HOMEGROWN

読書と特撮と子どものことと、愚痴を書いたblogです。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
Ray(初回限定盤)(DVD付)
Ray(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
Takahiro Hokyo,Konnie Aoki,Koji Hirachi
個人的に今一番キてるグループ。付属のDVDでライブを丸ごと体験して欲しい。
RECOMMEND
ファビュラス(Type-A)
ファビュラス(Type-A) (JUGEMレビュー »)
predia
各メンバーのパートも増え、バラエティ豊かになったが、やっぱり湊&村上コンビが一番イイね。
RECOMMEND
Cinema Trip 【Type-A】
Cinema Trip 【Type-A】 (JUGEMレビュー »)
PASSPO☆
解散は残念だが、彼女たちの残した曲は永遠です…
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

ゴーカイジャーより後の戦隊の分や、ライダーシリーズでも実現して欲しいな。特にライダーはディケイドのおまけでやっつけ仕事だったから特に。
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
仮面ライダー 第22話、第23話

第22話「怪魚人アマゾニア」
水泳選手が仲間の目の前で忽然と姿を消し、海で泳ぐ青年も出現した怪人に連れ去られてしまった。全てはショッカーの怪人アマゾニアの仕業で、日本近海の海底にあるウラニウムの鉱脈を掘る計画のため、屈強な人間をさらっていたのだ。一方、滝とFBIの仲間は海底の怪電波を調査、その中で兄をさらわれた少女と出会う。

東映特撮伝統の水着回。
ダイビングだけど、太もも丸出しなのは、視聴者サービス?な「FBIでも相当の腕利き」の女性捜査官、エリナ杉崎(水木正子)が登場。
仮面ライダー 第22話
仮面ライダー 第22話
残念ながら腕利きには見えないがな。
仮面ライダー 第22話



そしてどこかで見たぞ!な子役は「超人バロム・1」の須崎久美江を演じた斉藤浩子。
仮面ライダー 第22話
仮面ライダー 第22話

仕上げは、レーシングクラブの女性陣。
仮面ライダー 第22話
島田陽子がまぶしい!
仮面ライダー 第22話

そして山本リンダが無駄にセクシー。
仮面ライダー 第22話
仮面ライダー 第22話

しかし、レーシングクラブでFBI捜査官を交えて作戦会議というのは、なんだか不思議な絵だな。
仮面ライダー 第22話
仮面ライダー 第22話

よく判らんのだけど、やたらと一文字って単独行動を好むよね?
これ、なにか理由でもあるのかね?
スケジュール的なこととか?

今回の舞台は、伊豆海洋公園。
仮面ライダー 第22話
見た事あるぞ!
仮面ライダー 第22話

このつり橋は「半四郎落とし」かな?
「超人バロム・1」でも出てきたところだな(第17話)。
…で、今回のショッカーの作戦って、なんだっけ?
仮面ライダー 第22話
仮面ライダー 第22話
恐るべき悪の組織ショッカーは、密かに日本近海の海底にあるウラニウムの大宝庫に目を付け、海底工場建設の計画を立てた。この計画を、ショッカーは507計画と呼んでいた。
仮面ライダー 第22話

その建設のために水泳選手などを連れ去り、作業員に改造していた。しかしながら海底での作業のため、作業員の疲労が激しいく、次々に改造手術の候補となる人間を連れ去ろうとしていた…というお話。
定番の伊豆ロケ、水着回といった目玉に加えて、ライダー対アマゾニアの水中戦など、挑戦的な絵作りはなかなか面白い。しかしはっきり言えば、ショッカーの作戦が弱いな。周りの装飾が派手なだけに、物語の根幹が疎かになってるというのか。
仮面ライダー 第22話
アマゾニアを忘れてたぜ。
仮面ライダー 第23話



第23話「空飛ぶ怪人ムササビードル」
ショッカーは大隈博士が開発した新型液体燃料を狙って怪人ムササビードルを誕生させた。北海道を訪れていた滝はその計画を知り、さらに滝を追ってきた一文字がムササビードルと対決。奪われた液体燃料を取り戻した。燃料がショッカーに狙われている事を知った大隈博士は燃料の分解を決意するが……。

まず今回の話での一番のツッコミどころは「また北海道かよ」ってところか?
製作順序としては前回の北海道編の次の撮影となるが、この間隔をあける意味はなんだろう? 勿論、一部のキャラクターが遅れて東京から北海道に入るという描写があるので、その辺りの整合性だろうけど、微妙な話数の開きが違和感となっている。
ちなみに次回のキノコモルグの話は第15話の後の撮影のようだし、この順番の変更はどういう意図があるんだろう?

今回のショッカーのターゲットは協力な液体燃料。
その奪取を命じられたのはムササビードル。
仮面ライダー 第23話
微妙にカワイイのが…
仮面ライダー 第23話

登場シーンが改造手術後の目覚めのシーンであるのが、ショッカー怪人はライダーと同様に改造人間であることを思い出させる。

で、北海道旅行のメンバーだが、滝にユリに五郎という三人。
仮面ライダー 第23話
仮面ライダー 第23話
家族なの?
仮面ライダー 第23話

特に三人である理由は言及されないが、そもそもの北海道行きについてはひろみが「なんでもFBIの指令だって」と説明している。
この観光地巡りになんの意味があるのか不明だが、そこでムササビードルの動きをキャッチしたので、一応成果は上がったといえるが、完全に偶然の産物。

どこか愛らしい顔つきのムササビードル。その必殺技は「スリップストリーム」だ。
スリップストリーム現象。
ムササビードルが、超スピードでこの男の頭上を通過した際、男の身体は一瞬の真空状態に巻き込まれ、内臓が破裂する。
仮面ライダー 第23話

と、ナレーションで説明がされる。
仮面ライダー 第23話
ムササビードルが人間の頭上を通過するとこのグルグルが現れて、死んでしまう。
こういう表現って面白くて好き。
仮面ライダー 第23話

そして各所で語られてると思うが、ムササビードルが案外いい奴。
人質として捕えたマリ、ユリ、五郎を約束通り解放してしまう(それがきっかけで敗北するんだが)。
律儀に約束を守る敵怪人も珍しいと思うわ。


JUGEMテーマ:特撮


スポンサーサイト
- | 00:06 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homegrown.jugem.cc/trackback/1699