HOMEGROWN

読書と特撮と子どものことと、愚痴を書いたblogです。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
Cinema Trip 【Type-A】
Cinema Trip 【Type-A】 (JUGEMレビュー »)
PASSPO☆
PASSPO☆のニューアルバム。今回もハードなロックを期待してる。今一番の楽曲志向のアイドルグループ。
RECOMMEND
キン肉マン 57 (ジャンプコミックス)
キン肉マン 57 (ジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
ゆでたまご
いよいよ始まったスグルvsネメシス。決戦前夜のウォーズマン、ネプチューンマンのセリフにしみじみ。大人になってこいつらに感動させられるとは思ってもみなかった。
RECOMMEND
禁断のマスカレード【Type-A】
禁断のマスカレード【Type-A】 (JUGEMレビュー »)
predia
prediaの新曲。とにかくカッコイイ。
RECOMMEND
白夜のヴィオラにいだかれて(Type-A)(DVD付)
白夜のヴィオラにいだかれて(Type-A)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
白戸佑輔,栗原暁(Jazzin’park),久保田真悟(Jazzin’park)
prediaの現時点での最新アルバム。前作よりも今作と、ステップアップというのか進化というのか。アイドルものと侮るなかれ。
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

期待のスーパー戦隊シリーズ全ての主題歌を集めたDVD。昭和ライダーはディケイド劇場版のおまけだったから、今度は平成ライダーだけか全ライダーを期待してしまうなぁ…(無理?)
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
超人バロム・1 第11話から第14話
第11話「毒ガス魔人ゲジゲルゲ」
ドルゲが設立したドルゲージ心理学研究所。そこでは心の病を診察するという表向きの理由で人間を集め、ゲジゲルゲの毒ガスによって正気を奪いドルゲのために働く人間を作り出していた。その現場を少女・カオリが見てしまい、カオリが襲われるところを健太郎と猛がバロム・1になって助け出す。しかしカオリは毒ガスを浴びてしまい、2人はカオリを心理学研究所に連れて行くのだが…。

野鳥を狩る二人の男性はなんとなく現代人っぽいけど、それを目撃した少女は…
超人バロム・1 第11話
やたらと勇猛果敢な人と、逃げたい人と対照的。
超人バロム・1 第11話
タイムスリップしてきたのかな?
超人バロム・1 第11話

今回はミスタードルゲは新たにドルゲージ心理学研究所を設立。
超人バロム・1 第11話
70年代特撮ではおなじみのロケ地。
超人バロム・1 第11話
「まぁ、そのようなワケで、目まぐるしい現代の文明に疲れ、心に深ーい傷のある人々を救えればと思い、私が寄付をしてこの心理学研究所ができたワケだが、全てはここの所長であるゲジ博士に任せてあります」
付け髭が怪しすぎる。
超人バロム・1 第11話

全ては作戦の下準備というところか。
「地底の毒ガスを風洞に集める工事にこき使うには、頭脳を破壊して、意志を奪うのが一番だ。そしてあの毒ガスを地上に噴き出せば、地球をドルゲの悪の支配下に置くことができる」
超人バロム・1 第11話

神経ガスを浴びた者は、頭脳が破壊されるが、その描写がただただ笑うだけ。
ただ、後半の描写を見ると、この序盤のシーンは毒ガスを噴出した際のイメージ映像だよね。

吉見村というところにサイクリングに出掛けた猛と健太郎と、松五郎の三人。
偶然に出会った、例の少女もバロム・1とゲジゲルゲの戦闘の中で毒ガスを浴び、記憶を失ってしまう。
超人バロム・1 第11話
後半パートの戦闘では敵の特殊攻撃は効果がないが、前半パートでは案外有効である。
超人バロム・1 第11話
記憶を失った描写がなんだか…

その少女のために訪れたのが、ドルゲージ心理学研究所…という流れ。
超人バロム・1 第11話
早速行列ができている
超人バロム・1 第11話

患者はゲジゲルゲの毒ガスによって意思を奪われるということか

猛と健太郎を前に、ドルゲ側はあっさりと研究所を棄ててしまう。
既に地底のガスを集めきったということなんだろうか?
珍しく、作戦が凄い勢いで進行してたんだな。
とはいえ、バロム・1にあっさりと妨害されてしまうんだけど。

ゲジゲルゲとのカーチェイスでの風景がいかにも開発中という雰囲気で凄く好き。
超人バロム・1 第11話
超人バロム・1 第11話

よく考えたら、毎回のように人間がドルゲに操られたりしてるんだけど、改めて人の意志を奪うような能力って必要だったのかと。

おっと、忘れてた。
超人バロム・1 第11話
ゲジゲルゲ
超人バロム・1 第11話





第12話「魔人キノコルゲはうしろからくる!」
行川アイランドで起こる奇妙な事件。それは、人間が牙を生やして襲うという事件だった。たまたま遊びに来ていた健太郎と猛たちが調査を始めると、キノコルゲによって人々がキノコ人間にされてしまったことを知る。松五郎はキノコ人間を研究所で調べてもらうが、教授もキノコ人間にされてしまった。しかし、偶然弱点を発見したバロム・1は教授を尾行し、キノコルゲのアジトを見つけ出す。

