HOMEGROWN

読書と特撮と子どものことと、愚痴を書いたblogです。
<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
Ray(初回限定盤)(DVD付)
Ray(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
Takahiro Hokyo,Konnie Aoki,Koji Hirachi
個人的に今一番キてるグループ。付属のDVDでライブを丸ごと体験して欲しい。
RECOMMEND
ファビュラス(Type-A)
ファビュラス(Type-A) (JUGEMレビュー »)
predia
各メンバーのパートも増え、バラエティ豊かになったが、やっぱり湊&村上コンビが一番イイね。
RECOMMEND
Cinema Trip 【Type-A】
Cinema Trip 【Type-A】 (JUGEMレビュー »)
PASSPO☆
解散は残念だが、彼女たちの残した曲は永遠です…
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

ゴーカイジャーより後の戦隊の分や、ライダーシリーズでも実現して欲しいな。特にライダーはディケイドのおまけでやっつけ仕事だったから特に。
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
超人バロム・1 第31話
第31話「魔人カミゲルゲは悪魔をつくる!!」
カミゲルゲに「悪魔の毛」を植えつけられたものは、自分の意思を失い、一番好きだったものを殺してしまう。健太郎と猛の同級生がカミゲルゲの標的にされ、悪魔の毛を植えつけられてしまった。愛する先生を殺そうとする同級生に対して、健太郎と猛は先生の家で待ち構えようとするが、先生に追い出されてしまった。

髪の毛をモチーフにした場合に、どこをどう考えたらこのデザインになるのか、デザイナーに問い質したい。
超人バロム・1 第31話
超人バロム・1 第31話

今回の主人公は、井上先生のことがお気に入りの田村財閥のお坊ちゃま賢治くん。
お金持ちで先生にべったりの賢治くんが面白くない猛と健太郎に、諭すように語る井上先生。
超人バロム・1 第31話
「人間全てが幸せとは限らないのよ。賢治くんはお母さまが亡くなられて独りぼっちなのよ」
超人バロム・1 第31話

うん、なにか違うぞ。
今回の作戦は、ドルゲとの会話から…
「カミゲルゲよ、地球上の子供を殺人鬼にせんとする、殺人鬼計画は進んでいるか?」
「はい、ドルゲ様。私の髪を植えれば、たちまち殺人鬼となり、いままで一番愛していた人間を殺すようになるのです」
超人バロム・1 第31話

…ということらしい。
母親じゃなくて先生を「愛するもの」にする必然性というと、猛と健太郎を関わらせるためだろうか。

さて、先に引用したドルゲとカミゲルゲとの会話、そして木戸刑事の発言からすると、賢治くん以外にもカミゲルゲによってさらわれた子供が多数いそうだが、特に殺人事件などは起きていない様子。
殺人鬼化は賢治くんが第一号だということで。

さて、ドルゲ魔人によって連れ去られた賢治くんだが、あっさりと帰宅。
賢治くんは既に殺人鬼にされており、愛犬アスターを自ら手にかけたりと、変貌を遂げている。
超人バロム・1 第31話
愛犬を殺しつつも、まだ人間の心が残っており、自らの行いに涙する。
超人バロム・1 第31話

そんな賢治くんに違和感を覚える健太郎だが、違和感があっさり確信に変わる。
超人バロム・1 第31話
超人バロム・1 第31話

まさかとは思うが、いきなりカミゲルゲが登場!
まぁ、秘密裏に行動することなんて怪人にはできないからな。
これでドルゲ魔人と賢治くんの件が結びつく(時短効果)。

ところで、バイオリンを弾く賢治くんを見て先生が発した「本当にお上手ですこと」という一言からの先生と父親の会話に違和感。
超人バロム・1 第31話
「これもみんな先生のお陰ですよ」
「いいえ、賢治くんが一所懸命にお稽古したからですわ」
「いやいや、私には判っとるんですよ。この子は母親に死なれてからというもの、先生を母親のように慕ってるんですからね」
超人バロム・1 第31話

それに対して「マァ」と笑う先生は、バイオリンの先生なのか?

さて、ついにナイフを振りかざし、先生を追い詰める賢治くん。
そしてバロム・1の登場!
超人バロム・1 第31話
超人バロム・1 第31話


あとはいつもどおり。
賢治くんを連れ去るものの、盾にしたりしないところを見ると、カミゲルゲも案外真っ当な怪人だったか、自らの能力を過信するタイプだったか…


JUGEMテーマ:特撮



スポンサーサイト
- | 00:41 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homegrown.jugem.cc/trackback/1668