HOMEGROWN

読書と特撮と子どものことと、愚痴を書いたblogです。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
キン肉マン 59 (ジャンプコミックス)
キン肉マン 59 (ジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
ゆでたまご
悪魔将軍ってこんなカッコ良かったっけ?とか「キン肉マン」ってこんな大人な物語だっけ?と思いながら。
RECOMMEND
Cinema Trip 【Type-A】
Cinema Trip 【Type-A】 (JUGEMレビュー »)
PASSPO☆
PASSPO☆のニューアルバム。今回もハードなロックを期待してる。今一番の楽曲志向のアイドルグループ。
RECOMMEND
ヌーベルキュイジーヌ (Type-A)
ヌーベルキュイジーヌ (Type-A) (JUGEMレビュー »)
predia
個人的にはタイトル曲よりもカップリングの方がオススメだけど、どれも「らしい」曲。
RECOMMEND
RECOMMEND
白夜のヴィオラにいだかれて(Type-A)(DVD付)
白夜のヴィオラにいだかれて(Type-A)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
白戸佑輔,栗原暁(Jazzin’park),久保田真悟(Jazzin’park)
prediaの現時点での最新アルバム。前作よりも今作と、ステップアップというのか進化というのか。アイドルものと侮るなかれ。
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

期待のスーパー戦隊シリーズ全ての主題歌を集めたDVD。昭和ライダーはディケイド劇場版のおまけだったから、今度は平成ライダーだけか全ライダーを期待してしまうなぁ…(無理?)
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
コンドールマン 第5話から第8話
評価:
---
TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D)
¥ 8,187
(2009-04-21)

第5話「紅コウモリ現わる」
“空が飛べない”というコンドールマンの弱点を突くため、レッドバットンとゴキブラーが日本に送り込まれた。ゴキブラーは買い占めた食料を売り捌いては強奪を繰り返し、レッドバットンは義賊・紅コウモリを名乗り、強奪された食料をばら撒いて大衆の人気を集めていく・・・。

前回までの流れとサブタイトルからして、サタンガメツクの最期じゃないですか。
案の定、開始5分でサタンガメツクは倒されてしまった。

そしてサタンガメツクが倒されたモンスター一族はというと…
コンドールマン 第5話
ナレーション「サタンガメツクの霊を呼び出したキングモンスターは、コンドールマンの弱点が、空を飛べないことにあると知った」
サタンガメツク「このサタンガメツクも空を飛べたら死なずに済んだものを。うらめしや…」
キングモンスター「えぇい、未練がましいぞ。仇は必ず取ってやるから、大人しく地獄の番人を務めていろ」
コンドールマン 第5話

どこから突っ込もうか?
三角巾か ?

協議(!)の結果、幹部ではなく幹部候補生レッドバットンが日本に派遣されることになった。
コンドールマン 第5話
レッドバットン
コンドールマン 第5話

姉であるゲムスラーと二役(演じるのは一の瀬玲奈)なので、合成シーンが多用されてて映像的に面白いシーンが続く。
コンドールマン 第5話
登場シーン直後から二人が同じ画面に。
コンドールマン 第5話
お店での作戦会議(?)では背景で上手く誤魔化している。
一の瀬玲奈

レッドバットンの相棒は、残飯あさりが好きなゴキブラー。
コンドールマン 第5話
人間の姿
コンドールマン 第5話
怪人の姿。
名前の通り、ゴキブリに変身することもできる
コンドールマン 第5話

さて、日本ではサタンガメツクが倒されたことで、金満商事は消滅したのかな?
新たな展開が。
つまりは、マッチポンプというのかね。
自分たちで缶詰を売りつけ、それを強奪。そしてその一部を配布して人気を集めるという作戦だ。
義賊紅コウモリ現る
昨夜紅コウモリと名乗る一団が、買占め中の悪徳商人から奪った輸入缶詰を、上に苦しむ人々の家に1トン近くも配る
コンドールマン 第5話

そんな新聞記事が早速掲載される。
コンドールマン 第5話
父「儂たちの荷は10トン近くもあったんだ! 残り9トンは盗みやがって何が義賊だ!」
母「みんなに喜んでもらえると思って有り金はたいたのに、悔しい!」
コンドールマン 第5話

