HOMEGROWN

以前は色々とあったけど、最近はyoutubeで特撮見た話ばっかりです。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
キン肉マン「超人」 (学研の図鑑)
キン肉マン「超人」 (学研の図鑑) (JUGEMレビュー »)

真面目な図鑑を出すという発想を見てなんとなく、現代に必要なのはケイブンシャであると思った次第。
RECOMMEND
CLARITY (初回限定盤)(ダウンロード・ストリーミングアクセスコード付カード 封入)
CLARITY (初回限定盤)(ダウンロード・ストリーミングアクセスコード付カード 封入) (JUGEMレビュー »)
PassCode
PassCodeの新作。限定盤はDVDじゃなくてダウンロードなんだよね。
RECOMMEND
ファビュラス(Type-A)
ファビュラス(Type-A) (JUGEMレビュー »)
predia
アルバムとしては現時点で最新。かつ10人としてはラスト。
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

ゴーカイジャーより後の戦隊の分や、ライダーシリーズでも実現して欲しいな。特にライダーはディケイドのおまけでやっつけ仕事だったから特に。
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
仮面ライダー 第95話、第96話 … 息抜きだよね、この二話。
第95話「怪人ガラオックスの空とぶ自動車!!」
ゲルショッカーのガラオックスは物質を宙に浮かせる悪魔の霧を使い、自動車を襲った。宙から落とされた男を救った本郷は、男がなぜ空から落ちてきたのか疑問を抱く。一方、ゲルショッカーは本郷が救った男を拉致。ゲルショッカーを追跡するライダーは、ガラオックスの悪魔の霧にやられ、車ごと宙に持ち上げられてしまった!

空から若者が転落。そこを偶然通りがかる本郷と滝…って、いきなり強引な展開。
怪現象とライダー隊を結びつける出来事ということか。
その後、別の場所で空から車が降ってきたとの知らせが。そこで本郷が助けた若者が、その車の持ち主であると判明する。
前回までの首領の正体をめぐってアンチショッカー同盟やショッカーライダーとのストーリーがなかったかのように、フツーのエピソードをぶち込んでくるあたり、非常に「らしい」ね。

今回の改造人間、ガラオックス。
仮面ライダー 第95話
仮面ライダー 第95話

オックスは判るけど「ガラ」ってなんだよ?と思ったら、人食いカラスだとはなぁ…
見た目に違和感があるように感じるのは、目が異常に大きいせいだろうか。ライダーの怪人っぽくないというのか…

どんなものでも宙に浮かせてしまうというガラオックスの悪魔の霧。
罠にはまったライダーは、空高く浮かんだ救急車とともに地面にたたきつけられ…

最近、死んだと思わせておいて、という展開多くないか?

もはや本郷は死んだものと思い込んだおやっさんと滝は、偽の情報を流して、ゲルショッカーをおびき寄せようと考える。
「こちら少年ライダー隊本部。重病人が発生。名前は本郷猛。至急手術の用意を頼む」
仮面ライダー 第95話

作戦は詰めが甘く失敗に終わるが、広い場所で作戦を決行したことで、ガラオックスの悪魔の霧が使えなくなるという思わぬ効果をもたらした。
生きていたライダーの登場で、あっさりと勝利。

「死んだなら死んだで、電話くらいよこせ!」とキレるおやっさんがいいね。
まぁ、特筆すべき点もあまりない、フツーの回だった。




第96話「本郷猛 サボテン怪人にされる!?」
ゲルショッカーはサボテン研究科の松田博士をサボテンバットに改造。サボテンバットは地球平和委員会のメンバーを襲うと、腕のトゲを使って人々をサボテンに変えていく。事件を知った本郷はサボテンバットと対決。一方、少年ライダー隊に送られたサボテンによって、藤兵衛の腕がサボテンに変えられてしまった。

サボテン研究の松田博士をサボテンバットに改造するんだが、改造人間の素材には、若者の方がいいんじゃないか?と思う程度にお年を召されている。
仮面ライダー 第96話
サボテン博士
仮面ライダー 第96話
サボテンバット
仮面ライダー 第96話

サボテンバットは地球平和科学者委員会のメンバーを次々にサボテンに変えていく。

サボテンに変えられた人物の息子が、慌てたのかカーテンを「開ける」のではなく「めくる」という行動に度肝を抜かれる。
仮面ライダー 第96話
仮面ライダー 第96話

この息子さん本郷の知り合いらしい。

今回の作戦は人間総サボテン化計画。
「日本中をサボテンで埋め尽くして、砂漠にしてしまうのだ!」とブラック将軍。
別にサボテンのせいで砂漠になってしまうワケでもなかろうに。

それにしても、サボテンバット独りで日本中の人間をサボテンにしようというのだろうか?
非効率極まりない。
「仮面ライダー、お前などと戦ってる暇はないのだ」とか言うし、繁忙期よね。

知らない人からもらったサボテンに刺され、おやっさんは左手がサボテン化。
そんな頃にもサボテンバットはせっせとサボテン化計画を実行。
偶然遭遇したライダーに一度は敗北するものの、再び計画の実行に移る。
街でサボテンを売り歩き、そこからことごとくサボテンバットが現れるとか、過労死レベルの働きじゃなかろうか。
仮面ライダー 第96話
サボテン販売。
仮面ライダー 第96話
こんなふうに一人で歩いているところで姿を現し、サボテンに変える。
仮面ライダー 第96話

例えば、サボテン間を行き来出来るんだとしても、一人で担当するには厳しい作戦だ。

そんな負荷かかりまくりのサボテンバットの残念さは、ワクチン作りの場に現れ器材を荒らして去ったのはいいが、結果的にワクチンが誕生するきっかけになってしまったことだろう。

普通のライダーキックでサボテンバットが松田博士に戻るとはな…


JUGEMテーマ:特撮

スポンサーサイト
- | 22:51 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homegrown.jugem.cc/trackback/1730