HOMEGROWN

以前は色々とあったけど、最近はyoutubeで特撮見た話ばっかりです。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
キン肉マン「超人」 (学研の図鑑)
キン肉マン「超人」 (学研の図鑑) (JUGEMレビュー »)

真面目な図鑑を出すという発想を見てなんとなく、現代に必要なのはケイブンシャであると思った次第。
RECOMMEND
CLARITY (初回限定盤)(ダウンロード・ストリーミングアクセスコード付カード 封入)
CLARITY (初回限定盤)(ダウンロード・ストリーミングアクセスコード付カード 封入) (JUGEMレビュー »)
PassCode
PassCodeの新作。限定盤はDVDじゃなくてダウンロードなんだよね。
RECOMMEND
ファビュラス(Type-A)
ファビュラス(Type-A) (JUGEMレビュー »)
predia
アルバムとしては現時点で最新。かつ10人としてはラスト。
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

ゴーカイジャーより後の戦隊の分や、ライダーシリーズでも実現して欲しいな。特にライダーはディケイドのおまけでやっつけ仕事だったから特に。
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
仮面ライダーV3 第13話、第14話
意気揚々と始めたものの、さっそく第15話、第16話を見逃すという失態。
第13話「恐怖の大幹部 ドクトル・ゲー!?」
デストロンの怪人・ジシャクイノシシの作戦は、車の破壊からさらに新幹線破壊へとエスカレート。だが、デストロンの狙いは他にあったのだ。その名はG(ゲー)作戦。ついにデストロンの大幹部、ドクトルG(ゲー)の登場だ。

終盤に至るまで、ドクトルGというよりはイノシシ男の伝説にまつわるストーリー…でもないか。

イノシシ男の写真を撮るんだという吉村秀夫。
仮面ライダーV3 第13話
「江戸時代からの資料によると、今年の春は30年ぶりにイノシシ男の現れる年なんです」
仮面ライダーV3 第13話

…と言いつつ、彼はイノシシ男を撮影することで大学の研究室の仲間を見返したいようだ。
しかしイノシシ男を目撃した後に姿を消し、一緒にいた女性、陽子は村の診療所に運び込まれる。
現地の隊員から知らせを受けて、現地に向かう風見。吉村は彼の後輩だという。

このイノシシ男というのが今回の怪人ジシャクイノシシなんだが、どうも話がよく判らない。
仮面ライダーV3 第13話
仮面ライダーV3 第13話

そもそもこのジシャクイノシシは、なぜこの牙ヶ岳にいたのか?
中村文弥、中屋敷鉄也、岡田勝といういわゆる「中の人」たちによる村人のセリフによると…
仮面ライダーV3 第13話
「毎年、元気のええ若い者が来て、イノシシ男を探検に来ては、行方不明になってるだ」
仮面ライダーV3 第13話

イノシシ男の伝説によってかえって人が近づいてしまっている。
これじゃ静かに実験というワケにもいかないだろうに。

さて、そのイノシシ男だが、どうやら姿を見た者を殺しにくるという。
つまりこれで風見と陽子が接点を持ち、結果的にジシャクイノシシの存在をしることになる。

さて、このイノシシ男…ではなく、ジシャクイノシシの目的は、腕の強力な磁石で新幹線を襲うというもの。
そのためのテストケースとして、山中で奥村公延が運転する車を持ち上げたりするんだが、それとてこの牙ヶ岳にいることの説明としては弱いな。
仮面ライダーV3 第13話
わざわざこれだけのためにチョイスする人材じゃないだろ?と思うけど
仮面ライダーV3 第13話

さて、物語序盤でイノシシ男を追って姿を消した吉村だが、その後に登場するのはジシャクイノシシが化けた姿。
風見は「本当の吉村秀夫は、まだ牙ヶ岳にいるはずだ」と語っているが、その後のフォロー一切なし。
本当に生きているのかどうかも判らないままだし、なんならその後のドクトルGの登場で全てが吹き飛んでしまった。

ジシャクイノシシとの最初の戦いで逆タイフーンを使ったために、風見は3時間経過しないと変身することが出来なくなってしまう。
ジシャクイノシシとの再戦で変身が出来なかったシーンで、ナレーターがいきなり説明を始める。
まだ3時間は経っていない。志郎がV3に変身できるのはあと一分後なのだ!
仮面ライダーV3 第13話

この流れ、ピンと来なかったんだが、途中まで見た第15話からすると、この時点では3時間必要だということを、風見自身は認識していなかったようだ。


第14話「ダブルライダー秘密のかたみ」
ライダー1号・2号が残したかたみ。そのかたみには、V3の致命的な弱点が隠されていた。そのかたみを狙うガマボイラー。だが、ガマボイラーを倒せば、V3も死ぬ。それは何故か。そして大幹部・ドクトルGのすさまじい攻撃が始まった。

物語の焦点は、ダブルライダーが残したというV3の重大秘密だ。
しかし、印象としては、後半にかけてのガマボイラーとのやり取りで、重大秘密なんかどうでもよくなってしまう。

このガマボイラー、とにかくV3に倒されようとしてくる。
仮面ライダーV3 第14話
「俺と戦ってV3は勝つ。だが、その瞬間からライダーV3には死が訪れる。判らんだろうな」
仮面ライダーV3 第14話

ガマボイラーは得意気に立花に語るんだが、そのせいで「かたみ」なんかよりも、「何をしてくれるんだろう?」というワクワクが止まらない。
つまりがまざまざとは倒されるために登場した怪人なのである

そしていよいよ、V3とガマボイラーの戦いが始まる。
さあ、どう来る?と思っていると…
仮面ライダーV3 第14話
ぴゅーっ
仮面ライダーV3 第14話

えっ!?
これ、別に倒される必要なくないか?
そう思ってると、その泡だか液をかけたガマボイラーはふらふらと歩き、爆発…
少なくともこの瞬間では、V3が勝つというより、勝手に爆発しただけで、勝敗を語れるものではないだろ。

さて、豪語しただけあって、その効果は絶大。
V3はエネルギーを失い、ピンチに陥ってしまう。
そしてドクトルGの強さと、エネルギーの過剰な消耗で、敗北を喫してしまう。

そういえば、国際警察のジョージ・カマモト氏なんだが、「仮面ライダー」にも出てたね。
仮面ライダー 第60話
仮面ライダー 第60話

怪しい風貌だったワリに、本当にただの通りすがりの警察官で驚いた。
その人が今回は国際警察。
仮面ライダーV3 第14話
出世したね(違うか)。
仮面ライダーV3 第14話


そして第15話で、ついに「かたみ」を入手する。
そこで四つの弱点を知ることになるが…まぁ、こういうのは有耶無耶になるのが定番。


JUGEMテーマ:特撮




スポンサーサイト
- | 23:07 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homegrown.jugem.cc/trackback/1734