義賊として名を上げた紅コウモリ。
街では「紅コウモリごっこ」をやろうという子供たちが現れるほどに。
コンドールマン 第5話
こんな看板持って仲間を募る子供なんて見たことない
コンドールマン 第5話

しかしまことが紅コウモリはモンスターであると抗議。
それを証明するため、少年とまことを連れて、石松がレッドバットンの車を追う。

相変わらず展開がご都合主義。
一心がまことたちが車を追って姿を消したという噂を早速聞きつけて、家族の元へ現れる。
そして捜索の結果、まことを発見し、敵アジトへ乗り込んで行く。
しかしコンドールマンはゴキブラーとの戦いのさなか、レッドバットンの仕掛けた罠にはまり、船もろとも爆発に飲み込まれる。

第2話で一心が姉に目撃された街歩きのシーンが捜索シーンとして流用されている。


第6話「コンドール・ジュニア誕生」
コンドールマンはまことと仲間たちにコンドールマンのシンボル・金の羽根を象ったバッジを渡した。バッジを合わせるとコンドールサークルという光が発し、コンドールマンを呼ぶことが出来るのだ。コンドールマンと共に戦う、コンドール・ジュニアが誕生した。

罠にはまったコンドールマン。ゴキブラーとともに船の爆発に巻き込まれたが、なんとか生還。しかし同時にゴキブラーも生きていた。
コンドールマン 第6話
コンドールマン 第6話

まことの友達、ケンイチくんの妹が病気になった。
コンドールマン 第6話
「妹の春子が病気になって、お医者さんは栄養のあるものを食べさせないと、母ちゃんみたいに死んじゃうって…」
コンドールマン 第6話

そしてまことはなぜか家からすいとんを持参するという…
昭和50年(1975年)で、すいとんが一般的だったのかどうか。
買占め作戦で食料危機だとすると、ありえなくもないか?
コンドールマン 第6話
コンドールマン 第6話

さて、ここでまことの呟きから、ゴキブラーのイメージシーンが挿入されるんだが…
コンドールマン 第6話
捨てられる生ゴミ
コンドールマン 第6話
ゴミ処理場か
コンドールマン 第6話
増殖するゴキブラーのイメージ
コンドールマン 第6話

投げ捨てられる生ゴミ、ごみ処理の映像。それらは高度経済成長期、そして飽食の時代を象徴する映像だ。
しかし現在、物語の中ではモンスター一族の企みによって、食べ物は市場から姿を消し、飢えに苦しむ人が大勢いるはずなんだが…

一方で、レッドバットンは各戸に缶詰を配りながら、紅コウモリへの入会を薦めて回る。
コンドールマン 第6話
「紅コウモリに入団なさると、毎日一個の缶詰が配給されますのよ」
コンドールマン 第6話

ゴキブラーの「人間の団員もだいぶ増えたようだな。あんなに集めてどうするつもりだ?」というセリフがあったけど、ケンイチくんの父親以外で入会しようとする人の描写がないので、どうも緊迫感がないな。。

ここでまことたちはモンスターはゴミの中から現れることに気づき、街の掃除を始める。
コンドールマン 第6話
「モンスターを倒してくれるのはコンドールマンだけど、あたしたちにだってごみを綺麗にしてモンスターを出さないようにすることくらいできるはずよ」
コンドールマン 第6話

紅コウモリに心酔しているケンイチの父が煙草をポイ捨てするシーンが、なんだか印象的。
煙草のポイ捨てが問題になったのはいつ頃からだろう?
ともかく、こうしてストレートにメッセージを繰り返すことで、見ている子供たちはどう思っただろう。

レッドバットン編(でいいのか?)のもう一つのテーマである、飛べないというコンドールマンの弱点についてだが、正直、攻めが弱い。
ゴキブラーも空からコンドールマンを攻撃して追い詰めたものの、地上に降り立ってトドメを刺そうという詰めの甘さからあっさり敗北(首をぶった切られて)。
レッドバットンの攻撃で「つづく」なのは緊迫感があっていいが、次回のサブタイトルが「怪!モンスター貴族」では、またも開始5分での退場を想像してしまう。

