HOMEGROWN

以前は色々とあったけど、最近はyoutubeで特撮見た話ばっかりです。
<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
キン肉マン「超人」 (学研の図鑑)
キン肉マン「超人」 (学研の図鑑) (JUGEMレビュー »)

真面目な図鑑を出すという発想を見てなんとなく、現代に必要なのはケイブンシャであると思った次第。
RECOMMEND
CLARITY (初回限定盤)(ダウンロード・ストリーミングアクセスコード付カード 封入)
CLARITY (初回限定盤)(ダウンロード・ストリーミングアクセスコード付カード 封入) (JUGEMレビュー »)
PassCode
PassCodeの新作。限定盤はDVDじゃなくてダウンロードなんだよね。
RECOMMEND
ファビュラス(Type-A)
ファビュラス(Type-A) (JUGEMレビュー »)
predia
アルバムとしては現時点で最新。かつ10人としてはラスト。
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

ゴーカイジャーより後の戦隊の分や、ライダーシリーズでも実現して欲しいな。特にライダーはディケイドのおまけでやっつけ仕事だったから特に。
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
大戦隊ゴーグルV 第31話、第32話
第31話「ブルー!大突撃」

子供をさらってデスダークの科学者として育てようという、気の長い作戦。
今回のガラガラヘビモズーは戦闘能力が高く、序盤でゴーグルVをかなりのところまで追い詰める。
しかし、優秀な子供を集めることには才能がないらしく、結局はその高い戦闘能力を発揮できなかった。
適材適所な作戦を与えてくれさえすれば、もっと活躍できたかもしれないんだが…

さらに巨大メカのネーミングがガラガラコングで、そもそも名前からして失敗だったと言わんばかりの扱いだった。


一方のゴーグルV側はというと、全体的には空気キャラのゴーグルブルー/青山がメイン。
弱虫少年に対して、自分自身も幼い頃は弱虫だったとカミングアウト。
弱虫を克服しようと、さらわれた友達を助けに行こうとする弱虫少年を、作戦のためとは言え、あえて敵に連れ去られるようにしてしまうのは、暴挙だ。

巨大戦はガラガラヘビヘビモズーの能力を反映したガラガラモズーの高い戦闘能力に苦戦するものの、一発で形勢逆転するという、お約束な展開。
本当は邪魔なんだろ、巨大戦?と思わずにはいられない。


第32話「ドキッ 骨ぬき人間」

ヤドカリモズーが毒ガスを使って人間から骨を奪うという、もはや完全に理解不能な作戦と怪人の組み合わせ。
骨が抜き取られたという話は案外どーでもよくて、ゴーグルレッド/赤間の知り合いの元警察官の父子の物語だ。
その元警察官が、水族館で警備員をしているのだが、ヤドカリと水族館という組み合わせのためだけの職業。

まぁ、特筆すべきことはないお話でした。



JUGEMテーマ:特撮


スポンサーサイト
- | 15:38 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。