HOMEGROWN

以前は色々とあったけど、最近はyoutubeで特撮見た話ばっかりです。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
キン肉マン「超人」 (学研の図鑑)
キン肉マン「超人」 (学研の図鑑) (JUGEMレビュー »)

真面目な図鑑を出すという発想を見てなんとなく、現代に必要なのはケイブンシャであると思った次第。
RECOMMEND
CLARITY (初回限定盤)(ダウンロード・ストリーミングアクセスコード付カード 封入)
CLARITY (初回限定盤)(ダウンロード・ストリーミングアクセスコード付カード 封入) (JUGEMレビュー »)
PassCode
PassCodeの新作。限定盤はDVDじゃなくてダウンロードなんだよね。
RECOMMEND
ファビュラス(Type-A)
ファビュラス(Type-A) (JUGEMレビュー »)
predia
アルバムとしては現時点で最新。かつ10人としてはラスト。
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

ゴーカイジャーより後の戦隊の分や、ライダーシリーズでも実現して欲しいな。特にライダーはディケイドのおまけでやっつけ仕事だったから特に。
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
電子戦隊デンジマン 第35話から第38話
第35話「謎のはたおり姫」

噴水に腰掛け、編み物をするデンジピンク/桃井あきらの前に、謎の老人が現れる。
「古代織り」の家元・戸川六助を名乗るその老人は、あきらに家元にならないかと強引に迫る。

あきらに断られた老人のもとに、岡道子を名乗る女性が弟子入りを志願してきた。
しかしその女性の正体は、ベーダー怪人ドクガラーだった。実ははるか昔にもたらされたベーダー織りが古代織りとして受け継がれてきたというので、ベーダー織り復活のために近づいたのだ。
そのベーダー織りで人が襲われるに至り、あきらと青梅は老人のもとへ…

ここであきらが改めて弟子入りしたりするのかと思えば、そんなことはなく、正面から説得。
折角手に入れた弟子を諦められない老人は、頑なだ。

今回は珍しく、全員がデンジパンチをはめて攻撃するシーンがある。
「ゴーカイジャー」でもデンジマンにゴーカイチャンジしたときに全員でデンジパンチを使うシーンがあり、どことなく違和感を覚えたものだが、デンジレッドの専売特許というワケでもないんだよな。


古代織りを継ぐと宣言した桃井あきらだが… まぁ、あまりつっこむまい。


スリーサイズを測ると、オール98センチでむくれるヘドリアン女王がカワイイ。


第36話「勇気ある仔犬の詩」

まだ公害問題がそれほど昔ではない時代かな。
ベーダーは地中に残ったヘドロを利用しようという作戦を実行する。

一方で、捨て犬を拾うゆみ子。
犬や猫を拾ってきては親に怒られるというのは、みんな昭和の時代においてきてしまったんだろうな。
あとマンションじゃ飼えないというのも、この頃の住宅事情をさりげなく感じることの出来る貴重なシーンではないかと(大袈裟?)。

デンジイエロー/黄山とゆみ子がこっそり飼おうとして隠した場所に、ヘドロを探すベーダーがやってくるというもの。

やっぱり主な視聴者である子供を、どこに感情移入させるのかというのは、やっぱり難しいんだなって思う。
今回だとやっぱり犬を飼うことのできないゆみ子に共感させつつ、デンジイエローや彼のために奔走する犬を応援してもらおうということなんだろうと推測する。
どこか憧れの的というか、大人だよね、デンジマンたちって。

最終的にこの犬がどうなったかは…


第37話「蛮力バンリキ魔王」

ついにバンリキ魔王が登場。
51話がラストなので、残りは14話ということか。

奇妙な流れ星を見て、目を傷めたデンジイエロー/黄山。
そして他のグリーン、ブルーも次々に謎の襲撃者によって襲われる。
作戦を立てて臨んだデンジレッドとピンクだったが、あえなく敗北。

バンリキ魔王の強さも凄まじいが、止めに入るのがアイシーというのもビックリする。

傷ついたピンクを残し、バンリキ魔王との戦いに向かう四人の男たち。
目覚めたあきらの「私たちはいつも5人よ。死ぬも生きるもいつも一緒」という印象的なセリフとともに、最後はバンリキ魔王を圧倒。

…とはいえ、最後は決着がつかず、バンリキ魔王がベーダー城に住み着くことになっておしまい。


第38話「無限魔空の大冒険」

次々に人間が消える事件が発生する。
ヘドラー将軍の指揮により、進められた異次元転換実験のせい。

消えた父親を探す雷太少年も謝って異次元に入り込んでしまうのだが、その映像がまた印象的だ。
まるで「どこでもドア」のように次々に現れる不思議なドアや激しく動くライトの映像など、「東映スーパー戦隊大全」で指摘されるまでもなく、「ギャバン」におけるマクー空間を想像させるシーンが多い。

前回バンリキ魔王が登場したものの、いつもどおりの展開で、なんかちょっと安心した。


JUGEMテーマ:特撮


スポンサーサイト
- | 00:41 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homegrown.jugem.cc/trackback/1497