コンドール・ジュニアを結成したが、宣言しただけだった。
活躍は次回以降か。

この第5話と第6話で、レッドバットンが義賊・紅コウモリとしてみんなから拍手喝采を浴びる姿を想像するシーンが出てくる。
コンドールマン 第5話
コンドールマン 第5話
この映像はどこからの流用だろう?
コンドールマン 第5話

第5話で登場してからというもの、拍手喝采のコンドールマンに嫉妬するだけでなく、こういう妄想を爆発させてるレッドバットンは、この手の作品ではちょっと珍しいんじゃないかと思ったりする。
しかしそんな民衆から拍手喝采を浴びたがるような人が、こんな↓アジトにいるようじゃダメでしょ?
コンドールマン 第6話
コンドールマン 第6話

そういえばケンイチ少年のお父さん、有名人だと思うんだけど、名前が思い出せない。
コンドールマン 第6話
コンドールマン 第6話

メモっとかないでも判ると思ったらwikipediaにも載ってないし。


第7話「怪!モンスター貴族」
レッドバットンとの戦いで傷ついた一心は、偶然にも転生前の一心の恋人・さゆりに助けられる。一方、ゴキブラーの後任として、自称モンスター貴族のダン・阿久魔ことダブルバットがコンドールマン抹殺の使命を帯びて英国から送り込まれて来た。

ゴキブラーを倒したものの、空を飛ぶレッドバットンに苦しめられるコンドールマン。
レッドバットンのバットタイフーンと一か八かの新技コンドールハリケーンのぶつかり合いのまま、無情な画面転換でいきなり河川敷で草むしりをする人々の映像に。
コンドールマン 第7話
ナレーション「そのころ、食糧不足は深刻となり、人々は野草を取って飢えをしのいでいた」
コンドールマン 第7話

そして突然、母と現れるまことに軽く驚く。
コンドールマンとレッドバットンの戦いから、いつの間にか家族の元へ戻っていたようだ。
いつもながら性急な展開だ。

前回の予告を見て、開始5分でレッドバットン退場かと思ったら、コンドールマンが(見えないところで)退却していただけだった。

ここで新キャラクターの登場。
三矢一心の恋人、さゆりの登場。
コンドールマン 第7話
「一心さん。あなたが亡くなって、もう半年になります。でも…でも私には信じられない。あなたが私を、一人ぼっちにしていくなんて。あのときどんなことをしても、引き止めればよかった」
コンドールマン 第7話

アメリカに行く報告をしているということは、暗殺者を追って日本を発つ直前ということか。
コンドールマン 第7話
「心配いらないよ。向こうに世界の旗の仲間もいることだし」
コンドールマン 第7話

それはタバ老人のことか!?
寂しいがもっと大切なことがあるという一心。
「みんなが自分の楽しみやお金儲けばかりに夢中になっているから、公害が生まれ、自然が破壊されていくんだ。美しいもの、平和、愛、それらを守るためなら、俺は命を懸けて戦う」
コンドールマン 第7話

そして一心は死んだ。
しかし、そのさゆりの前に、コンドールマンとして蘇った一心が現れる。
さゆりはあっという間に一心が別人であると悟るんだが、それは話がややこしくならないようにするためだろうか?

傷ついた一心は、どうやらレッドバットンから逃れてきたようだ。
コンドールマン 第7話
コンドールマン 第7話

さゆりに介抱され目覚めた一心は、弱点克服のためゴールデンコンドルの力を使うための修行を開始する。

姿を消したコンドールマンをおびき出すため、義賊を装った行動ではなく、ストレートにトラックを襲撃するようになる。
ついに新聞にまで掲載される。
コンドールマン 第7話
本性を現した紅コウモリ団の記事を読んで怒りに震える石松。
コンドールマン 第7話


やっと手に入れたジャガイモを、三矢父が単身トラックで運搬することになるんだが…
「親父さん、国道ゼロ号線はダメだよ。紅コウモリ団が出るんだ、遠回りしなくちゃあ」
コンドールマン 第7話

ゼロ号線ってなんだよ?ってうずうずしてたら、まんまとレッドバットンらに襲撃され、ついにコンドールマン登場!
ダブルバットもなかなか強かったが、空を飛ぶという能力を活かしきれず、コンドールアローで撃ち落とされる。
しかしダブルバットの放った最後のコウモリミサイルの爆発が、コンドールマンとレッドバットンを飲み込み…
コンドールマン 第7話
「つづく」だと!?
コンドールマン 第7話

相変わらず、いいところで切るよなぁ。

今回のゲストキャラクターであるダブルバット。

演じるのは潮建志。
相変わらず独特の演技と存在感。
コンドールマン 第7話
変身前

変身後

しかし、どう見ても、これは次回早々にやられるの確定だろ?

