餌に、仮面ライダー/本郷猛を罠にはめようというものだ。
恐らくはこの一件と思われる事件が報道されるのだが…
本朝、房総半島沖海上で発見された10体の漂流死体は発見直後消失しました
地元長浜警察では、漁船が沈没し、長時間海中にあったため風化消失したとの見解をとっておりますが…
仮面ライダー 第3話

というラジオ放送。
この後、長浜に向かった本郷の目の前で、例の老人が病院関係者と思しき人物に連れていかれるシーンが続く。つまり漂流死体のニュースは、冒頭の人喰いサソリの件かと思うが、いずれの死体もその場で消失しており、とうてい海上で発見されたものとは同一と思えない。

さて、今回も第1話に続いて戦闘シーンで印象的なカットが散見されるが、それよりも強く印象に残るのはBGMだ。
連れ去られた老人を連れ戻そうとするシーンで、延々ドラムソロ。手数も多く、緊迫感を演出するドラムはなかなかカッコイイと思う。時代とはいえ、子供向け特撮番組でこういうBGMはなかなか挑戦的だ。
…と思ったら第4話でも使われてるな。

かつての親友もしくはライバルが進んで改造手術を受けるというのは、なかなか重いテーマであるはずなんだが、老人を囮に使った作戦に時間を割き過ぎたのかな?
仮面ライダー 第3話
名前、なんてったっけ?
仮面ライダー 第3話

印象としてはちょっと弱い。
いや、さらに言うと、さそり男そのものが弱い。
いきなり登場したライダシザースという大技のために、というワケでもないと思うんだけど…


続きを読む >>