HOMEGROWN

読書と特撮と子どものことと、愚痴を書いたblogです。
<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
Cinema Trip 【Type-A】
Cinema Trip 【Type-A】 (JUGEMレビュー »)
PASSPO☆
PASSPO☆のニューアルバム。今回もハードなロックを期待してる。今一番の楽曲志向のアイドルグループ。
RECOMMEND
キン肉マン 57 (ジャンプコミックス)
キン肉マン 57 (ジャンプコミックス) (JUGEMレビュー »)
ゆでたまご
いよいよ始まったスグルvsネメシス。決戦前夜のウォーズマン、ネプチューンマンのセリフにしみじみ。大人になってこいつらに感動させられるとは思ってもみなかった。
RECOMMEND
禁断のマスカレード【Type-A】
禁断のマスカレード【Type-A】 (JUGEMレビュー »)
predia
prediaの新曲。とにかくカッコイイ。
RECOMMEND
白夜のヴィオラにいだかれて(Type-A)(DVD付)
白夜のヴィオラにいだかれて(Type-A)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
白戸佑輔,栗原暁(Jazzin’park),久保田真悟(Jazzin’park)
prediaの現時点での最新アルバム。前作よりも今作と、ステップアップというのか進化というのか。アイドルものと侮るなかれ。
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

期待のスーパー戦隊シリーズ全ての主題歌を集めたDVD。昭和ライダーはディケイド劇場版のおまけだったから、今度は平成ライダーだけか全ライダーを期待してしまうなぁ…(無理?)
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
ヤヌスの鏡 最終話(第18話)「輝ける合体」
とうとう、最終回。

残念なのは、やや性急なまとめ方に感じたことだ。
前半たっぷりかけて、全員が小沢邸に集まる過程を描いてしまったんで、「輝ける合体」をじっくり描けていない。
集まるまでと集まってからで、分けるべきだったんだよ、これは。

前半は、河本親子と進藤親子の対立を改めて描く。
前回、裕美の父と名乗った達之に、達郎は未だ不信感を拭えないまま。そして隠し子がいれば離婚だ、と言っていたにも関わらず離婚しようとしない母にも。
一方の生徒会長・進藤哲也は、東大合格だけを目標に生きてきた…それだけを目標に育てられてきたため、合格した今、喪失感で一杯だ。そんな中、ユミに絵を燃やされ、裕美を一人の人間としてみていなかった、フラれたんだと自ら認める。
達郎は番組開始から一貫して変わらないキャラクターだったが、まさかここで生徒会長が大きく変化するとは思わなかったな。てっきりストーカーキャラのまま終っていくものだとばかり思ってた。
そんな二人が意気投合してしまうシーンが、前半のポイントか。

物語は後半、小沢邸に舞台を移す。

祖母の、由紀子を死に追いやったのは自分だという告白と、末期がんの壮絶な最期が、裕美を再びユミへと変身させる。
ユミは涼子をあっさりと倒し、堤先生にナイフを向ける…


しかし自力で裕美に戻り、「輝ける合体」が完了って、そりゃないぜ。

勿論、堤を刺せなかったのはユミであり、裕美の力ではないハズ。
「突いたら先公が死んじまうじゃないか。死んじまったら先公に会えなくなっちまうじゃないか。先公の説教が聞けなくなっちまうよ!」

裕美が押さえ込んだというカンジでもなければ、合体したというカンジでもなくて、ユミが自ら身を引いた…そんなふうにも見えるな。

まぁ、これでユミが消滅したワケで…
復讐の相手を失った涼子は「北風に訊いてくれ」といずこかへ去るし、なんだか知らないけど進藤親子は和解するし…

っつーか、涼子は逃亡(脱走)中だろ!?
しかし不良というよりは、フツーにいい人だったな、涼子は。
ワルになりきれないところが、つけこまれてしまうポイントかね?


その後、裕美は再び登校するようになるが、堤は九州の高校へ。
これは正直、ズルいでしょう。
あれだけ「愛しい」だのなんだのやっといて、「さようなら」はないだろう。
しかも手紙のモノローグをバックに、電車を待つ栗田先生の姿が映し出される。実家に帰るの? それとも堤を追うのか?

なんとなくきれいにまとまった!みたいな雰囲気だけど、ちょっと強引だな。
意味不明な終り方を↓「不良少女とよばれて」に比べれば何倍もマシだけどさ。

まぁ、全18話楽しませてもらいました。
次回はちょっと総括というか、全体の感想をまとめてみようか。



JUGEMテーマ:日本のTVドラマ
スポンサーサイト
- | 23:10 | - | -
コメント
from: レオ   2017/06/05 3:57 PM
私は栗田先生は堤先生を追っかけて行ったと思います^^
コメントする









 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://homegrown.jugem.cc/trackback/937