HOMEGROWN

以前は色々とあったけど、最近はyoutubeで特撮見た話ばっかりです。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
キン肉マン「超人」 (学研の図鑑)
キン肉マン「超人」 (学研の図鑑) (JUGEMレビュー »)

真面目な図鑑を出すという発想を見てなんとなく、現代に必要なのはケイブンシャであると思った次第。
RECOMMEND
CLARITY (初回限定盤)(ダウンロード・ストリーミングアクセスコード付カード 封入)
CLARITY (初回限定盤)(ダウンロード・ストリーミングアクセスコード付カード 封入) (JUGEMレビュー »)
PassCode
PassCodeの新作。限定盤はDVDじゃなくてダウンロードなんだよね。
RECOMMEND
ファビュラス(Type-A)
ファビュラス(Type-A) (JUGEMレビュー »)
predia
アルバムとしては現時点で最新。かつ10人としてはラスト。
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

ゴーカイジャーより後の戦隊の分や、ライダーシリーズでも実現して欲しいな。特にライダーはディケイドのおまけでやっつけ仕事だったから特に。
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
仮面ライダー鎧武について、書いておこう
ついに終った。
終ってみれば、ここ数作は不振だと感じていた平成ライダーシリーズにあって、久しぶりの(個人的な)ヒット作だった。

当初のビートライダーズの縄張り争いだったり、ライダーの力をバイトに使ったりという、平和な空気はいつの間にか消えて、殺伐とした展開に。雰囲気としては「龍騎」を思い出す作品だった。

唯一残念だったのが、やはり戒斗だな。
中盤ではオーバーロードに負けまくりで、ゲネシスドライバー入手まではたいした戦績を上げられずに、どうも中途半端な印象。
しかも当初からキャラにブレはなかったが(前述の通り"口だけ"に見えても)、DJサガラかの評価は不当に低いといわざるを得ない。耀子の評価の方が妥当だと、やっぱり思う。

物語はちょっとくらい存在感が薄い主人公だったとしても、強力な物語を持つライバルがいれば、十分に成り立つと僕は考えている。
引き合いに出した「龍騎」で言えば、ナイト/秋山蓮だろう。主人公の龍騎/真司以上にブレブレで、ライバルポジションとしては珍しいが、最終的には彼が主人公だったのかという展開だ。
「電王」なら桜井侑斗(もしくはお姉ちゃん)が本当の主人公と言っても差し支えない。
「フォーゼ」なら歌星賢吾なんだろうけど、ストーリー自体が弱くて、個人的には失敗作。
何が言いたいかというと、少なくとも平成ライダーにおいては、主人公は物語の大きな流れの中では案外傍観者であることが多いように感じてる。その中で物語を引っ張るキャラクターがきちんと機能していると、面白いお話になるんだけどな。
例えば「アギト」ならアンノウンの事件を追うのは警察官であるG3/G3X/氷川(とそのチーム)なワケで、アギト/翔一は積極的にストーリーに関わっているワケではないし、ギルスなんて完全に別のお話だ。

そう思うと、中盤の戒斗の扱いが軽すぎる。もう少しだけでいいから、心情なんかを掘り下げる回が一回でもあれば…
中盤は完全にミッチの物語だったが、最後の最後で失意のどん底で、なんだかケリの付かないままで途中退場のようなカンジになってしまったからなぁ。
ただ再び仲間の輪に戻っていくきっかけを、外部からの敵に頼らざるを得なかったのは、残念だ。

物語のまとめ方としては悪くはないと思う。しかし、種としての限界に来てるとして、その人間が破壊もその後の創造もされないまま残ることに、何か希望があるのか?そういう部分が欲しかった。


ともあれ、久しぶりに毎週楽しみなライダーだった。
次の「ドライブ」は楽しいかなぁ?


JUGEMテーマ:特撮
スポンサーサイト
- | 00:23 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homegrown.jugem.cc/trackback/1507