HOMEGROWN

以前は色々とあったけど、最近はyoutubeで特撮見た話ばっかりです。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
キン肉マン「超人」 (学研の図鑑)
キン肉マン「超人」 (学研の図鑑) (JUGEMレビュー »)

真面目な図鑑を出すという発想を見てなんとなく、現代に必要なのはケイブンシャであると思った次第。
RECOMMEND
CLARITY (初回限定盤)(ダウンロード・ストリーミングアクセスコード付カード 封入)
CLARITY (初回限定盤)(ダウンロード・ストリーミングアクセスコード付カード 封入) (JUGEMレビュー »)
PassCode
PassCodeの新作。限定盤はDVDじゃなくてダウンロードなんだよね。
RECOMMEND
ファビュラス(Type-A)
ファビュラス(Type-A) (JUGEMレビュー »)
predia
アルバムとしては現時点で最新。かつ10人としてはラスト。
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

ゴーカイジャーより後の戦隊の分や、ライダーシリーズでも実現して欲しいな。特にライダーはディケイドのおまけでやっつけ仕事だったから特に。
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
杖の秘密 ルーンの杖秘録4 (創元推理文庫)
評価:
マイケル・ムアコック
東京創元社
¥ 798
(2007-01-11)
ホークムーンのシリーズ(ルーンの杖秘録)も、これで一旦終了。
このあとに「ブラス城年代記」が続くのだけれど、しばらくは止まってる他の本を読むことに専念しよう。

前作で<夜明けの剣>を手に入れたホークムーンだが、<黒玉と黄金の戦士>の言葉を無視して、カマルグに針路を取る。しかし、怪物の出現によって、無理矢理<ルーンの杖>探索に戻ることになる。

前半は<ルーンの杖>探索に関わる話で、後半がホークムーンの仇敵メリアダス男爵を中心にした話。
ホークムーンとイッセルダに執着する彼は、徐々に宮廷での居場所を無くしていき、ついには謀反を企むのだが…

この薄っぺらい本で、この流れにどう決着をつけるのか、興味津々。
後半の、グランブレタンに正面から侵入するホークムーンたちと対するメリアダスの描写が面白かったし、最後の戦いの潔いほどの簡潔な描写が却って戦いの凄惨さのようなものを感じさせた。

なんだか消化不良な終りかただったけど、続編があるってことだから仕方ないな。

ただハヤカワ文庫のシリーズと違って、修正版に拠っていないそうなので(解説にそう描書いてあった)、全体を通して<永遠の戦士>の物語としては、ちょっと物足りなかったかも。
修正版の翻訳をして欲しいところだけど…

<運命>にはやたらと抵抗して往生際の悪いホークムーンよりも、敵役のメリアダスの方が登場人物としては魅力的だと思うのは僕だけでしょうか?


JUGEMテーマ:読書
スポンサーサイト
- | 22:41 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homegrown.jugem.cc/trackback/322