HOMEGROWN

読書と特撮と子どものことと、愚痴を書いたblogです。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
Ray(初回限定盤)(DVD付)
Ray(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
Takahiro Hokyo,Konnie Aoki,Koji Hirachi
個人的に今一番キてるグループ。付属のDVDでライブを丸ごと体験して欲しい。
RECOMMEND
ファビュラス(Type-A)
ファビュラス(Type-A) (JUGEMレビュー »)
predia
各メンバーのパートも増え、バラエティ豊かになったが、やっぱり湊&村上コンビが一番イイね。
RECOMMEND
Cinema Trip 【Type-A】
Cinema Trip 【Type-A】 (JUGEMレビュー »)
PASSPO☆
解散は残念だが、彼女たちの残した曲は永遠です…
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

ゴーカイジャーより後の戦隊の分や、ライダーシリーズでも実現して欲しいな。特にライダーはディケイドのおまけでやっつけ仕事だったから特に。
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
太陽戦隊サンバルカン 第49話、第50話(最終話)
第49話「女王最期の妖魔術」

ヘルサターン総統の幻に、人工心臓の崩壊による死を宣告されるヘドリアン女王。
妖術を使い美佐を浚うが、あっさりと心臓停止。
「ご臨終です」というマシンマンのセリフが笑えるが、前シリーズでの最期と比べると、権力欲と妄想にまみれたままの寂しい最期だった。

そしてもっと哀れなイナズマギンガーの最期。
イナズマモンガーに改造され、あっさりサンバルカンに倒されてしまう(サンバルカンには、外見が変わっていることもスルーされる始末)。
これまであれほど圧倒したイナズマギンガーが、機械生命体に改造された途端、こうもあっさり倒されてしまうのは、当時も「あーあ…」って思ったのを記憶している。

今回の見所は、ギター演奏をするイナズマギンガーだな。

さて、三人は基地とスナックサファリだけか。

美佐は浚われたまま、捜索を続けるサンバルカンたち。


第50話「輝け北極 オーロラ」

ヘドリアン女王、イナズマギンガーが倒れた今、残るはアマゾンキラーとゼロガールズ、ヘルサターン総統…そして全能の神とやら。

美佐を救うため、北極のブラックマグマの基地に乗り込むサンバルカンと嵐山長官。

アマゾンキラーはサンバルカンと一騎打ち(一対三だが)をさせられ、あえなく爆死。
敬礼をするサンバルカンたちに、改めて彼らが軍人であったことを思い出す。

続くゼロガールズはキングマグマという巨大ロボを操縦し、サンバルカンロボと対決。
日蝕によってサンバルカンロボの動きを封じるというところまでは良かったが、まさかオーロラからエネルギーを得るとは…!
ゼロツーの気合入りまくりで棒読みのセリフに驚いた。

そして伝説の嵐山長官による全能の神破壊!!
案外テキトーなキャラクター描写の昔の特撮番組において、嵐山長官だけはブレがないな。
美佐を人質に、というかつての再現のようなシーンでの冷静な振る舞いは、ある意味で最強の男だった。
番組初期の、サンバルカンは嵐山長官の引き立て役だった頃を思い出す。

うん、ン十年ぶりだかに見るサンバルカンは、面白かった。
ただやっぱり、変身前の役者さんの出番の少なさは気になるところだったな。よくネタにされている「太陽戦隊です」と家に聞き込みに行くシーン以外にも、結構不自然なところが多かった。そもそもブレスレットを使って変身するシーンの少なさにはちょっと驚いた。

とはいえ、実質的には完全なオリジナル作品としてのスーパー戦隊シリーズ第2作目で(ゴレンジャー、ジャッカーは石ノ森、バトルフィーバーはスパイダーマンに続くマーベル提携作品だし)、これまでの東映特撮作品を継承しつつ、デンジマンで確率したスタイルをさらに進化(深化?)させたという意味で、なかなか重要な作品だと思う。

さて、次回からは何を見ようかな?


JUGEMテーマ:特撮


スポンサーサイト
- | 23:49 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homegrown.jugem.cc/trackback/1321