HOMEGROWN

読書と特撮と子どものことと、愚痴を書いたblogです。
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
Ray(初回限定盤)(DVD付)
Ray(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
Takahiro Hokyo,Konnie Aoki,Koji Hirachi
個人的に今一番キてるグループ。付属のDVDでライブを丸ごと体験して欲しい。
RECOMMEND
ファビュラス(Type-A)
ファビュラス(Type-A) (JUGEMレビュー »)
predia
各メンバーのパートも増え、バラエティ豊かになったが、やっぱり湊&村上コンビが一番イイね。
RECOMMEND
Cinema Trip 【Type-A】
Cinema Trip 【Type-A】 (JUGEMレビュー »)
PASSPO☆
解散は残念だが、彼女たちの残した曲は永遠です…
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

ゴーカイジャーより後の戦隊の分や、ライダーシリーズでも実現して欲しいな。特にライダーはディケイドのおまけでやっつけ仕事だったから特に。
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
仮面ライダー 第50話

結局、第51話と第52話を見逃してしまったので、一文字編はこれが最後。
第50話「怪人カメストーンの殺人オーロラ計画」
東京上空に突如オーロラが出現。それを見た人々は目をやられ、次々と病院に運び込まれてしまった。事件は死神博士が作り出した怪人カメストーンの仕業で、カメストーンの急襲を受けた一文字もまたオーロラの力で視力を失ってしまう。滝の応援要請でFBI本部のロバート田中が来日し、一文字に特効薬の目薬を与えるが……。

オーロラが出現し、それを見た人が次々に目に痛みを訴えるという事件が発生する。
仮面ライダー 第50話
オーロラ
仮面ライダー第50話

次々と救急車で運ばれていく人々(いきなりのパンチラに驚くが)。
オーロラで目に痛みを訴える人々を心配して「めくらになってしまうようなことはないでしょうね」という一文字のセリフに違和感を覚えるのは、時代が違うからだよな。
一文字の知り合いらしい清水なる医者が研究している薬品で治るとい信じている…というようなセリフが出てくるが、以降は完全にスルー。

さて、オーロラ対策で特殊メガネをかけて戦ったが、一文字も目をやられてしまう。
仮面ライダー 第50話
特殊メガネ…
仮面ライダー 第50話

大きな戦力を失ったと考えた滝はFBIに救援を求める。
そしてその求めに応じてロバート田中なる人物が、特効薬を持って来日した。
仮面ライダー 第50話
怪しいとか言わないで
仮面ライダー 第50話

一方で一文字は視力を失ったものの、戦意喪失せず、バイクの特訓を繰り返す。
仮面ライダー 第50話
仮面ライダー 第50話

そんな様子を知ったおやっさんが、「この病院の近くにオートバイキチガイがいるらしいな」と。

まぁ、要するにロバート田中が、今回の怪人、カメストーンってオチ。
仮面ライダー 第50話
仮面ライダー 第50話

こういう来日したゲストって、たいてい入れ替わられてるってパターンが多くない?

このオーロラによって目が見えなくなった人がどうなるかというと、死神博士曰く「次第に目から溶けて全身が溶けてしまう」らしいが、結局怪人を倒せば即回復。やっぱりね、と。

首領にカメストーンと強力してライダーを倒せ言われていた死神博士だったが、後半出番なしだぜ。

後半の舞台は向ヶ丘遊園。


JUGEMテーマ:特撮



仮面ライダー 第48話、第49話

第48話「吸血沼のヒルゲリラ」
血吸いヒルを操って人間の生き血を吸うヒルゲリラは、血を吸った人間に緑の薬品を注入し、自分の意思を持たない奴隷人間へと変えていった。先輩の息子が事件に巻き込まれたことから調査を始めた一文字はヒルゲリラと対決するが、罠にかけられ、アジトに誘い込まれた一文字は、ついに奴隷人間とされてしまう!

久しぶりに人間を操る系の作戦。

子供が三人、行方不明となる事件が発生する。
消息を絶ってから三日。
その三人の中に、一文字の先輩である山崎の子供がいるという。
仮面ライダー 第48話
仮面ライダー 第48話

そして息子を探していた先輩も姿を消してしまう。
一文字が見つけた先輩のカメラから、やはりショッカーの仕業であることが判明する。
仮面ライダー 第48話
ランプが赤系じゃないってことは、水洗いしてるのかな?
仮面ライダー 第48話

さて、血を吸われショッカーのアジトに運ばれた先輩は、その血の代わりに緑の液体を…
仮面ライダー 第48話
ゴクゴクゴク…
仮面ライダー 第48話

…飲まされるの?
「血液を緑色の薬液と変えられた人間どもは、子供も大人も、原子エンジンに等しい頭脳となり、我らショッカーの命令のままに動きます」
仮面ライダー 第48話
そう説明する死神博士は、作らなくてもいいのに解毒剤を作っている。これが毎回作戦失敗の原因になるというのに。
死神博士は一文字を罠にはめようと、一度は奴隷人間に変えた山崎先輩を元に戻す。
しかしこのことがきっかけで解毒剤が奪われてしまうのだ。

