HOMEGROWN

読書と特撮と子どものことと、愚痴を書いたblogです。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
Ray(初回限定盤)(DVD付)
Ray(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
Takahiro Hokyo,Konnie Aoki,Koji Hirachi
個人的に今一番キてるグループ。付属のDVDでライブを丸ごと体験して欲しい。
RECOMMEND
ファビュラス(Type-A)
ファビュラス(Type-A) (JUGEMレビュー »)
predia
各メンバーのパートも増え、バラエティ豊かになったが、やっぱり湊&村上コンビが一番イイね。
RECOMMEND
Cinema Trip 【Type-A】
Cinema Trip 【Type-A】 (JUGEMレビュー »)
PASSPO☆
解散は残念だが、彼女たちの残した曲は永遠です…
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

ゴーカイジャーより後の戦隊の分や、ライダーシリーズでも実現して欲しいな。特にライダーはディケイドのおまけでやっつけ仕事だったから特に。
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
SHUEISHA ジャンプ REMIX キン肉マン アメリカ遠征編
コンビニ本の第3巻。
ジャンプコミックス版では第4巻の最終二話から第6巻まで。

超人オリンピックに優勝したキン肉マンの世界遠征となるはずが、結果的にハワイとアメリカ本土の一部の都市を回るだけで終わってしまった…というもの。
超人協会、超人評議会、超人同盟という三団体による勢力争いがメインとなっており、ゆでたまご自身も不人気を肌で感じ取ったということで、アメリカのみでシリーズは終了してしまう。

ただカメハメとの出会いや、ロビンマスクの再登場など、重要な要素がそこかしこにちりばめられている。


僕が「キン肉マン」を読み始めたのは、以前にも書いたかもしれないが、黄金のマスク編だった。まさにウォーズマンの体内に入った直後か、入ろうとするあたりだった記憶がある。
小学生の頃住んでいた家の隣が喫茶店で、そこの友達に声をかけるついでに、みんなで興奮しながら「ジャンプ」を読んだものだ。
なので、この辺りは後追いで読んだことになる。
まぁ、正直なところ、三団体による縄張り争いはよく判らない印象だったと記憶しているが、この頃の線の細い絵や擬音がアルファベットだったりする雰囲気がたまらなく好きだった。
下手なギャグ漫画だった「キン肉マン」の絵が、徐々に洗練されていくのが手に取るようにわかって、面白かった。
超人オリンピックの終盤に近づいてきた頃から、徐々に線が細く、書き込みが増えていく傾向が出てきた(特にテリーマンの髪型なんか判りやすいかも)。
超人オリンピックのキン肉マン対ロビンマスクの頃から徐々にアルファベット(ローマ字書き)の擬音が登場しだしている。これは単純にロビンが英国人であるとか、部隊がアメリカだから、とかってことなのかもしれないが…

この頃はまだプロレスっぽくて、エルボードロップからのスリーカウントという地味な決め技が多い。


…ってことで、旧コミックス版との比較を。
今回は修正箇所は控えめだった。
もしかして見逃してるかもしれないけど。


まずは第4巻から。

「故郷へ涙の錦の巻」
ここでは故郷であるキン肉星へ帰るキン肉マンを待つ人(超人)たちのセリフから。
旧コミックス 「大王ンとこのバカ息子が/帰ってくるだに…」
コンビニ本  「大王とこのバカ息子が/帰ってくるだに…」
キン肉マン 故郷へ涙の錦の巻
"ン"が抜けただけ。
ここでは別のキャラクターが
「ほんとに/ひさしぶりだな/スグルにあうのは」
「あいつは 高校に/はいっても/クソちびってた/からなあ」
キン肉マン 故郷へ涙の錦の巻

と発言しているが…
まぁ、これ以上は何も言うまい。

ただ成田空港でキン肉マンたちを見送ったはずの大王がキン肉星にいることについては、コマの中で作者自身が突っ込んでいる。


「おちぶれプリンスの巻」
ハワイに到着したキン肉マンとミートくんの前に現れたプロモーターのデューク・カマタの発言から。
旧コミックス 「このハワイチャンピオン/シップは 過去に/若き日のスーパーマン/バットマン スパイダーマン/はたまた 日本からは/ウルトラマンから/仮面ライダーに/いたるまで」
コンビニ本  「このハワイチャンピオン/シップは 過去に/若き日のスーパーマン/バットマン スパイダーマン/はたまた 日本からは/ウルドラマンから/仮面ライダーに/いたるまで」
キン肉マン おちぶれプリンスの巻

