HOMEGROWN

以前は色々とあったけど、最近はyoutubeで特撮見た話ばっかりです。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
キン肉マン「超人」 (学研の図鑑)
キン肉マン「超人」 (学研の図鑑) (JUGEMレビュー »)

真面目な図鑑を出すという発想を見てなんとなく、現代に必要なのはケイブンシャであると思った次第。
RECOMMEND
CLARITY (初回限定盤)(ダウンロード・ストリーミングアクセスコード付カード 封入)
CLARITY (初回限定盤)(ダウンロード・ストリーミングアクセスコード付カード 封入) (JUGEMレビュー »)
PassCode
PassCodeの新作。限定盤はDVDじゃなくてダウンロードなんだよね。
RECOMMEND
ファビュラス(Type-A)
ファビュラス(Type-A) (JUGEMレビュー »)
predia
アルバムとしては現時点で最新。かつ10人としてはラスト。
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

ゴーカイジャーより後の戦隊の分や、ライダーシリーズでも実現して欲しいな。特にライダーはディケイドのおまけでやっつけ仕事だったから特に。
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
大戦隊ゴーグルV 第11話、第12話
第11話「恐怖のマグマ作戦」

今回の作戦は、マグマボールで死火山を噴火させるというもの。
外回りのゴーグルVと、内勤のコンボイたちの役割分担が面白い。

山の番人を自称するおじいさんとふもとの村人との開発を巡る軋轢とか、ネタになりそうな要素だとは思うがあまり掘り下げされず残念だ。
結局、山の番人のおじいさんと少年、ゴーグルVの交流で終ってしまった。


第12話「嘘から出た砂地獄」

アリジゴクモズーによって東京中に地盤沈下を起こさせようという作戦。
朝日町(旭町?)の土管工場でそのアリジゴクモズーを目撃したのが、嘘つきで有名な少年。
誰にも信用されないんで妹と二人で土管工場に向かうマサヒコ君と、彼を助けに向かうゴーグルイエロー/が、デスダークに捕らえられてしまう。

マサヒコ君が嘘をつくのは、母子家庭でいつも二人きりで寂しい思いをしている妹を喜ばせるためだという。
一人脱走に成功したマサヒコ君がゴーグルVを敵アジトへ導くのだが… 「信じてください!」と言っても、ゴーグルVは最初から彼のことを疑ってなかったワケで、あまり感動的なシーンではなかったな。
こういう場合、嘘つきだといって信用しなかったコンボイのメンバーの方が…と思うが、あくまでも内勤メンバーだし、時間もないしな。
まぁ、テーマとしては嘘つき少年にも嘘をつくなりの理由があったり、嘘をやめる経緯みたいなところだろうから、いいか…

なんつーか、この頃からスーパー戦隊シリーズにおける…というか、特撮モノにおける脚本の手抜き感が気になるようになってきた気がする。ゲストの扱いが雑だし。
これが進むにつれて、ゲストの存在感がなくなり、主要な登場人物だけでお話が進むような状況になると、世界平和を守ってくれているカンジがしなくなってくるからな。
ゲストに重きを置きすぎてロボ戦がオマケと化してしまった「スパイダーマン」という例もあるけれど…
バランス的には「バトルフィーバーJ」とか「デンジマン」あたりのが好みかも。
当時徐々に大人になってきたから戦隊モノから離れたと思ってたけど、ストーリーが好みから外れてきてたってこともあるのかな。


ところで第12話の土管工場?とやらは、よく見かけるね。


JUGEMテーマ:特撮


スポンサーサイト
- | 02:15 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homegrown.jugem.cc/trackback/1335