HOMEGROWN

以前は色々とあったけど、最近はyoutubeで特撮見た話ばっかりです。
<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
キン肉マン「超人」 (学研の図鑑)
キン肉マン「超人」 (学研の図鑑) (JUGEMレビュー »)

真面目な図鑑を出すという発想を見てなんとなく、現代に必要なのはケイブンシャであると思った次第。
RECOMMEND
CLARITY (初回限定盤)(ダウンロード・ストリーミングアクセスコード付カード 封入)
CLARITY (初回限定盤)(ダウンロード・ストリーミングアクセスコード付カード 封入) (JUGEMレビュー »)
PassCode
PassCodeの新作。限定盤はDVDじゃなくてダウンロードなんだよね。
RECOMMEND
ファビュラス(Type-A)
ファビュラス(Type-A) (JUGEMレビュー »)
predia
アルバムとしては現時点で最新。かつ10人としてはラスト。
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

ゴーカイジャーより後の戦隊の分や、ライダーシリーズでも実現して欲しいな。特にライダーはディケイドのおまけでやっつけ仕事だったから特に。
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
仮面ライダー 第9話、第10話

第9話「恐怖コブラ男」
金の保管庫を襲撃したコブラ男は、ガードマン・近藤の飼い犬に吼えられ、キバを落としてしまった。キバを求めるコブラ男は近藤を襲撃、近藤の息子・武彦も人質に取られてしまったことで、本郷もショッカーの手に落ちてしまう。本郷に再度の脳改造の危機が迫る。だがその時、本郷を追って立花藤兵衛が現れた。

コブラ男。
仮面ライダー 第9話
やっぱ目が露出してるのは怖い。
仮面ライダー 第9話

首領からキバ(入れ歯)を受け取ったから噛みつくタイプなのかと思ったが、右腕の蛇からガスらしきものを噴出させるという怪人だった。
キバから出た成分が体内をめぐりながら何でも溶かすガスを作り出すというのは、説明としては理解できなくもないが、最初から体内にキバと同じ機能を持たせておけよと思う。
この後の展開のためには、キバが後付けでなければならないんだが…

さて、そのコブラ男の使命は、世界中から金を奪うこと。
最初のターゲットは「大蔵省金保管所」だ。
仮面ライダー 第9話
ロケ地、どこだろうな?
仮面ライダー 第9話

面白いのは、警備員の住居がどうやら金保管所の敷地内にあるようだということ。
仮面ライダー 第9話
玄関すぐ横に台所があり、このすぐ手前に布団を敷いて息子が寝ている。
六畳一間で風呂なし?
仮面ライダー 第9話

制服のまま帰宅する。帰宅までの描写がない。犬が金庫の異変(もしくは怪人の出現)を察知したんだとすると、それほど遠くないのではないか…この辺りが根拠。
やっぱりこういう日常を感じさせる描写やセットというのは、興味深いんだけど、なかなか現実の風景と比較する機会がないからね。

警備員が帰宅したタイミングで、コブラ男が金庫に侵入。
そして例の警備員の息子の犬が、ギリギリのところでコブラ男から金塊を守る。。
しかしこのコブラ男、犬が嫌いなのか、苦手なのか、大切なキバを落としてしまうという大失態!

今回、アミーゴのシーンで、ルリ子から本郷がロケットを受け取るシーンがある。
仮面ライダー 第9話
仮面ライダー 第9話

「猫の鈴」とおやっさんが言うとおり、発信器になっている。おやっさんはそれを使って捕えられた本郷と少年を救出する。
で、その受信機が…
仮面ライダー 第9話
方位磁針!?
仮面ライダー 第9話

前回のナチスの鉄箱といい、今回も本郷がとっさについた「キバは壊して捨てた」というウソを真に受けてしまうショッカー怪人な。


第10話「よみがえるコブラ男」
ショッカーの協力者である綾小路生物研究所の綾小路律子は、「動物買います」という広告で動物の血を集め、さらには動物を持ち込む人々を捕らえていた。犬を失って悲しむ少年から事件を知った本郷は、綾小路研究所へ急行する。一方、コブラ男は、用済みとなった律子を始末し、研究所の金を狙って暗躍を始める。

事実上の前後編か。
特に自己紹介もなく登場する女性。
仮面ライダー 第10話
幹部かと思ったら、協力者という立場なのね。
仮面ライダー 第10話

彼女は綾小路生物研究所の綾小路律子。
生物研究所で、ショッカー怪人を復活させるというのもなかなか凄い話だが、復活のついでに火炎放射という新たな技(武器?)を与えている。
最終的には用済みとして殺されてしまうが、その技術力は半端ないんで、ショッカーもその技術を取り入れたら良かったんじゃないかと。

さてその復活したコブラ男だが喋らない。
仮面ライダー 第10話
復活したコブラ男。
仮面ライダー 第10話

この頃の特撮なんかじゃ、よくあるパターンだと思うけど、実際はどうだろう?
例えばスーパー戦隊シリーズの初期作品でも、一度倒されて巨大化した怪人がしゃべらなくなるとか、そういうのってよくあったけど、あれは何か意味があったのかね?
面倒なだけ?

溶解液(ガス?)から火炎放射に変わって、強くなったのかというと、やっぱりダメで。
刑事を処刑できないばかりか、ライダーとのバトルの中で綾小路律子の顔に火傷を負わせてしまうという…

ライダー介入の切っ掛けがとおるくんの犬が行方不明になったということ。
その一方で、失踪事件が多発しているようで、とおるくんの父が刑事でその失踪事件を追っている。
仮面ライダー 第10話
父である古賀刑事を演じるのは奥村公延。
仮面ライダー 第10話

今回のとおるくんも、母親の姿が一切ない。前回の武彦くん同様説明はないが、当然父子家庭と断定する材料はゼロだ。

設定上、未だショッカーの存在は明るみになっているわけではなく、本郷が古賀刑事に「本当のこと」を継げても、当然信じてもらえない。
番組の最後でも古賀刑事は知らないまま。

ここで古賀刑事がレギュラーになったりすると面白かったかもしれない。


JUGEMテーマ:特撮



スポンサーサイト
- | 01:10 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homegrown.jugem.cc/trackback/1690