HOMEGROWN

読書と特撮と子どものことと、愚痴を書いたblogです。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
キン肉マン「超人」 (学研の図鑑)
キン肉マン「超人」 (学研の図鑑) (JUGEMレビュー »)

真面目な図鑑を出すという発想を見てなんとなく、現代に必要なのはケイブンシャであると思った次第。
RECOMMEND
CLARITY (初回限定盤)(ダウンロード・ストリーミングアクセスコード付カード 封入)
CLARITY (初回限定盤)(ダウンロード・ストリーミングアクセスコード付カード 封入) (JUGEMレビュー »)
PassCode
PassCodeの新作。限定盤はDVDじゃなくてダウンロードなんだよね。
RECOMMEND
ファビュラス(Type-A)
ファビュラス(Type-A) (JUGEMレビュー »)
predia
アルバムとしては現時点で最新。かつ10人としてはラスト。
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

ゴーカイジャーより後の戦隊の分や、ライダーシリーズでも実現して欲しいな。特にライダーはディケイドのおまけでやっつけ仕事だったから特に。
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
子供の言語感覚 - 二音以上?
専門的なことは判らないのだけれど、二人の子供を見ていて思うことを、なんとなく書いてみるってだけ。

上の子(男)が今小学一年で、下の子(女)が三歳。
そんなふたりの子供を見ていて、同じようには成長していないのだが、それでも同じようなプロセスで言葉を覚えたりしてるってのが時々ある。

例えば、体の一部を現す言葉。
「目」を示すのに大人側は「おめめ」とか言う。
それと同じで「手」を「おてて」と言う。
稀に「お」を取り除いて「めめ」とか「てて」と言ったりもするワケだけど、基本的に一音の言葉ってのは「お+反復」という形にして言葉にしてる。
一音でなければ「口」を「おくち」としたり。
まぁ、「足/脚」は例外かね、「あんよ」だし。

で、上の子のときに驚いたのが、「歯」だ。
上の説明でいけば、「歯」は「おはは」と言ってもよさそうだけど、誰もそういう言い方ってしてない。
だから普通に「歯が痛いの?」とかって言い方になるワケだけど、それを聞いて上の子は…

「パパ、はががいたい」という言い方。

「歯」は「は」ではなく「はが」という名称になっていた。

一方で下の子はどうかというと、やはり同じように「はが」と言う。
単純に一音の言葉ってのは、彼らの頭の中に存在しないってことなのかと、思わず考えてしまった。
「(お)めめ」や「(お)てて」のように、二音以上の言葉でって、理解されてるのかなぁ?

しかし「蚊」は「か」だしなぁ…
「かにさされた」って言うけど、「"かに"(に)刺された」というつもりだったらどうしよう。


上の子は小学生で、今となってはきちんと「歯」を「は」と言うんだけど、子供の(赤ちゃんの)頭の中って不思議だよねーっていうだけの、独り言でした。


JUGEMテーマ:育児
スポンサーサイト
- | 08:22 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homegrown.jugem.cc/trackback/1246