HOMEGROWN

読書と特撮と子どものことと、愚痴を書いたblogです。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
キン肉マン 63 (ジャンプコミックス)
キン肉マン 63 (ジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
ゆでたまご
これまで目立たなかった正義超人の面々が頑張ってるが基本負け戦なので、見ていて辛い。早く王子たちの登場を…!
RECOMMEND
Ray(初回限定盤)(DVD付)
Ray(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
Takahiro Hokyo,Konnie Aoki,Koji Hirachi
個人的に今一番キてるグループ。付属のDVDでライブを丸ごと体験して欲しい。
RECOMMEND
ファビュラス(Type-A)
ファビュラス(Type-A) (JUGEMレビュー »)
predia
各メンバーのパートも増え、バラエティ豊かになったが、やっぱり湊&村上コンビが一番イイね。
RECOMMEND
Cinema Trip 【Type-A】
Cinema Trip 【Type-A】 (JUGEMレビュー »)
PASSPO☆
解散は残念だが、彼女たちの残した曲は永遠です…
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

ゴーカイジャーより後の戦隊の分や、ライダーシリーズでも実現して欲しいな。特にライダーはディケイドのおまけでやっつけ仕事だったから特に。
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
トリプルファイター 第1話「行け!栄光のファイター」-怪人 ダークマン 登場 -
多分、週末にまとめて見るのがいいと思う。

第1話「行け!栄光のファイター」-怪人 ダークマン 登場 -

まずは最初の2話でおおまかな設定を紹介。
セリフをいくつか引用しよう。

宇宙の支配者、悪の星デビルは、銀河連邦M星を破壊した。
今、デビル星は地球を侵略しようと魔の使者デーモンを地球に派遣した。
そしてデーモンの指揮によって地球侵略作戦が開始された。
第1話「行け!栄光のファイター」 第1回目 ナレーション

地球侵略作戦第1号、それは銀河連邦M星の最後の三人、早瀬兄弟を倒すことだ!
早瀬哲夫を殺すのだ。彼の優れた頭脳が、我々の計画を妨害する。
第1回目 デーモンのセリフ

地球を支配するために我々は活動を開始した。
我々はかつてお前たちの故郷、銀河連峰M星を完全に破壊した。
我々は強大だ。ここに警告する、トリプルファイター手を引け、手を引け。
宇宙の支配者デビルモンスター。
第1話「行け!栄光のファイター」 第2回目 ブルコンの受信した謎の電文

デビルモンスター。
記憶にある、デーモンだ。
地球より142コンマ00407光年の彼方にある、悪の星だ。
第1話「行け!栄光のファイター」 第2回目 早瀬哲夫のセリフ

早瀬哲夫、勇二、ユリはデビル星人に破壊されたM星の子孫である。
あなたがたの先祖は、宇宙の平和を守るために、過去621年3か月14日16時間8秒6の長い間に渡ってデビル星人と戦い、そして敗れた。
憎むべきデビルモンスター、デーモンは、宇宙の多くの星を侵略し、今また地球の侵略を既に開始している。
第1話「行け!栄光のファイター」 第2回目 ブルコン

SAT、サット。デーモンと戦うスペースアタックチームのことだ。
そして早瀬兄弟は、変身できるたった一つのSAT隊なのだ。
デーモンのために故郷の惑星を失った宇宙人たちは、地球へ来て世界各地に散らばり、SATの組織を作った。
本部はツーダブルオーシックス地区、パリ郊外にある。
宿命の戦いが再び始まった。この戦いはもう終わらないのだ。
宇宙の悪魔デーモンが倒れるか、SATが、トリプルファイターが倒れるまで。
第1話「行け!栄光のファイター」 第2回目 ナレーション


さて、今回の敵怪人であるダークマンだが、終始どこか哀愁が漂う不思議な怪人だ。
トリプルファイター 第1話
トリプルファイター 第1話 第3回目

罠があっさり見破られるとか、必殺技の死の体当たりで画面がスローになるとか(あまり可哀想でもないか?)。
そしてその必殺技である死の体当たりも、よけられるわ、勢いを利用して投げられるわ、結局SATカーには負けてしまうわ、敵である早瀬兄弟に情けをかけられるとか… 自信喪失もやむなし。

