HOMEGROWN

読書と特撮と子どものことと、愚痴を書いたblogです。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
Ray(初回限定盤)(DVD付)
Ray(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
Takahiro Hokyo,Konnie Aoki,Koji Hirachi
個人的に今一番キてるグループ。付属のDVDでライブを丸ごと体験して欲しい。
RECOMMEND
ファビュラス(Type-A)
ファビュラス(Type-A) (JUGEMレビュー »)
predia
各メンバーのパートも増え、バラエティ豊かになったが、やっぱり湊&村上コンビが一番イイね。
RECOMMEND
Cinema Trip 【Type-A】
Cinema Trip 【Type-A】 (JUGEMレビュー »)
PASSPO☆
解散は残念だが、彼女たちの残した曲は永遠です…
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

ゴーカイジャーより後の戦隊の分や、ライダーシリーズでも実現して欲しいな。特にライダーはディケイドのおまけでやっつけ仕事だったから特に。
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
バトルフィーバーJ 第5話、第6話
第5話「ロボット大空中戦」

子供を誘拐され、バトルフィーバーロボの秘密を探る国防省の坂口情報局長。
残念ながら、今回はバトルフィーバーロボと弟こと悪魔ロボットの登場と対決がメインなので、それ以外がワリとあっさり。
坂口局長がエゴスの秘密基地から子供を連れて脱走するあたり、簡単すぎてちょっと…となるし、自爆からのシーンにもう少し余韻が欲しい気がするな。ラストで一切触れないというのも…

とはいえ、それもこれも、バトルフィーバーロボとバッファローロボットとの一騎打ちのための前座に過ぎない。
勿論「大鉄人17」や東映版の「スパイダーマン」で既に巨大ロボットのバトルをやっているが、その後のスーパー戦隊の歴史を考えると、非常に意義深いバトルシーンである。
電光剣とバッファローロボの剣がぶつかりあい、火花が散るところなんかは、製作側のこだわりを感じる。
唯一残念なのが、決め技がクロスフィーバーであることだ。
これは完全にソードビッカーの延長線だよな。

で、この第5話のブローアップ版が劇場版として公開された…と。


第6話「万能戦艦発進せよ」

エゴスはバトルシャークに対抗するため、ほこら作戦を決行する。
航空機を誘導するためのドグウ怪人によってレーダー基地を占拠する。
敵に占領されたことを知らず、ピンチに陥るバトルシャーク。
バトルフィーバーたちはレーダー基地を奪還すべく行動を開始する。

今回はジャパン、コサック、ケニア、それにケイコとマサルの姉弟が海に釣りに出かけている。
フランスとアメリカは基地内で身だしなみを整えるのに忙しいというのが、相変わらずだ。

さらに自称少年探検隊の子供たちが登場する。
彼の導きにより、基地への侵入経路が判明するのだが…

…結局、正面からバトル開始で、あまり意味のない展開になってしまった。

ピンチのバトルフィーバーを助けるためにバトルシャークが出撃するが、操縦するのはケイコとミドリというのが、なかなかはらはらさせる。
そして剣、鎖、槍、斧と次々に武器を変えて戦うバトルフィーバーロボ。歩きにくそうなのが残念だが、上半身の身軽さがなんともカッコイイ。

サタンエゴスが自信満々だったほこら作戦の扱いの軽さとか少年の存在とか、後半のロボの見せ場のために、随分脚本が削られたのかなぁ?と勘繰ってしまうな。

そうそう、この第6話でもヘッダーが差し替え前のやつだったね。


JUGEMテーマ:特撮


スポンサーサイト
- | 00:46 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homegrown.jugem.cc/trackback/1386