HOMEGROWN

読書と特撮と子どものことと、愚痴を書いたblogです。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
キン肉マン「超人」 (学研の図鑑)
キン肉マン「超人」 (学研の図鑑) (JUGEMレビュー »)

真面目な図鑑を出すという発想を見てなんとなく、現代に必要なのはケイブンシャであると思った次第。
RECOMMEND
CLARITY (初回限定盤)(ダウンロード・ストリーミングアクセスコード付カード 封入)
CLARITY (初回限定盤)(ダウンロード・ストリーミングアクセスコード付カード 封入) (JUGEMレビュー »)
PassCode
PassCodeの新作。限定盤はDVDじゃなくてダウンロードなんだよね。
RECOMMEND
ファビュラス(Type-A)
ファビュラス(Type-A) (JUGEMレビュー »)
predia
アルバムとしては現時点で最新。かつ10人としてはラスト。
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

ゴーカイジャーより後の戦隊の分や、ライダーシリーズでも実現して欲しいな。特にライダーはディケイドのおまけでやっつけ仕事だったから特に。
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
仮面ライダー 第92話から第94話 つまりはショッカーライダー三部作
第92話「兇悪! にせ仮面ライダー」
仮面ライダーはムカデタイガーと相打ちになり行方不明に。そのころ、ゲルショッカーの活動を妨害し続けてきたアンチショッカー同盟が、ゲルショッカー首領の正体を突き止めた。海外から送られてくるデータを仮面ライダーに運んでほしいと、アンチショッカー同盟は少年ライダー隊にコンタクトを取ってきたのだが……。

一時的な藤岡弘、の不在により、姿かたちは同じでも声の違うライダーを本郷猛の変身した姿として認識させられていた。しかしここで姿かたちは微妙に違う(手袋やマフラーの色)けど声が同じという「にせライダー」の登場は、今まで以上に「本物」じゃないかとか考えたり。

さて、ここで新たに登場する「アンチショッカー同盟」だ。
ショッカー、もしくはゲルショッカーの被害者(もしくは被害者家族)によって構成されている。
そのアンチショッカー同盟のコンピュータが首領の正体を解析したという情報をゲルショッカーが入手する…という面倒な導入。

そしてそのアンチショッカー同盟はライダー隊に接触して、その首領の正体を収めたテープの運搬を依頼してきた。
「下田のホテルまさき406号室に私がいしがみちえの名で泊まっております」
仮面ライダー 第92話

仮面ライダーは前回第91話のラストでムカデタイガーとともに爆発し、生死不明のまま。
そのことをおやっさんは言い出せないまま、引き受けてしまう。

そこに現れる仮面ライダー。
「どこに行くつもりだ?」
「伊豆の爪木埼灯台だ」
仮面ライダー 第92話

ライダーの姿で突然登場しても普段は受け入れてしあうライダー視聴者でも、やはり黄色い手袋やマフラーは相当な違和感ではないかと思う。

「爪木埼灯台」って聞いただけでは字が全然判らなくて、爪木埼灯台のサイトがあって、助かった。
爪木埼灯台 | 恋する灯台プロジェクト 公式サイト

この流れで僕が気になるのは「ホテルまさき」だ。
とりあえず検索してみると「ホテルまさき」は「なぎさホテル」と名を変え、既に閉館との情報が出てくる。
検索でヒットした住所をもとにGoogleマップを開いたら、すき家になってた。

第93話「8人の仮面ライダー」
仮面ライダー1号は、ショッカーライダーと怪人ハエトリバチに追い詰められ、ハエトリバチとともに海に沈んでしまった。ショッカーライダーとエイドクガーは、アンチショッカー同盟に殺人音波を入れたニセのデータを与えることに。だが、本物のデータは南米から帰還した一文字隼人が持っていたのだ。

再登場した本郷猛/仮面ライダーだったが、ハエトリバチとともに海に消えた。
そしてにせライダーは滝とおやっさんに、ニセモノのテープを渡すことに成功する。

本物のテープを手にしたゲルショッカーはさっそくテープを解析するが、そこに収められていたのは本物のテープが改めて運ばれるということ…というなんとも面倒な展開。

そしてその本物のテープを運んできたのは…一文字隼人!
一旦は奪われたテープを取り返した一文字はライダー隊本部へ急ぐ。
しかし本部を襲うショッカーライダー2号とエイドクガーに復活した本郷猛は敗れ、ライダー隊メンバーが拉致されてしまう。