行川アイランドでのタイアップ(ホテルフラミンゴも)。
しかし既に閉園から16年が経過しているというので、寂しい限り。
超人バロム・1 第12話
超人バロム・1 第12話
超人バロム・1 第12話

今回の怪人はキノコルゲ。
超人バロム・1 第12話
股旅物ふうなキャラも印象的だが、「キー」ではなく「キーノー」という叫び声も面白い。
超人バロム・1 第12話

さて、そのキノコルゲだが、人間を次々にキノコ人間にするのが主な役目。
「地底に生えた醜き毒キノコよ。お前は悪のエージェント・キノコルゲとなり、人間どもをドルゲキノコにするのだ。そして地球を悪の支配下に置くのだ」
超人バロム・1 第12話

その作戦の舞台に選んだ行川アイランドに、猛と健太郎(と松五郎)が偶然遊びに来ていたのが運の尽き。

でも、キノコ人間を量産する意味はあったんだろうか?
「昼間はその姿で人目をくらまし、夜は出歩いて仲間を増やす手伝いをするのだ」
超人バロム・1 第12話

とはいうものの、二人目の犠牲者が出るシーン以外ではキノコ人間のまともな出番がほとんどないし、実行しているのはキノコルゲだし、ナレーションだって
超人バロム・1 第12話
「キノコルゲは、次々と漁民、そして行川アイランドの従業員を襲った」
超人バロム・1 第12話

だもんな。
しかしそのキノコ人間に致命的な弱点がある。
「だが、朝の光の射すまでに元の場所に戻り、キノコになっていないと、たちまち溶けてしまうぞ。いいか、地底の毒キノコ菌を植え付けられ、光に弱いことを忘れるなよ。キーノー」
超人バロム・1 第12話

そして第一の犠牲者であるおじいさんが、きのこ研究者を襲撃したシーンで、朝日を浴びでしまい、溶けてしまう。

そしてキノコルゲにも同様の弱点が「奴は強い光に弱いのか」だと。
今の今まで、フツーに昼間に活動していたというのに…?
さらにナレーションまでもが「キノコルゲの弱点は、太陽の光だった」と説明。

さすがにキノコルゲを倒しても溶けてしまったおじいさんだけは復活しなかった。
しかも誰も触れず?

行川アイランドのシーンね。
超人バロム・1 第12話
超人バロム・1 第12話
超人バロム・1 第12話
超人バロム・1 第12話
超人バロム・1 第12話
超人バロム・1 第12話



第13話「魔人タコゲルゲが子供をねらう!」
北山ダムに爆弾を仕掛け、ダムの爆発によって川下の住民を混乱させようと企むタコゲルゲ。しかしダムの警備員を殺したところを少年ツヨシに写真を取られてしまう。ツヨシと知り合った猛と健太郎達は、写真を使ってタコゲルゲをおびき出し、バロム・1に変身してタコゲルゲを倒す。しかしそれはタコゲルゲの罠であり、逆にツヨシたちが人質に取られてしまった。

序盤から人間を素材とするパターンとそうでないパターンがあったけど、もう人間を悪のエージェントにするのは止めたのか。
まぁ、非効率だしな。

今回の怪人はタコゲルゲ。
超人バロム・1 第13話
爆弾をしかけるタコゲルゲ。
超人バロム・1 第13話

今回の作戦は…
「山北ダムをタコ爆弾で爆破するのだ。その流れ出る濁流によって、下流に住む人間どもの家々を押し流し、大混乱を起こすのだ!」
超人バロム・1 第13話

作戦が急激に大味になってるぞ。
これはミスタードルゲ退場との関わりだろうか?

どうも昔の特撮はやたらとダムを攻撃目標とするケースが多いような気がするけど、ダムは何かの象徴なんだろうか?(時代的にダムの建設が頻繁だったとか?)

ダムに爆弾を仕掛けるところを目撃されたタコゲルゲは、目撃者を焼き殺す。
超人バロム・1 第13話
当然、焼かれるのは人形で。
超人バロム・1 第13話

しかし今度はそれを少年に目撃され、挙句に写真を撮られてしまう。
超人バロム・1 第13話
カメラの特定には至らず…
超人バロム・1 第13話


「お前が犯したミスは我々にとって致命傷にもなりかねないほどの大きな失敗」だとして、ドルゲはタコゲルゲに対してその挽回のために、少年の口を封じとバロム・1を倒すことを命じる。

え…っと、元々の作戦ってなんだっけ?と思いつつも、どんどんストーリーは進んで行く。


松五郎の提案により、その写真を利用して怪人をおびき出す作戦を開始する。
超人バロム・1 第13話
超人バロム・1 第13話
超人バロム・1 第13話

街頭でドルゲについて演説する松五郎。
予想通り、黒ずくめの男たちと、殺されたはずの警備員が現れ、写真を破り捨てて去っていく。
超人バロム・1 第13話
読売ランド前駅か?
超人バロム・1 第13話