ここでは「ウルトラマン」が「ウルドラマン」に変更されている。
一応、超人オリンピックに優勝したのもウルドラマンだし、統一したんでしょう。


続く第5巻。

「超人太平洋戦争集結の巻」
ここは有名なところ。
キン肉マン対ジェシー・メイビアとの戦いのラスト、キン肉マンによるロメロ・スペシャル。
旧コミックス版ではいわゆるリバースロメロだったものが、フツーのロメロに改められている。
まぁ、絵のタッチも違うからね。


さらに第6巻。

「涙のフィナーレの巻」
三団体による争いが幕を下ろし、再び一つの団体としてまとまった。
その団体名称が…
旧コミックス 新世界超人協会
コンビニ本  新・世界超人協会
キン肉マン 涙のフィナーレの巻


JUGEMテーマ:読書

SHUEISHA JUMP REMIX キン肉マン 第20回超人オリンピック編
先日発売(再発)されたコンビニ本が、現在流通しているジャンプコミックス版と同じなんだろうなって思うけど。
そのコンビニ本と35年前に出たコミックスとの比較です。
勿論、見落としはあるだろうけど。

「第20回超人オリンピック編」はコミックスお第3巻と第4巻(最終2話がカットされてるけど次に収録されるのかな?)。

まずは第3巻から。

「日本代表になりた〜いの巻」
ここはまず扉絵からオリンピックのあの五輪マークが消されているのだけが確認できた。

「第一次予選の巻」
ここの扉からもオリンピックマークが消されている。そこにミート君のセリフが追加されている。
読者のみんなが/考えてくれた超人だよ!/応募してくれたみんな/ありがとう!!
キン肉マン 第一次予選の巻

さらにこの扉には改変箇所がある。
読者から応募された超人、アマゾンマンのデザインがしれっと変更されている。頭蓋骨を被り、骨を鼻に通してるのは差別的表現と指摘されても仕方ないかもしれない。ってことで、なにがどうアマゾンなのかよく判らない、つるっとした顔になってしまっている。
そして本編で、聖火を持って登場するミート君に対する実況が…
コミックス「あーと/みえました/はるかローマの/聖火が 今…」
コンビニ本「あーと/みえました/はるかギリシアの/聖火が 今」
キン肉マン 第一次予選の巻

正直、全然気が付かなかったところなんだけど、そもそも何故「ローマ」からだったのかと。

「第二次予選 - 怪獣あげの巻」
ここでも扉からオリンピックマークが消されている。
ここではシンプルに「超人オリンピック」という文字が挿入されているだけだ。


「最終予選 - 月への往復マラソンの巻」
じゃんけんとウェイトリフティング、そしてマラソンで予選終了とはちょっと物足りないかな?
ってことで、再び扉に改変箇所があるが…
コミックス「★超人オリンピックも/いよいよ、最終予選。/ドジだが、めいっぱ/い、がんばっている/キン肉マンを応援し/てください。/キン肉マンの優勝?/は、きみの声援にか/かっている!?」
コンビニ本「★超人オリンピックも/いよいよ最終予選/ドジだがめいっぱい/がんばっているキン/肉マンを応援して/
ださい キン肉マン/の優勝(?)はキミの/声援にかかって/いる!?」
キン肉マン 最終予選 - 月への往復マラソンの巻

改行だったり、句読点が消えてたり、非常にどーでもいいところだけど。

本編、3ページ目で空飛ぶマラソンであることを聞いてぼやくヒーローが、8(エイト)マンと仮面ライダーである。この二人がコンビニ本ではF(フラッシュ)マンと謎キャラに改変されている。Fマンはそう呼ばれているだけで、既存のヒーローではない。ここだけ完全に絵のタッチが違っていて、違和感丸出しだ。

さらに6ページ目。
ここでは予選のマラソンが宇宙が舞台となることから、会場の天井に映像を映すのだが、それについての説明で…
コミックス「プラネタリュームを利用した」
コンビニ本「プラネタリウムを利用した」
キン肉マン 最終予選 - 月への往復マラソンの巻


「最後の8人目の巻」
ここは本編の6ページ目の恐らくは広告スペースだった箇所の穴埋めだと思われる「キン肉マンの秘密をちょっとだけ公開!!」というイラストの説明文。
コミックス「●生年月日は不明/年齢は20歳くらい?」
コンビニ本「●生年月日は不明/年齢は20歳」
キン肉マン 最後の8人目の巻

ここはキン肉マンの生地に関する記述もある。
「●生まれた場所/は地球から500億/光年はなれた大キ/ン肉星雲第1番/惑星のキン肉星」
キン肉マン 最後の8人目の巻

ここがリメイク版では「第5番惑星」と変えられているというブログがあった。
極星十字相殺拳 - リメイク版コミックスと旧コミックスの違い(3巻)

「熱狂!後楽園ホール対後楽園球場の巻」
1ページ目の、テリーマン入場時にアナウンサーのセリフ。
コミックス「スピニング・トウホールド」
コンビニ本「スピニング・トーホールド」
キン肉マン 熱狂!後楽園ホール対後楽園球場の巻


