HOMEGROWN

読書と特撮と子どものことと、愚痴を書いたblogです。
<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
キン肉マン 63 (ジャンプコミックス)
キン肉マン 63 (ジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
ゆでたまご
これまで目立たなかった正義超人の面々が頑張ってるが基本負け戦なので、見ていて辛い。早く王子たちの登場を…!
RECOMMEND
Ray(初回限定盤)(DVD付)
Ray(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
Takahiro Hokyo,Konnie Aoki,Koji Hirachi
個人的に今一番キてるグループ。付属のDVDでライブを丸ごと体験して欲しい。
RECOMMEND
ファビュラス(Type-A)
ファビュラス(Type-A) (JUGEMレビュー »)
predia
各メンバーのパートも増え、バラエティ豊かになったが、やっぱり湊&村上コンビが一番イイね。
RECOMMEND
Cinema Trip 【Type-A】
Cinema Trip 【Type-A】 (JUGEMレビュー »)
PASSPO☆
解散は残念だが、彼女たちの残した曲は永遠です…
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

ゴーカイジャーより後の戦隊の分や、ライダーシリーズでも実現して欲しいな。特にライダーはディケイドのおまけでやっつけ仕事だったから特に。
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
理性の限界――不可能性・不確定性・不完全性 (講談社現代新書 (1948))
なかなか楽しかった。
論理学も楽しいね。

「理性の限界」に関するシンポジウムという体裁で書かれた本。
様々な立場や考え方の人間が集まって、ああでもないこうでもないとワイワガヤガヤとやってる。

目次に沿って書くと、本書はまず「選択の限界」に始まり、「科学の限界」そして「知識の限界」をテーマに進む。

本当は基礎的な知識を多少なりとも持っていた方がいいのだろうけど、ちょっとやそっと理解できない点があっても、ワリとサクサク進む。

ただ、やっぱりあくまでも座談会形式であるため、突っ込みがイマイチな箇所もある。
もっと掘り下げて欲しい部分もあるんだけど、そこまではこの本が目指しているところではないってのも判る。
あと、哲学でもそうだけど、やっぱりどれもまだ答えが出てないし、はっきりと答えがでるようなものでもないので、なんだかちょっと消化不良な気がしてならない。
それはきっと、参考文献に挙がってるような本を読んでも、同じだろうな。
ま、そうやって正解を教えてもらうって態度はNGなのは判るけど…

…そうか!
このすっきりしないカンジが論理学なのか。

なんつーか、とっかかりとしてはいい本だと思う。
機会があったら同じ著者の「ゲーデルの哲学」を読んでみようかな。

その前にジジェクを読み終えないといかんなぁ…

きっとこれが物足りないって人は、より深いところへもぐっていくことになるんだろうな。


JUGEMテーマ:読書
スポンサーサイト
- | 01:57 | - | -
コメント
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homegrown.jugem.cc/trackback/372