HOMEGROWN

読書と特撮と子どものことと、愚痴を書いたblogです。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
キン肉マン 59 (ジャンプコミックス)
キン肉マン 59 (ジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
ゆでたまご
悪魔将軍ってこんなカッコ良かったっけ?とか「キン肉マン」ってこんな大人な物語だっけ?と思いながら。
RECOMMEND
Cinema Trip 【Type-A】
Cinema Trip 【Type-A】 (JUGEMレビュー »)
PASSPO☆
PASSPO☆のニューアルバム。今回もハードなロックを期待してる。今一番の楽曲志向のアイドルグループ。
RECOMMEND
ヌーベルキュイジーヌ (Type-A)
ヌーベルキュイジーヌ (Type-A) (JUGEMレビュー »)
predia
個人的にはタイトル曲よりもカップリングの方がオススメだけど、どれも「らしい」曲。
RECOMMEND
RECOMMEND
白夜のヴィオラにいだかれて(Type-A)(DVD付)
白夜のヴィオラにいだかれて(Type-A)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
白戸佑輔,栗原暁(Jazzin’park),久保田真悟(Jazzin’park)
prediaの現時点での最新アルバム。前作よりも今作と、ステップアップというのか進化というのか。アイドルものと侮るなかれ。
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

期待のスーパー戦隊シリーズ全ての主題歌を集めたDVD。昭和ライダーはディケイド劇場版のおまけだったから、今度は平成ライダーだけか全ライダーを期待してしまうなぁ…(無理?)
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ミシェル・ウエルベック「ある島の可能性」
評価:
ミシェル ウエルベック
河出書房新社
¥ 1,512
(2016-01-07)

twitterでやたらと見かけて、思わず購入。

世界の終わりのあと、僕は電話ボックスにいる―快楽の果ての絶望に陥った過激なコメディアン兼映画監督のダニエルは、“永遠の生”を謳うカルト教団に接近する。二千年後、旧人類がほぼ絶滅し、ユーモアと性愛の失われた孤独な世界で、彼のクローンは平穏な毎日を生き続ける。『服従』著者による“新しい人類”の物語。


Amazonの当該ページからの引用だけど、物語の骨格はたしかにそうだった。

はっきりいって執拗に繰り返される性描写に辟易する人もいるだろう。
ただそこには主人公が若さや性的なものに対してのみに人間の価値や生の意味を見出していることを思えば、それを繰り返し描くことについてそれなりに納得はできると思う。

物語はオリジナルであるダニエル(ダニエル1)とそのクローンであるネオヒューマンのダニエル24(とその後継ダニエル25)の語りが交互に現れる。
コメディ(日本的なそれとは違う)とセックスが交互に現れるようなダニエルの人生が、どうしてクローンの登場につながっていくのか、一つのクライマックスはそこだろう。
カルト教団の登場以降も、やっぱり元の調子に戻っていくんだが、そこから徐々に老いていく様はなんとも悲しい。

ダニエル1の死が語られた後、ダニエル25の選択が描かれる。
正直なところ、この結末はやや蛇足に感じられたが、タイトルの「ある島の可能性」という部分を描くには必要だったんだろう。
ただし「可能性」に過ぎないところについては、不満が残る。

本人が映画を撮ったらしいけど、そっちもちょっと興味あるな(あまり評判は良くないようだけど)。


伊藤計劃の「ハーモニー」もそうだけど、やはり人間の未来には感情ってのは不要なものなんだろうか?


JUGEMテーマ:読書
スポンサーサイト
- | 11:28 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homegrown.jugem.cc/trackback/1591