エンディングテーマが終わって、次回予告かと思ったら、コンドールマンが視聴者に語り掛けてくる。
コンドールマン 第7話
「さあ、みんなでコンドールマンの歌を歌って、美しい日本を守ろう!」
コンドールマン 第7話

色々と想像しちゃうよなぁ。
再び流れるオープニングテーマとともに今回の名場面が流れ、次回の予告。


第8話「やったぞ!3段化身」
極東司令官の任に就いたサラマンダーの指令により、日本へ食料を輸送中の船団が次々と食料を奪われ撃沈された。ただ一人生還した航海士の命を狙うレッドバットン。だがその時、修行を終えてゴールデンコンドルへの三段化身を会得したコンドールマンが現れた。

レッドバットンの前から退却したコンドールマンは、再びゴールデンコンドルの力を得るための修行を再開する。

ちなみに第7話で無事だった食料は、病院などに配られる。
そこで石松らは新聞の記事で、外国から食料援助があることを知る。
コンドールマン 第8話
コンドールマン 第8話
「友好国から食料援助。輸送船・明日入港。黒井大臣の努力が実る」
コンドールマン 第8話

モンスター側には、大月ウルフ演じるJ・ゴードンが現れる。
コンドールマン 第8話
コンドールマン 第8話

キングモンスターによって極東司令官となったゴードンは、ゲムスラー/レオナ・高倉を司令官付き秘書官にし、紅コウモリ作戦の中止を命じる。
そしてゴードンは、黒井食料大臣と面会。
コンドールマン 第8話
コンドールマン 第8話

しかし、ゴードンはサラマンダー、黒井食料大臣はゼニクレイジーと、完全に身内でのやり取り。
コンドールマン 第8話
コンドールマン 第8話
コンドールマン 第8話

怖いのはモンスター一族の一員が、大臣として国政に関わっていること。そして一見するとモンスター一族の利益に反するような行動をとっている事だろうか。
食料援助はゼニクレイジーが化けている黒井食料大臣の努力の結果のはずだ。

一方のコンドールマン/一心だが、修行が上手くいかない。
コンドールマン 第8話
「空を飛ぶことなんかできやしない。タバ老人の嘘つきー!」
コンドールマン 第8話

笑うところか?

到着間近の輸送船は、レッドバットンによって沈没させられる。
だが、食料まで沈めてしまったと、レッドバットンは謹慎処分。
コンドールマン 第8話
二役で合成
コンドールマン 第8話

そもそも船を沈めるために使用した爆弾を用意したの、誰だよ?
責任とるべきはそいつだろうに。

輸送船沈没を受け、黒井食料大臣が記者会見を行う。
そこで輸送船沈没の犯人はコンドールマンであると発言するが、この話、ストーリーには全然必要なかったように思う。
一応、子供たちがコンドールマンは犯人じゃないと言って、コンドールマンを探しに行くシーンがあるが、それっきり。

修行もクライマックス。
よく判らないけど、木の上に座るらしい。
コンドールマン 第8話
杭の上から本当に木の上へ。
コンドールマン 第8話
揺れても大丈夫。
コンドールマン 第8話


沈没の真相を探っていた堅介と  はレッドバットンに捕らわれてしまう。
コンドールマン 第8話
一緒にいた看護師も、捕まっている。
コンドールマン 第8話


そこにコンドールマンが現れ、レッドバットンと戦闘開始。
そしてついに…


ゴールデンコンドルに化身!
コンドールマン 第8話
コンドールマン 第8話

やっぱりここで「つづく」だ。


JUGEMテーマ:特撮



スポンサーサイト
- | 23:52 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homegrown.jugem.cc/trackback/1646