HOMEGROWN

読書と特撮と子どものことと、愚痴を書いたblogです。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
キン肉マン 63 (ジャンプコミックス)
キン肉マン 63 (ジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
ゆでたまご
これまで目立たなかった正義超人の面々が頑張ってるが基本負け戦なので、見ていて辛い。早く王子たちの登場を…!
RECOMMEND
Ray(初回限定盤)(DVD付)
Ray(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
Takahiro Hokyo,Konnie Aoki,Koji Hirachi
個人的に今一番キてるグループ。付属のDVDでライブを丸ごと体験して欲しい。
RECOMMEND
ファビュラス(Type-A)
ファビュラス(Type-A) (JUGEMレビュー »)
predia
各メンバーのパートも増え、バラエティ豊かになったが、やっぱり湊&村上コンビが一番イイね。
RECOMMEND
Cinema Trip 【Type-A】
Cinema Trip 【Type-A】 (JUGEMレビュー »)
PASSPO☆
解散は残念だが、彼女たちの残した曲は永遠です…
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

ゴーカイジャーより後の戦隊の分や、ライダーシリーズでも実現して欲しいな。特にライダーはディケイドのおまけでやっつけ仕事だったから特に。
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
銀河烈風隊バクシンガー 第6話、第7話
第6話「シェル・ゲイトの戦い」

アーウィン14世の使節が来る…という導入部。
新型の機動戦闘ロボが搬入される。
エルンバイストの裏切りを見破ったことに対し、アーウィン14世から特別警護の任を命じられる烈風隊。
気分を害したカルモ・ダクスが任務と報奨金を横取り。

ジューロによる太陽系の政局の解説(視聴者向け)。
新惑星系には平均6つの新惑星が属するプラネッツオーシャンが6つある。
ブループラネッツオーシャンのアーウィン家によるバクーフが統治している。
そんなとき外宇宙から艦隊が現れ、身の危険を感じる新惑星系。
そして煮え切らないバクーフに対し、キョーラーク星のゴーショ家を担ぎ上げ外宇宙艦隊と一戦交えようという勢力が現れる。
アーウィン14世がキョーラーク星に来たのは、ゴーショ家へ協力を求めに来たのだが…
そのゴーショ家も、バクーフ側、反バクーフ側による派閥争いに忙しい。
前回のエルンバイストもそのゴーショ家の反バクーフ勢力の一派だという。

そうね、Wikipediaによるとエルンバイストのモデルは清河八郎。
このあたり、上手いことストーリーやキャラクター設定に織り込まれてるね。

反バクーフのロングー星の勢力はプリンス・ゴーショの連れ出しとアーウィン14世暗殺を画策。
まぁ、それをスリーJがスパイするんだけど、天井裏に潜むなど、まさに時代劇だ。

相変わらず戦闘シーンのショボさが悲しい。
火を吹く巨大ロボットとか、発想がなぁ…

次の第7話で語られるが、ロングー星というのは、プラネッツオーシャンの中でも有数の軍事国家のようなので、しばらくしたら関係者が再登場するんだろう。


第7話「襲撃の嵐」

敵は内部にもいる!ということで、いよいよカルモ・ダクスと決着をつけるときだ。
特別警護隊の肩書きをいいことに好き放題するカルモ・ダクスと太陽隊。
「隊規なんて有名無実」と確認せずにサインした隊規違反を理由にカルモ・ダクスは烈風隊に殺害される。

Wikipediaによるとカルモ・ダクスのモデルは芹沢鴨。
銀河烈風隊のモデル新撰組の前身である壬生浪士の巨魁隊長。
力士を殴り倒したとか、借金を断られた商人の土蔵を焼き討ちするとか、乱暴者というイメージだ。
このあたりは今回のレスラーを銃撃したり、銀行強盗をするという話の下敷きとなってると、勝手に推測。
ラストの烈風隊による襲撃シーンも、大雨だったりするんだが、これも芹沢鴨の暗殺シーンをモチーフにしてるようだ。

やっぱりモチーフになってる幕末あたりの歴史に詳しいと、面白さ倍増だね。


JUGEMテーマ:漫画/アニメ


スポンサーサイト
- | 01:15 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homegrown.jugem.cc/trackback/1312