SATカーとの衝突シーンはそのBGMも相俟って、どこか不憫だ。
「敵ながら凄い奴だ」
「えぇ、あたし、この車に体当たりする瞬間の顔、はっきり見たわ」
「怪人、命を懸けていた、そんな顔だった」
「この車が普通の車だったら、粉々に砕けているところだ」
トリプルファイター 第1話 第4回目

さらに合流した勇二がダークマンを追撃しようとしたところに、二人が
「今あの怪人と戦えば、きっと勝つわ。でも今はやめて、お願い」
「やめとこう、ユリの言うとおりにしておこう」
トリプルファイター 第1話 第4回目

と。

そしてアジトに戻ったダークマンだが、さすがにこの失態にデーモンの怒りを買ってしまう。
そこでダークマンは何をしたかというと…

特訓だ!

ヒーローではなく、敵怪人が特訓だ!
そしてその特訓を経て、デーモンに元気づけられるダークマン。
「ダークマン、お前は以前の力を取り戻した。お前の体当たりを受けた者、絶対に死ぬのだ!」

頑張れ、ダークマン!

…あれ?

自信を取り戻して臨んだトリプルファイター戦でも、その必殺技はよけられ、受け止められてしまう。
努力してもヒーローには勝てないんだよってことか。


デーモンカーが発進するシーンが印象的。
トリプルファイター 第1話
イラストだよね?
トリプルファイター 第1話 第1回目

手前の5台だけが実際の自動車だろうけど、こういうの好きだわ。


JUGEMテーマ:特撮



「レッドマン」を見る
見逃してた〜、「レッドマン」
ってことで現在ゴールデンウィーク中とのことで、配信終了してた分も再配信されているので、youtubeで見ていこうと思う。

そういえば、以前にも別の話しで引用したけど、白倉伸一郎の「ヒーローと正義」をここでも少し引用しよう。
彼はそこでスサノオの物語や桃太郎、金太郎の物語や柳田國男を引きながら、ヒーローをヒーローたらしめているものを考える。
そこで英雄物語を構成する要素を三つに絞る。
,佞靴な出生
怪物の退治
財宝の獲得
白倉伸一郎「ヒーローと正義」

退治すべき怪物の被害者が存在しない物語の中で、読者はどうやって善悪を導き出すのか?
物語が善悪をなにごとか示すことはない。わたしたちは、前述の三要素だけから、主人公の善玉性・敵の悪玉性を読み取ってしまうのだ。
白倉伸一郎「ヒーローと正義」


いくら「ウルトラファイト」の延長線上の作品だからといって、ナレーションもなく、ただ戦うだけのこの作品は、やはり不気味だ。
しかしケイブンシャの「全怪獣怪人」の記述によれば
その為、たちまちレッドマンは子供達の人気を集めることになる。
全怪獣怪人 上巻

ということらしい(その為というのは、「ウルトラファイト」と違い、レッドマンが新ヒーローであるため、ということらしい)。
当時の子供たちは、メインとなるヒーローこそ刷新されているが、「ウルトラファイト」という番組の持つ構成やキャラクターを引き続き継承し製作されたこの「レッドマン」に同様の要素を読み取り、ヒーローが活躍する番組を読み取ったと。

もちろん、この映像の前に放送されていたという怪獣おじさんの解説もその理解を助けていたんだと思う。

怪獣は怪獣であるが故にレッドマンによって倒されなければならない。
そこには被害者もいなければ、三要素として挙げられたうちの二要素、つまり「,佞靴な出生」や「財宝の獲得」すらも必要ではなく、ただ「怪物の退治」だけがヒーローにとって必要な物語であると、そう言っているかのようだ。

とはいえ、いくらなんでもちょっとやり過ぎだよなってくらい、レッドマンの戦いぶりは…
怪獣の口に手を突っ込み、時には顎を持ってぶん投げるのは、何度見てもヒーローらしからぬ戦いぶりだ。
さらにはその登場シーンで流れるBGMが怖い。

第1話からじっくり見ていこうと思う。


JUGEMテーマ:特撮


ミラーファイト 第56話「怪獣ハンターは二度死ぬ」
とりあえず今回がラスト更新だそうで、残念。

説明文はダテじゃないな。
劇的な結末をぜひご覧ください。
ミラーファイト 第56話 ‐ ニコニコ動画(原宿)


