HOMEGROWN

読書と特撮と子どものことと、愚痴を書いたblogです。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
キン肉マン 63 (ジャンプコミックス)
キン肉マン 63 (ジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
ゆでたまご
これまで目立たなかった正義超人の面々が頑張ってるが基本負け戦なので、見ていて辛い。早く王子たちの登場を…!
RECOMMEND
Ray(初回限定盤)(DVD付)
Ray(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
Takahiro Hokyo,Konnie Aoki,Koji Hirachi
個人的に今一番キてるグループ。付属のDVDでライブを丸ごと体験して欲しい。
RECOMMEND
ファビュラス(Type-A)
ファビュラス(Type-A) (JUGEMレビュー »)
predia
各メンバーのパートも増え、バラエティ豊かになったが、やっぱり湊&村上コンビが一番イイね。
RECOMMEND
Cinema Trip 【Type-A】
Cinema Trip 【Type-A】 (JUGEMレビュー »)
PASSPO☆
解散は残念だが、彼女たちの残した曲は永遠です…
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

ゴーカイジャーより後の戦隊の分や、ライダーシリーズでも実現して欲しいな。特にライダーはディケイドのおまけでやっつけ仕事だったから特に。
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
星雲仮面マシンマン 第11話、第12話
評価:
石ノ森章太郎,大野雄二
東映ビデオ
¥ 7,436
(2007-08-03)

第11話「とんだアルバイト」

子供にアルバイトをさせようというお話。アルバイトといっても、なにやら基板のようなものを作るだけ。それで何万円ものバイト代が手に入るとあって、次々に子供が飛びつくのだが…
高額な給料をエサに、子供に兵器を作らせるというテンタクルの作戦だった。
テンタクルの作戦だと知った子供たちは、バイトを放棄。
しかしマサルたちは連れ去られ…

テンタクルが一般人に認知されているというのも、特撮系では最近あまりない設定で良いね。
さらに大人の認知度が低いのが、この番組らしい。

見所は、ミサイルのスイッチを押せと脅迫される子供たちの行動だ。
女の子が人質になり、男子だちが強要されるのだが、おろおろする男子に比べ、女子の強いこと。

今回はロボットが相手で、なかなか迫真のアクションだったと思う。

働くことの大変さ…みたいなのは伝わったでしょうか?


第12話「子供が消えていく」

プロフェッサーKが作ったマジックゾーンを使って子供たちを閉じ込めるマジシャンが現れる。
実はそのマジシャンの過去が、今回のお話の重要なポイントだった。
マシンマンの能力を以ってしても、マジックゾーンを見破ることはできない。
そのマジックゾーンを作ったのはそのマジシャンであり、その失敗からマジック界から追放されてしまう。
テンタクルの作戦にのったのは、マジック界への復讐のため。
マジックゾーンという設定を除けば、まるで2時間ドラマのようなストーリー。
心を入れ替えたマジシャンに、カタルシスウェーブは不要というのも、なんだかいいお話ね。


次回はついに鉄人モンスとの戦いか。


JUGEMテーマ:特撮


スポンサーサイト
- | 00:21 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homegrown.jugem.cc/trackback/1413