HOMEGROWN

読書と特撮と子どものことと、愚痴を書いたblogです。
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
キン肉マン 59 (ジャンプコミックス)
キン肉マン 59 (ジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
ゆでたまご
悪魔将軍ってこんなカッコ良かったっけ?とか「キン肉マン」ってこんな大人な物語だっけ?と思いながら。
RECOMMEND
Cinema Trip 【Type-A】
Cinema Trip 【Type-A】 (JUGEMレビュー »)
PASSPO☆
PASSPO☆のニューアルバム。今回もハードなロックを期待してる。今一番の楽曲志向のアイドルグループ。
RECOMMEND
ヌーベルキュイジーヌ (Type-A)
ヌーベルキュイジーヌ (Type-A) (JUGEMレビュー »)
predia
個人的にはタイトル曲よりもカップリングの方がオススメだけど、どれも「らしい」曲。
RECOMMEND
RECOMMEND
白夜のヴィオラにいだかれて(Type-A)(DVD付)
白夜のヴィオラにいだかれて(Type-A)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
白戸佑輔,栗原暁(Jazzin’park),久保田真悟(Jazzin’park)
prediaの現時点での最新アルバム。前作よりも今作と、ステップアップというのか進化というのか。アイドルものと侮るなかれ。
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

期待のスーパー戦隊シリーズ全ての主題歌を集めたDVD。昭和ライダーはディケイド劇場版のおまけだったから、今度は平成ライダーだけか全ライダーを期待してしまうなぁ…(無理?)
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
超人バロム・1 第29話から第30話
配信はすでに最終回だが…
第29話「魔人ウロコルゲがドルゲ菌をバラまく!!」
隕石となって地球に侵入してきた魔人ウロコルゲ。水道に「ウロコ菌」を混入し、その水を飲んだ人間を凶暴なドルゲ人間に変えようとしていた。バロム・1はウロコルゲの企みを阻止しようとするが、戦いの最中に少女カオルを巻き込んでしまい、重傷を負わせてしまう。松五郎はバロム・1がウロコルゲに勝つところを見せてカオルを励まそうとするが…。

オープニングテーマ終了後に、いきなり挿入されるメッセージに衝撃。
超人バロム・1 第29話
「このドラマにで
 てくるドルゲは
 かくうのもので
 じっさいのひと
 とはかんけいあ
 りません」
超人バロム・1 第29話

内容もさることながら、改行位置が…
文字数で合わせただけだろうけどな。

さて、本編。
校庭の隅かと思われる場所に、犬小屋。
超人バロム・1 第29話
犬小屋に「犬」というのはなかなか味がある。
超人バロム・1 第29話

当時、どれくらいの割合の人がペットを飼ってたか不明だが、古いドラマで、野良犬や野良猫を飼うというストーリーが散見される。
子供にとってペットを飼うということが、ひとつの憧れだった時代なのかもしれない…なんて想像したりする。
超人バロム・1 第29話
超人バロム・1 第29話

カオルちゃん、再登場。
しかもセリフから彼女は「ミス江南小」と呼ばれてることが判る。
つまり、須崎久美江でなにがいけないのか?
そのカオルちゃんが、バロム・1とウロコルゲとの戦いに巻き込まれ、入院してしまうというのが、今回のメインの流れ。
超人バロム・1 第29話
「ノラが死んだ…」といううわごとはなかなか衝撃的。
超人バロム・1 第29話
「絶対安静です」
超人バロム・1 第29話


そもそもはノラへの餌やりの時に隕石の飛来を目撃し、それを(素手で)猛が回収したことが事件の発端。
超人バロム・1 第29話
怖い怖い。
超人バロム・1 第29話

その隕石がウロコルゲだった。
超人バロム・1 第29話
「手始めにこの学校の水に、ウロコ菌を入れてやる」
超人バロム・1 第29話

ドルゲ菌なんだかウロコ菌なんだかを入れた水を飲むと、狂暴化し、人々が争うようになる…というのが作戦なんだけど…

水の異変に気付いたのはいいとしても「よし、この水を国立科学研究所に持ってって分析してもらうんだ」って、小学生が持ち込んだ水をそんなにお気軽に調べてくれるのかね?

今回松五郎はいいとこなし。
大怪我のカオルちゃんを元気づけようとバロム・1の戦いの場へ連れ出し、結果的に容態を悪化させてしまう。

ここ最近、松五郎の物語へのコミット率が低下しているように思える。今回も負の方向への関わり方だし、そのこと自体も物語後半では松五郎自身も一切触れない(後半のビールを関連づけるくらいはしても良かったと思う)。
さらに前回の特訓ではバロム・1の依頼で手伝ったが、今回バロム・1は松五郎抜きで特訓。
まぁ、物語全体を見ると、カオルちゃんの容態悪化は、別になくても良かったエピソードだからな。
怪我からの復帰と、バロム・1の勝利という二つのテーマを実現するために、容態を悪化させる手続きは絶対に必要かというと、そうは思えない。
戦いに巻き込まれた結果の怪我でなくても、病気の子供を勇気づけるというテーマはそれほど珍しいものでもない。

