HOMEGROWN

読書と特撮と子どものことと、愚痴を書いたblogです。
<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
キン肉マン「超人」 (学研の図鑑)
キン肉マン「超人」 (学研の図鑑) (JUGEMレビュー »)

真面目な図鑑を出すという発想を見てなんとなく、現代に必要なのはケイブンシャであると思った次第。
RECOMMEND
CLARITY (初回限定盤)(ダウンロード・ストリーミングアクセスコード付カード 封入)
CLARITY (初回限定盤)(ダウンロード・ストリーミングアクセスコード付カード 封入) (JUGEMレビュー »)
PassCode
PassCodeの新作。限定盤はDVDじゃなくてダウンロードなんだよね。
RECOMMEND
ファビュラス(Type-A)
ファビュラス(Type-A) (JUGEMレビュー »)
predia
アルバムとしては現時点で最新。かつ10人としてはラスト。
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

ゴーカイジャーより後の戦隊の分や、ライダーシリーズでも実現して欲しいな。特にライダーはディケイドのおまけでやっつけ仕事だったから特に。
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ようやく最後まで見た、機動戦士ガンダムAGE
日野社長は、とてつもない英雄願望があるんだと、改めて思い知らされた作品でした。
「英雄ってのはさ、英雄になろうとした瞬間に失格なのよ」
仮面ライダー龍騎 第46話「タイガは英雄」 仮面ライダーゾルダ/北岡のセリフより

フリット…じゃなくて日野社長に、そう言ってあげる人間はいないもんかね。

「お前、いきなりアウトってわけ」
仮面ライダー龍騎 第46話「タイガは英雄」 仮面ライダーゾルダ/北岡のセリフより

結局、作品自体がアウトだった、と。

「ダンボール戦記(ダンボール戦記W)」も「イナズマイレブンGO(クロノストーン)」も、どうして世界を救わなければならないのか?
LBXをカスタマイズして、バトルして、友達との絆を深めていくってお話じゃダメなのかね?
ただひたすらサッカーをして、仲間との絆を深めていくってお話じゃダメなのかね?

まぁ、未だにフリットに救世主願望があったことに驚いたんだけどさ。
正直な話、最後の最後に「おじいちゃんは本当の救世主になれたんだ」みたいなことをキオが言い出すとは思わなかった。

それ以前に、公式サイトに書かれているコレ。
今ここに、100年3世代に渡る、壮大なガンダム大河ストーリーが幕を開ける。
ストーリー - 機動戦士ガンダムAGE 公式サイト

だがこの物語は、結局のところ、フリットの物語でしかなかった。

じゃあ、フリットの物語だったとして、このアニメは面白いのかと言われると、どうかね。
フリットってなかなか性格にブレがないと思ってたけど、アビス隊長の死に際しては、ちょっとキャラが違って戸惑った。
タイミング的にはここで攻撃しないとってとこだから、復讐の鬼フリットには「構わん、撃て!」と言って欲しかったが、隊長を救えないかと言い出すので驚いた。
ここは完全にフリットが「撃て」といい、周囲が「待て」というところで艦長が逡巡するという展開だろうに。
ここら辺りから、微妙にフリットの軌道修正が行われていたのではないかと… 考え過ぎだね。

フリットの物語でしかないというのは、息子と孫の存在の軽さからも抱く感想だ。

ヴェイガンが同じ人間であることを知ってもなお復讐の鬼であることを誓う父フリットに対して、ヴェイガンの友達を持つアセムだったが、その立場を生かすことは出来なかった。
第2部のラストではまるでフリットに洗脳でもされたかのように意のままに動いてるだけだし、再登場してからもただ戦争を長引かせることだけを目的として戦うという、意味不明な行動を続けるのみ。死の商人がバックについてんのか?とか思ったけど、まさかマッドーナ工房が? …なーんて。
非Xラウンダーであるアセムが、そういうものを活かして戦うのかと思ったけど、そうでもなかったしな。そうなるとXラウンダーって何だったんだろうねってなるよね。

そしてヴェイガンの友達を持っているという設定上、アセムが本来担うべき役割を何故かキオが背負ってしまう。
ヴェイガンについて詳しく知るということであれば、アセムでいけなかったのか?
勿論、それぞれ使える時間に制約があるのは理解できる。
しかしアセムとゼハートの学園編に似たようなことを、改めてキオでやる必然性は…
そこにイゼルカントが介入する必要性があるのなら、そこだけをキオに当てはめればいい。いや、シドにやられて彷徨ってたところを、ヴェイガンが拾ったことにしてもよかったかも知れない。
そうすればキオvsディーンなんて、アセムvsゼハートの縮小再生産みたいなことをしなくてすむはず。

結局、お話に広がりがなかったのが痛いな。
まず、ヴェイガンと連邦が戦争をしているようには見えなかった。
ストーリー上、アスノ家の周辺で度重なる戦闘が繰り広げられるのは当然だとしても、まさにその周辺だけ。
ファーストガンダムをなぞるように、子供たちが戦艦に乗ることになるが、ほとんど出番がないまま退場。
キャラクターをたくさん出しても捌ききれなかったんだなって、思えてしまう。

最後、共通の敵を出して、全員がひとつになっておしまいってのは、仕方のない展開だろうとは思う。
それにしてもポッと出の新キャラクターがいきなり乗っ取られてラスボス化とか、なめてるだろ。
キオの余計な重荷を外してやれば、イゼルカントの壮大な(?)計画に対するオチも付けやすかったのではないかなぁ?
安らかに死ぬなんて、イゼルカントのやってきたことを考えると、ハッピーエンドすぎるでしょうに。

ようするに、もっとストレートに地球vs火星みたいなので良かったじゃん、と思う。
マーズレイとは何かってところをもっと詰めておけば、ね。
そもそもセカンドムーンが移動できるなら、マーズレイの影響を逃れられるところまで移動しないのは何故?となるよね。
何か遺伝的な病気なのか、はたまたイゼルカントの思惑なのか…とか?
こういうツッコミは無粋とは思うけど、そういうツッコミをされないようなのでないとな。
ツッコミを弾き飛ばすくらいの勢いがあればねぇ…


一方でAGEシステムはたいして利用されないままお釈迦。
開始当初にビックリドッキリメカと揶揄されたのがお気に召さなかったのか、使いこなせなかったのか、期待するほど兵器を製造しないままだったな。

そして37年後…ってオチは、完全に物語を作るってことを放棄してるとしか思えなかった。

まぁ、一年間お疲れ様でしたってことで。
久しぶりにファーストガンダムの劇場版三部作を見たくなった今日この頃。




スポンサーサイト
- | 01:33 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homegrown.jugem.cc/trackback/1241