人質を返すための交換条件は、当然、アンチショッカー同盟の持つテープ。
しかし同盟としてはテープを渡すワケにはいかない。
ここ、凄く大切なシーンなんだが、この後であっさりと石神千恵がテープを手渡してしまうんだよね。
展開上、必要な流れなんだけど、あまりにあっさりなんだよね。
正直、ここまででアンチショッカー同盟の組織としての規模が全然感じられない。テープの面倒なやり取りから、日本に来ている五人のメンバー以外にもいそうな雰囲気だが、テープの処遇に関してはこの五人だけで決めたようにも見えるし…

テープを持った本郷、一文字、滝の三人が指定された場所に向かう。
6体のショッカーライダーと二人のライダーの姿はなかなか壮観だ。
期待感を抱かせつつ、「つづく」だ。


第94話「ゲルショッカー 首領の正体!!」
アンチショッカー同盟の援護で危機を脱したダブルライダーは、エイドクガーを捕虜にした。そしてショッカーライダーを倒すため、藤兵衛の指導の下で特訓を開始する。一方、エイドクガーが発する電波をキャッチしたゲルショッカーは、ナメクジキノコをアンチショッカー同盟の木暮に乗り移らせ、エイドクガーを脱出させる。

色とりどりのマフラーが面白いな。
市川治の声のショッカーライダー2がリーダーっぽく見えるのは、なんらかの刷り込みだろうか。

エイドクガーを捕らえテープも奪還し、ライダー隊は一旦退却。
千恵が実質的に同盟を裏切ってライダー隊に協力した形だが、人質もテープも戻ったのでなかったことになってるのかな?

テープの解析だが、前回ショッカーライダーによってアンチショッカー同盟のコンピュータが壊されたため、翌日になるという。
その間になにをするのかというと…
「ショッカーライダー個々の能力はお前たちと対等だ。おまけに怪人特有の特殊能力を持つ相手だ」
仮面ライダー 第94話

と、久しぶりに特訓が開始される。

アンチショッカー同盟の木暮も、その家族をゲルショッカーに殺されている。
「ショッカーのために無残に殺されたお前たち。やっと私の長い旅も終わろうとしている。首領の正体さえ判れば」
仮面ライダー 第94話

家族の写真を見つめる彼が、ナメクジキノコに身体を乗っ取られてしまう展開は、ただただ悲しい。
他の同盟メンバーも戦闘員に身体を乗っ取られてしまう。
もうね、悲しい結末しか見えてこないよね(少なくともアンチショッカー同盟にとっては)。

さて、いよいよテープの解析が始まる。
そして得られた情報はというと…
「ゲルショッカー首領は日本にいる。その位置は北東70度。距離120キロ」
仮面ライダー 第94話

そこは筑波山の近く。

…いや、そういうことじゃなく、正体が語られるのではなかった?

誰も疑問に思わないまま、筑波山へ向かう一行。
しかしそれは罠だった。

そりゃそうだ。

既に視聴者にも判ってる通り、アンチショッカー同盟のメンバーは千恵を除き全員(といっても四人)がゲルショッカーに乗っ取られてしまっている。当然、そこに嘘の情報を紛れ込ませるなど…

ラストはショッカーライダーとのバトルで締めくくり。
仮面ライダー 第94話
やっぱり同時変身は燃える
仮面ライダー 第94話
仮面ライダー 第94話

特訓の成果が出た格好だけど、まぁ…なんだ…

アンチショッカー同盟は千恵だけになってしまったとセリフがあるが、海外のメンバーも全滅したのか?

結局、テープの中身は明かされないまま…

ショッカーライダー自体は良かったが、テープ争奪がグダグダになってしまったので、最終的にショッカーライダーもテキトーに処理されてしまったようにも見えるのが残念。

既にyoutubeでは「V3」が始まっているので、早々にケリをつけなくては。


JUGEMテーマ:特撮


スポンサーサイト
- | 08:03 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homegrown.jugem.cc/trackback/1729