つまり、今回の物語は、バロム・1とカオルちゃんの関係に尽きる。
野良犬(とその死)、隕石、観戦、水…てんこ盛りだったけどね。
超人バロム・1 第29話
「カオルちゃん、すまない。私はウロコルゲに勝てなかった。勝てなかったのだ。どうしても勝てなかった。どうか、許してくれたまえ、カオルちゃん」
「嫌。バロム・1がそんなこと言ってはダメよ。カオルも怪我と戦うわ、バロム・1。だから、だからバロム・1も、戦って」
「カオルちゃん、ありがとう。正義が、悪に負けたら、この社会は、いや、この地球は悪の星になってしまう。私はやる。もう一度やってみる。頑張ってくれ、命の炎を絶やさないでくれたまえ」
超人バロム・1 第29話

フツーならヒーロー側が勇気づけるところを、カオルちゃんにフォローされるとか、珍しいとは思う。

今回気になったポイントは、松五郎が猛の部屋に入り込んだシーン。その背景にあった「ウルトラハンド」なる玩具!
超人バロム・1 第29話
超人バロム・1 第29話

いくつかブログを検索できた。
【新入荷商品】1971年・任天堂【オートマチック・ウルトラスコープ】 USED品 | ☆東京のレトロな生活骨董の店スピカ
任天堂、横井軍平の暇潰しから生まれた『ウルトラハンド』: 暴食と強欲『二つの大罪』
任天堂おもちゃ第1弾「ウルトラハンド」!入社1年目の横井軍平さんはどうやって作ったのか? | レトロゲームズ

バロム・1とカオルちゃん、二人の勝利で幕を閉じる。

第30話「魔人ハサミルゲが待ちぶせて切る!!」
「バケモノガニ」のハサミから作られた魔人ハサミルゲは、何でも切断する巨大バサミと人間を溶かす毒の泡を使って連続殺人を引き起こしていた。ハサミルゲはバロム・1の息の根を止めるために、多摩川に写生に来ていた三谷先生と子供たちを誘拐。人質にとってバロム・1をおびき出そうとしていた。

"蟹"じゃなくて"ハサミ"を名前に入れてくるとか、絶妙のネーミングセンス。
超人バロム・1 第30話
超人バロム・1 第30話

今回はハサミルゲによる連続殺人。
意味や必然性はよく判らないままなんだけど、序盤から泡で人が次々に殺される。
ハサミルゲが人を殺す瞬間に電話のベルの音をバックにサブタイトルへ、という珍しい演出。

さて、事件現場に木戸刑事、白鳥デスクが登場。
二人の会話って久しぶりだと思ったけど、そもそも白鳥デスクが久しぶり(前回は照島ランド以来)
…とここで情報がもたらされる。
超人バロム・1 第30話
白鳥デスク「なんでも近頃、多摩川の近くで怪物が出るという噂があるが、それと関係が?」
木戸刑事「猛たちなら、ドルゲの仕業だと言うだろうがね」
超人バロム・1 第30話

で、その多摩川で写生をしている子供たちが、ドルゲ魔人にさらわれてしまう。
この辺りの展開も、かなり無理があるように思えるけど、まぁ、いいか。

多摩川については、youtubeのコメントに「二ヶ領上河原堰堤」とあったので、調べてみる。
さっちゃんとごんちゃんの二人がドルゲの地下のアジトへの入り口を見つけるんだが、その「二ヶ領上河原堰堤」の近くかと見てみると、どうやら有名なロケ地「船島稲荷神社」だったようだ。
超人バロム・1 第30話
超人バロム・1 第30話

軽く検索したけど、「超人バロム・1」としてこのロケ地に触れているものは見当たらなかったが、川も神社も結構な作品でロケ地となっているようで、いくつものblogがヒットする。

そして子供たちが地下アジトから出ると、いつものロケ地に。
超人バロム・1 第30話
超人バロム・1 第30話

そこは今までのドルゲ魔人の剥製が…
超人バロム・1 第30話
超人バロム・1 第30話

二人がそのドルゲ魔人の名前を言っていくんだけど、登場する子供は視聴者の分身で、メタ発言というよりは、見ている子供たちにとってはリアルなんだってことを示す演出なのかな?
「漫画みたい」とバカにする木戸刑事たちの認識とはズレるけど、物語世界のお約束だよね。

…とはいえ、刑事が現場に出てきてるワケで、物語世界でも事件として扱われる。
超人バロム・1 第30話
「横中首ナシ殺人事件 特別捜査…」(末尾は確認できず)
超人バロム・1 第30話

珍しく、刑事と記者の描写がある。
「ただ全国民の皆様に、くれぐれも謎のシャボン玉には気を付けてくださいと、こう書いてください」
超人バロム・1 第30話

残り5話ということもあってか、置き去りにされていた設定を、今更のようにクローズアップ?

子供たちを救おうと奮闘した三谷先生だったが、かえって足手まといになるのは定番の展開。
しかし最後は彼女によって勝利がもたらされる。
超人バロム・1 第30話
「あたしは、子供たちを助けたいばっかりに、ドルゲ魔人の言うことを聞いてしまったわ」
「いや違う、三谷先生。あなたがいなければ、子供たちの命は助からなかったんです」
超人バロム・1 第30話


序盤の、ハサミルゲによる最初の殺人の現場だが…
超人バロム・1 第30話
超人バロム・1 第30話
超人バロム・1 第30話
超人バロム・1 第30話

家が全然ない。
もうすぐ建つのかな?
こういう風景も昔の作品ならではだと。


JUGEMテーマ:特撮



スポンサーサイト
- | 00:04 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homegrown.jugem.cc/trackback/1667