ってことで。


冒頭から血糊に怪獣の生首と、衝撃の映像。
どうやらゴルゴザウルスβが島の怪獣を襲っているらしい。

直接殺害するシーンはほとんどなく、ナレーターの悲鳴がなんとも…

そして「怪獣ハンター・ミラーマン、颯爽登場!」
ミラーファイト 第56話「怪獣ハンターは二度死ぬ」
ミラーファイト 第56話「怪獣ハンターは二度死ぬ」


「無法者!天に代わってミラーマンが制裁してやる!」って、どっかで聞いたセリフだな。


あれだけ強かったゴルゴザウルスβが一方的にやられ、しまいには動かなくなり…
ミラーファイト 第56話「怪獣ハンターは二度死ぬ」
「やべっ、動かなくなっちゃった」とは言ってないけど。
ミラーファイト 第56話「怪獣ハンターは二度死ぬ」



ミラーファイト 第56話「怪獣ハンターは二度死ぬ」
メラメラ…
ミラーファイト 第56話「怪獣ハンターは二度死ぬ」

えっ!?
燃やされてるの!?



意味不明な展開に呆然としてると…


そして不気味にポーズをとるミラーマン。
ミラーファイト 第56話「怪獣ハンターは二度死ぬ」
ミラーファイト 第56話「怪獣ハンターは二度死ぬ」


その足元には…


ゴルゴザウルスβの頭蓋骨が…

二度死ぬって、そういうこと?


サブタイトルには怪獣ハンターとあるが、「怪獣ハンター」と呼ばれてるのはミラーマンなんだがなぁ…


JUGEMテーマ:特撮


身も蓋もないとはこのサブタイトルのことか - ミラーファイト 第1話「怪獣は死ね!」
今日、家族で某ショッピングセンターに行ったら、「ウルトラマンゼロ The Movie」の予告を見かけ、もう一度見たくなってしまったんで、夜中にyoutubeやニコニコをうだうだ見てるワケだ。

ってことで、ミラーファイトの第1話です。

サブタイトルが「怪獣は死ね!」というとんでもないものだが、実質的には「ミラーマン」の第1話「ミラーマン誕生」を再編集したものなのだが…

前半は戦いのシーンをバックに、本編第1話とアイアンの解説。
だが突然、ナレーターが「おのれ、ミラーマン、来るか」とアイアンやミラーマンのセリフをかぶせ始めたあたりから雲行きが怪しくなってくる。

そして、「出た!これぞ、必殺ミラーナイフ!」とミラーナイフが出たところで、やっぱり「ウルトラファイト」の系譜なんだなって実感する(勿論、その後の回を先に見て知ってるんだけど)。
さらに「やられた〜」ってセリフが続くのは、力が抜けるよな。

本編のシリアスさは微塵もないナレーションは、ウルトラファイトのあの人と同じく、この番組の「味」だよな。

Wikipediaを見ると、編集ものと新録ものが混在してる構成ってのも、なかなかカオスだな。

で、これが第1話。


さらにこの本編第1話に登場したアイアンという怪獣が、「ウルトラマンゼロ The Movie」にてアイアロンとリメイクされたワケだ(ミラーナイトと戦ってるね)。


JUGEMテーマ:特撮
ミラーファイト 第31話「ミラーマンの仮面を剥げ!」
衝撃のサムネイル!
ニコニコ動画より



ミラーファイト 第31話「ミラーマンの仮面を剥げ!」
ミラーファイト 第31話「ミラーマンの仮面を剥げ!」

バイキンマンかがりぞーかってくらいの変装に、思わず笑みがこぼれる。

そしてその仮面を持って帰るミラーマンに唖然…


JUGEMテーマ:特撮


戦いとは… - ミラーファイト 第23話「鮮血!!怪獣無情」
ミラーファイトの23話。
「鮮血」という文字からして不吉な予感一杯なんだけど…
笑いが止まらない。

ザイラスとアロザを相手に戦うミラーマンなんだが…

いきなり武器を奪われ、画面の外で殺されるアロザに絶句(しかもナレーターも触れない)。

その後は何故かセルフスローでのもっさりとした戦い。
そして…

鮮血が舞い、戦いが終わる。

戦い、それはミラーマンにとって生きるための悲しい宿命なのだ。

正義のためとかじゃなくて、自分自身のためなのかよ!?


いやー、笑わせてもらいました。


JUGEMテーマ:特撮