HOMEGROWN

以前は色々とあったけど、最近はyoutubeで特撮見た話ばっかりです。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
キン肉マン「超人」 (学研の図鑑)
キン肉マン「超人」 (学研の図鑑) (JUGEMレビュー »)

真面目な図鑑を出すという発想を見てなんとなく、現代に必要なのはケイブンシャであると思った次第。
RECOMMEND
CLARITY (初回限定盤)(ダウンロード・ストリーミングアクセスコード付カード 封入)
CLARITY (初回限定盤)(ダウンロード・ストリーミングアクセスコード付カード 封入) (JUGEMレビュー »)
PassCode
PassCodeの新作。限定盤はDVDじゃなくてダウンロードなんだよね。
RECOMMEND
ファビュラス(Type-A)
ファビュラス(Type-A) (JUGEMレビュー »)
predia
アルバムとしては現時点で最新。かつ10人としてはラスト。
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

ゴーカイジャーより後の戦隊の分や、ライダーシリーズでも実現して欲しいな。特にライダーはディケイドのおまけでやっつけ仕事だったから特に。
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
仮面ライダーX 第13話、第14話
 

第13話「ゴッドラダムスの大予言!」
謎の予言者・ゴッドラダムスが東京全滅を予言した。その予言どおり東京中がGODの殺人スモッグで大混乱を起こし、人々が次々と狂い死にする。その真っ只中、ゴッドラダムスを追ったライダーXが見た彼の正体は!?

今回の怪人はユリシーズ。
仮面ライダーX 第13話
顔が、ちょっと気持ち悪い。
仮面ライダーX 第13話

電話ボックスに誘い込んで、ガスを充満させて人を溶かすようだ。
そのガス、殺人スモッグを使って東京を壊滅させようというのが作戦だ。
同時に総司令から「GODの敵、Xライダーに手出しさせぬ任務がある。いいか、Xライダーを絶対に封じ込めるのだ」と命じられるが、そこはアポロガイストが協力を申し出る。

Xライダーの対処はアポロガイストが引き受けたにも関わらず、ユリシーズはXライダーとの戦いにこだわり、隙あらば戦おうとする。
毎度の言うことを聞かないパターンなんだけど、そもそもアポロガイストがユリシーズのフォローに積極的ではない。
後半でもユリシーズが敬介に戦いを挑むが、それも「邪魔なアポロガイストもおらん。俺が殺してやる」という場面だし、ユリシーズを責められるのかというと、そうでもないよなぁ…

さて、殺人スモッグを使った作戦だが、冒頭で電話ボックスを使ったのもきちんと理由がある。そのスモッグを電話を使って東京中にばらまこうというものだ。
それぞれの電話が、電話線によって物理的につながってるからこその発想だよね(実際に殺人スモッグが電話線を通っていけるかどうかの話はしてない)。
スマホが当たり前の時代では考えられないよね。

その殺人スモッグによる東京壊滅作戦のために、ユリシーズは人間の姿で「預言者ゴッドラダムス」と名乗り、東京壊滅の預言を街中で行う。
仮面ライダーX 第13話
99%当たると意味不明な発言
仮面ライダーX 第13話

預言を周知させた上で自ら実現させるということなんだろう。
しかしその預言を否定する人物が現れる。
東和大学で地球物理学を研究している植松博士だ。
ゴッドラダムスはそんな彼に死の預言をする。そしてその死の預言を実現させるべく、植松博士を狙うことになる。
ただこのエピソードも今回の物語の中心ではなく、ラストのXライダー対ユリシーズへの導入のために存在してると、僕は思ってる。

その最後の戦いにアポロガイストは現れず、ただユリシーズが敗れるのみ。
その責任を取って…というワケではないだろうが、次回はアポロガイストが作戦の指揮を執るようだ。


第14話「アポロガイスト くるい虫地獄」
2000年前に死滅したと言われている“狂い虫”を蘇らせたGODは、日本中を狂わせる作戦を実行。そして仮面ライダーXは、アポロガイストの挑戦を受け、壮烈な戦いが始まった。

今回の作戦は、2000年前に死滅した「くるい虫」を蘇らせ、日本中を狂わせるというものだ。
そしていよいよアポロガイストが直々に作戦の指揮を執ることになる。つまり、今回でアポロガイストの退場だ。
仮面ライダーX 第14話
いい声してるよね。
仮面ライダーX 第14話

くるい虫とは、GOD総司令がこう説明する。
仮面ライダーX 第14話
「その昔ギリシアの兵士は、戦争の恐怖を忘れるためにくるい虫にかまれて戦場に赴き、殺し合ったと伝えられている。人間が人間を憎み殺す。GODにとっては素晴らしい虫だ」
仮面ライダーX 第14話

さらにゴキブリのような繁殖力を持つという。

くるい虫の最初の犠牲者は、GODの命令でくるい虫を蘇らせた青田博士。
アポロガイストは総司令に「Xライダーには絶対に邪魔はさせません」と宣言したものの、青田博士が街中で暴走してたら、そりゃあ敬介の目に留まるよな。
GODの作戦の一端であると悟らせないように、あれこれ画策したものの、結局敬介に勘づかれてしまう辺り、いつもの展開だと言えるだろうな。

「あまりタイミングが良すぎると、逆に疑ってみたくなるもんだ」とは言い得て妙だが。

この作戦におけるアポロガイスト最大の誤算は、みずからのパワハラ上司ぶりだと言っていいだろう。
それを示すのは、藤兵衛の喫茶店にくるい虫を放った部下が、その虫を回収するシーンだ。
彼の「くそぅ…一体どこに潜り込んだのだ。あれを持って帰らないとアポロガイストに罰を受ける。下手をすれば死刑だ」という独り言がなんとも象徴的だ。
そんな彼は、敬介にくるい虫を使って脅され、あっさりとアジトを喋ってしまう。

その後はいつもの展開。
Xライダー対アポロガイストになり、見事Xライダーの勝利となる。
仮面ライダーX 第14話
改めてじっくり見ると、不思議なデザインだよね。
仮面ライダーX 第14話

紳士的に見せかけて、打倒Xライダーへの強い執着心はなかなか見事だと思う。

くるい虫で、藤兵衛の喫茶店で殺人事件が起こるんだが、なかなかショッキングな映像だったな…
仮面ライダーX 第14話
一瞬、血かと思ったけど、水かな?
仮面ライダーX 第14話

藤兵衛を捕らえたアポロガイストが、藤兵衛に聞きたいことがあると言っていたが、結局、どんな質問だったかはっきりしないままだったのが、なんか面白い。


JUGEMテーマ:特撮



スポンサーサイト
- | 23:51 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homegrown.jugem.cc/trackback/1744