HOMEGROWN

読書と特撮と子どものことと、愚痴を書いたblogです。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
キン肉マン 63 (ジャンプコミックス)
キン肉マン 63 (ジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
ゆでたまご
これまで目立たなかった正義超人の面々が頑張ってるが基本負け戦なので、見ていて辛い。早く王子たちの登場を…!
RECOMMEND
Ray(初回限定盤)(DVD付)
Ray(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
Takahiro Hokyo,Konnie Aoki,Koji Hirachi
個人的に今一番キてるグループ。付属のDVDでライブを丸ごと体験して欲しい。
RECOMMEND
ファビュラス(Type-A)
ファビュラス(Type-A) (JUGEMレビュー »)
predia
各メンバーのパートも増え、バラエティ豊かになったが、やっぱり湊&村上コンビが一番イイね。
RECOMMEND
Cinema Trip 【Type-A】
Cinema Trip 【Type-A】 (JUGEMレビュー »)
PASSPO☆
解散は残念だが、彼女たちの残した曲は永遠です…
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

ゴーカイジャーより後の戦隊の分や、ライダーシリーズでも実現して欲しいな。特にライダーはディケイドのおまけでやっつけ仕事だったから特に。
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
太陽戦隊サンバルカン 第39話から第42話
先週、更新できなかったんで、まとめて4話。

のどかな稲刈り風景から始まる第39話。
何故か育った稲から黒い液体が!
でもってサブタイトルが「尻もちおてんば娘」ってのはなぁ。

ムカデモンガーが一人でムカデをばら撒いたり、毒液を噴出したりと、作戦はまぁまぁ地味。

子供の投書によってやって来た女性記者が叶和貴子。
サンバルカン対モンガーとの戦いに乱入して写真を撮りまくったり、バルイーグルじゃないが「お転婆娘」と言いたくなるな。
子供を危険な目にあわせたりとアレな人だったが、ストロボを使ってサンバルカンに危機を知らせるとか、機転は利くようだ。
いつもとちょっと雰囲気の違う展開だったけど、叶和貴子と子供の交流がイマイチ描ききれなかったような…?
勝手にライバル視していたバルイーグル/飛羽とのからみも物足りないな。

そうそう、今回の一番の目玉は、巨大化したバルカンボールに玉乗りするムカデモンガーだな。
いきなりゴレンジャーのようなおかしなやられ方にビックリするやら呆れるやら…


つづく第40話はいきなり自称「ブラックマグマの暗殺者」であるコウモリモンガーの襲撃を受けるバルイーグルから。
いきなりバルカンボールを繰り出す三人だが、初期シリーズにおいて序盤の必殺技はかわされる運命にあるのだ!
特殊なバル強化服を食い破る強靭なキバを持つだけでなく、超音波をつかってバルカンボールをよけることが出来るという強敵だ。

しかしながらバル強化服を食い破ったそのキバも、折れてしまった。
そのキバを修復するために、コウモリ遺伝子ホルモンを植え付けた人間から生えてきたキバを手に入れようというもの。
そしてストーリーはホルモンに適合した鉄男くんをめぐる争奪戦。
コウモリ人間になった自分を見て「天使だ」という少女を勇気付けるために、奔走する鉄男と、それを助けるサンバルカン。

結局、キバは奪われてしまい、再度強化されたコウモリモンガーをどう攻略するのかと楽しみにしていたら…

バルカンボールが割れて超音波探知機を備えたミサイルが追尾するという、予想の斜め上行く展開にビックリ。
2話続けて、ゴレンジャー(もしくは後期ジャッカー電撃隊)かよ。

そういえば取材を装って登場した飛羽といい、この2話はワリと素顔の三人の出番が多かったな。


で、今週更新分の第41話と第42話。

いつの間にかテコ入れというか、方向性が転換されつつあるような気がしてならない…
とはいえ、いきなり犬の大量変死事件が発生するという展開はなんだかハード。
で、アイシーじゃなくてシーシーの命令で調査をするパンサー/朝夫は、飼い犬を亡くした少年と出会う。

今回のチャガマモンガーは、毒ガスで動物を襲撃するだけでなく、何にもで変身できる能力を持っている。
サンバルカンはもとより、ヘルサターン、蒸気機関車や象、恐竜にまで変身する(機関車や象、恐竜は像を使っているので、カメラワークで誤魔化している)。

中盤以降は、飼い犬を失った少年、純一くんが先生と拾った兎をめぐる騒動に。
本当にただの兎だったのに、アマゾンキラーのあの兎に化けなさいという思いつきがアダとなり、ラストバトルへなだれ込んでしまう。

ラストのシメも、純一くんを中心に据えてたけど、あまり彼のことは掘り下げられなかったな。
どうも鍵っ子のようだけど、そこもチラッと描写されただけで、だからといってなにかあるワケでもないという…

サンバルカンボールはライターに変形。
尻尾に火がつき「かちかち山じゃないんだモンガ〜」と爆発した。
うん、完全に路線変更だね。

今回も中盤以降、ラストのシメ以外は変身したままの三人でした。


つづく第42話は、なんだかスケールアップした作戦で、ヘドリアン女王が東京中の人間を催眠術にかけようという。
睡眠不足となった人々であれば、より催眠術にかかりやすいだろうという発想で、ドラゴンモンガーのドラゴンの太陽によって永遠に昼間にしてしまう。
ずーっと昼間ってことで、眠れない人が急増。交通事故などの惨事が多発。

ヘドリアン女王の術がドラゴンモンガーに伝わり、彼の太陽を通して人々を催眠術にかけていく。
そして集団催眠にかかった人々がサンバルカンを襲ったりするという、なかなか緊迫した展開だ。

しかし、鮫島がパトロール中に出会った少年が、ブラックマグマの作戦を破るキッカケになるとは。
眠れなくて催眠術にかかる人々を尻目に、グーグー眠る少年は、とにかく凄い。さらに催眠術が彼には夢となって現れ、それでドラゴンモンガーの居場所が判明するとか、ストーリーを考えるのを放棄しているとしか…というのは言い過ぎか。

ドラゴンモンガーはボールが変形した鳥かごのようなものを頭にはめられ、大量のドラゴン爆弾で自爆。

今回は珍しく鮫島が素顔でパトロールしてたが、中盤以降はサファリか基地内でしか素顔じゃなかった(ラストは当然素顔だけど)。


なんで急にバルカンボールがゴレンジャーやジャッカーのように変形するようになったのか?
しかもリアルタイムで見ていたはずなのに、一切覚えていないという…
元々コミカルな要素があったけど、より強調されてきてるよね。
なんだか悲しいような、不思議な気分だわ。


JUGEMテーマ:特撮
スポンサーサイト
- | 01:24 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homegrown.jugem.cc/trackback/1311