「大逆転!の巻」
本編9ページ目のミート君のセリフ。
コミックス「たぶん これも/カレー・ルーの/刺激による/一時的現象でしょ」
コンビニ本「たぶん これも/カレー・ルーの/刺激による/一時的現象でしょう!」
キン肉マン 熱狂!後楽園ホール対後楽園球場の巻


極星十字相殺拳 - リメイク版コミックスと旧コミックスの違い(3巻)によると「よみがえる西部魂の巻」の終盤、テリーマンが登場する際のセリフが「ジャスト/モーメント/!!」から「ジャスト ア モーメント!!」に変わっていると指摘されているが、コンビニ本では「ジャスト モーメント!!」のままだった。

驚くような改変や修正は見当たらなかった。

そして続く第4巻。

ここはそんなに見つからなかったな。

「秘密の猛特訓の巻」
扉絵のロビンマスクのパーカーの胸のオリンピックマークが消えている。

「奇跡のホールドの巻」
本編11ページ目、ラーメンマンによるキン肉マン勝利の分析のセリフが変わっている。
これは後年の設定へすり合わせというところだろう。
コミックス「火事場のバカ力というやつですよ…」
コンビニ本「火事場のクソ力というやつですよ…」
キン肉マン 奇跡のホールドの巻


「コンパニオンはだれ!?の巻」
扉絵の左上、ちょうどスペシャルマンの上の不自然な空白。
ここには読者が送ってくれた超人の元の絵が掲載されていたが、第3巻の「第一次予選の巻」でこっそりデザインが変更されていたアマゾンマンがいた。さすがに読者の絵は改変できないから、まるごとカットなんだろうな。

さらに本編のラストのページでのロビンマスクのセリフだ。
コミックス「ジプシー生活も/いいものさ…」
コンビニ本「放浪生活も/いいのもさ…」
キン肉マン コンパニオンはだれ!?の巻


あと、上で挙げたブログでさらに第4巻のチェックもされてて、決勝戦のロビンとの戦いのシーンでもいくつか改変があるようで。
極星十字相殺拳 - 今週のキン肉マンとコミックス4巻の修正箇所
リメイク版ではロビンマスクの「人間ロケット」が「超人ロケット」に修正されているようだが、コンビニ本では「人間ロケット」のままだ。

思いっきり変わっている箇所は特になかったけど、こういう間違い探しは面白いね。
極星十字相殺拳 - リメイク版コミックスと旧コミックスの違い(3巻)にもあった指摘箇所がコンビニ本にないということは、リメイク版(表紙のイラストを描きなおした奴かな?)とも微妙に異なるってことだから、ますますバージョン管理には気を遣うな。


すっかりコミックス派の僕も、twitterを再開したタイミングで、「キン肉マン」は欠かさず見るようになりました。
とりあえず感想その他はコミックスになってからなか?


JUGEMテーマ:読書


キン肉マン 第2巻「プロレス大決戦の巻」
第2巻です。
この巻では、アニメではレギュラーキャラクターとなる、ナツコとキン骨マンが登場する。
キン肉マン 第2巻より
キン肉マン第2巻より

またレオタードに網タイツで踊るキン肉マンとミートくんのシーンなど、アニメの元ネタになるシーンも散見される。
さらに怪獣アブドーラと猛虎星人らの挑戦を受けて、テリーマンとタッグを組んでプロレスをするお話まで。

相変わらず時事ネタが多く「スームイン朝」や当時同じく「ジャンプ」に連載されていた「GO☆シュート」のキャラクターが出てたり、第1巻同様に吉野"屋"や森永のポテロングや牛乳のタイアップも随所に出てくる。
キン肉マン 第2巻より
キン骨マンが使用したのも森永の牛乳だった。
キン肉マン第2巻より


とりあえず第3巻からの超人オリンピックが楽しみで、あまり集中できないわ。

そういえばナチグロンが「キン肉星SOSの巻」のラストのコマで「流れ者にゃあ…/女はいらねえ………」の言葉を残し姿を消し、「プロレス大決戦の巻」で何故かレフェリーを務めていたが、その後は一切姿を見せなくなった。Wikipediaの記述だと超人オリンピックにもレフェリーとして登場するんだ。覚えてないや。
こういうチョイキャラをアニメは上手く活用してたよね。


まぁ、でもウルトラファミリーがバイクに乗れないのは痔のせいだという話は、怒られなかったんかね?


JUGEMテーマ:漫画/アニメ


キン肉マン 第1巻「キン肉星を救え!の巻」
第38巻を読んで、懐かしさのあまり実家に放置していた「キン肉マン」を全巻回収してきた。
ってことで、ボチボチ読んで行こうかと思う。


続きを読む >>