殺されたはずの警備員を尾行するが、逆に待ち伏せされてしまう。

とはいえ、ここはあっさりバロムクロス。

タコゲルゲは詰めが甘い!と思ったが、やられたフリをして、松五郎と紀子、少年の三人を拉致する作戦だった。
珍しく、ヒーロー側の先を行く作戦が新鮮だ。

危機に陥った猛がタコゲルゲに叫ぶ。
「ちょっとその前にひとつだけ教えてくれ。タコゲルゲ、お前は山北ダムになにをしようとしてるんだ!?」
超人バロム・1 第13話

そしてついにタコゲルゲの口から、ダムに爆弾が仕掛けられたことが明らかになる。
「ダムを破壊するのだ。それも水門に仕掛けたタコ爆弾はあと二分で爆発する」
超人バロム・1 第13話

「あと二分」とは、かなり切羽詰まった状況。
しかし、フツーに展開していく。
「あと五秒」…なげーよ。


猛の家が出てくるんだが…
超人バロム・1 第13話
超人バロム・1 第13話

かなり貧乏な家に見える。
超人バロム・1 第13話
食卓。
超人バロム・1 第13話
電話。壁の表は電話番号一覧か。
超人バロム・1 第13話



第14話「魔人アリゲルゲと13のドルゲ魔人」
宇宙から、ドルゲ菌を積んだカプセルが飛んできた。ドルゲはアリゲルゲにカプセルの回収と、ドルゲ菌を使って東京を死滅させることを命令。アリゲルゲはドルゲ菌の卵を拾った少年を狙うが、バロム・1によって阻止された。そこでアリゲルゲはバロム・1に倒された13の魔人を復活させ、再び挑んできた。アリゲルゲのパンチ返しに「爆弾パンチ」を破られ、バロム・1はピンチに!

「アリババと40人の盗賊」みたいなサブタイトル。
よく判らんが、「一分一秒でもじっとしていられない性分」というアリゲルゲが今回の怪人。
超人バロム・1 第14話
アリゲルゲ
超人バロム・1 第14話

今回の作戦はこうだ。
ドルゲ「宇宙に漂う恐るべきドルゲ菌を積んだカプセルが間もなく地球に到着する。
見よアリゲルゲ。そのカプセルのドルゲ菌を、地上にばらまくのだ」
アリゲルゲ「おぉ、面白い。大変面白い。そのドルゲ菌に触れた人間は狂ってやがて死ぬ。やりましょう、ガキーン」
超人バロム・1 第14話

で、そのカプセルはというと、「地上時間であと5分後に着く」とのことだが、もっと早めに伝えた方がいいんじゃないか?

で、海水浴に来ていた猛と健太郎と松五郎…とお友達。
超人バロム・1 第14話
超人バロム・1 第14話

子供たちが大勢いるが、どういう集まりなんだろうか?
松五郎はバイトか?

案の定、そこにカプセルが落下。
猛と健太郎の友達である徹夫くんがそれを拾い、アリゲルゲから狙われることになる。
超人バロム・1 第14話
自宅前の徹夫くん。この建物、印象的。
超人バロム・1 第14話

ちなみに哲夫くんを演じるのは塩屋翼。wikipediaを見たら、第34話でも別人の役で登場するのな。

サブタイトルにもあるように、これまでの13話分の怪人が再登場する。いわゆる再生怪人だ。
再生怪人の声がテキトーで、怪人それぞれの特徴も関係なくただ戦うだけなのは東映の伝統か。
超人バロム・1 第14話
超人バロム・1 第14話
超人バロム・1 第14話
超人バロム・1 第14話
超人バロム・1 第14話

再生怪人が弱いのも、やっぱり共通。業を煮やしたアリゲルゲが直接参戦するとか、目論見の甘さはいかんともしがたい。
爆弾パンチが効かないアリゲルゲに苦戦するバロム・1は、松五郎によってなんとか危機を脱する。しかしカプセルは奪われ、徹夫も捕えられてしまう。

新たな必殺技を得るため、松五郎の協力のもと、バロム・1は特訓を開始する。
超人バロム・1 第14話
崖の上から岩を投げる。
超人バロム・1 第14話

そして新たな必殺技、必殺爆弾パンチを得る。
超人バロム・1 第14話
超人バロム・1 第14話

youtubeのコメントに「仮面ライダー」の対トカゲロンの再演だというのがあった。「ライダー」側の大雑把なストーリーを見ると、「超人バロム・1」側の中身の薄さが気になるな。

後半のバトルにおいても、再生怪人たちの弱さは凄まじい。
あっという間に爆発。
アリゲルゲも必殺爆弾パンチで倒される。
蟻卵の風船はアリゲルゲが倒されたため、なかったことになってしまうのはいつも通り(地中に沈んで爆発)。


JUGEMテーマ:特撮

スポンサーサイト
- | 02:19 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homegrown.jugem.cc/trackback/1661