前回、第47話で滝が一文字の居場所を探すために使ったと思われる腕時計が、ここでは一文字の危機を知らせている。
仮面ライダー 第48話
仮面ライダー 第48話

この山崎先輩の妻の服装だが、一文字が家に尋ねたときは洋服で、彼女がレーシングクラブに来た時には和装だった。
仮面ライダー 第48話
 ↓
仮面ライダー 第48話
仮面ライダー 第48話

やっぱりお出掛け着(訪問着というのか)は着物の時代だったんだよね。




続きを読む >>
仮面ライダー 第47話


第47話「死を呼ぶ氷魔人トドキラー」
ショッカーは零下300度冷凍シュートを放つ怪人トドギラーによって人間を冷凍し、ショッカーの改造人間とするアイス計画を実行。調査を開始した一文字の前にショッカーが出現。一文字はトドギラーによって氷の中に閉じ込められてしまった。からくも脱出したライダーだが、再びトドギラーの襲撃をうけてしまう……。

いきなりサッカーを始める女子三人に五郎。
仮面ライダー 第47話
仮面ライダー 第47話

その空き地は私有地だったらしく、雷親父に咎められるのだが…

何の前触れもなく、ショッカーの怪人がその雷親父を氷漬けにして拉致していく。
本当に脈絡もなく、前触れもなく、いきなり、だ。
このカンジが凄く怖いというか…どう考えてもマトモな演出じゃないぞ。

で、その怪しい怪人こそがトドギラーであり、彼によるアイス計画が今回の作戦だ。
仮面ライダー 第47話
仮面ライダー 第47話


昨日から続けて七隻の船が遭難する事件が発生している。
記事によれば「どの船も不思議な怪獣を見たと打電しながら、一瞬のうちに中断している」とのことだ。
仮面ライダー 第47話
遭難の原因は「やっぱり氷山?」との質問に「あぁ」と答えているんだけどなぁ…
仮面ライダー 第47話

船に乗っていた人は一人も見つかっていない。

アイス計画とは、死神博士曰く、トドギラーに拉致させた人間を改造し、東京を氷漬けにしようということのようだ。
うーん…
物語としては仕方ないんだけど、ショッカーの(正確には死神博士の)ダメなところはすぐに作戦を見失うことだろうな。
人をたくさん集めるところまでは良かったと思う。あまりに目立って新聞沙汰になってしまっているが、七隻もの船を沈めていることから、そこそこの人数を集めたと容易に想像がつく(空き地の雷親父はなんだった?)。

さらにライダーを捕えることにも成功している。
いやぁ、ここまでは非常に有能な司令官ということになるのかな、死神博士って。ただ、いずれも「ここまで」だけど。
仮面ライダー 第47話
仮面ライダー 第47話

せっかく捕えたライダーをさっさと殺すか、再改造を施せばいいのに、一旦解凍しようとか言い出して、逆転の切っ掛けを与えてしまうもんなぁ…

沈没した船の乗組員(船長?)の息子が、一文字と出会うのだが、後半になると間もなく退場してしまう。
仮面ライダー 第47話
1970年辺りには、まだこういう建物が多かったんだろうか?
仮面ライダー 第47話
仮面ライダー 第47話
仮面ライダー 第47話

母親が病気だという設定とか、絵に描いたような貧しい家庭だなぁ、という印象だ。
事件とライダーを結び付ける役割を担っていたと思われるが、持て余したのだろうか?
やはり母親は着物で登場。

やっぱり今回の一番のビックリポイントは、一文字のバイクに発信器をつけて後を追う滝な。
仮面ライダー 第47話
嫉妬深い恋人かストーカーか?
仮面ライダー 第47話



JUGEMテーマ:特撮



仮面ライダー 第45話、第46話


第45話「怪人ナメクジラのガス爆発作戦」
矢島博士が開発した人工頭脳は、動物の能力を数十倍にする力を秘めていた。怪人ナメクジラは人工頭脳を狙うが、失敗。やがて人工頭脳は泥棒に盗まれ、ナメクジラは泥棒から人工頭脳を奪おうとする。博士の娘を操った死神博士が人工頭脳を奪い取るが、ナメクジラに人工頭脳を組み込むためには矢島博士の力が必要だった。

一応カメラマンの一文字は解るが、滝や五郎までもが人工頭脳の発表に立ち会ってるのは、やはり一緒にいた女の子つながりか?

序盤は二人組の泥棒とショッカーによる人工頭脳の奪い合い。
正直、ただの泥棒に後れを取るショッカーもなぁ…

なんだかんだで人工頭脳を奪ったものの、ナメクジラに取り付けることが出来ないというのも、なんだかショッカーが落ちぶれていっているように思えてならない。

でもさ、その人工頭脳を何に使うかというと、ナメクジラの能力を強化するためだというのも、なんだか中途半端だよね。そもそも人口頭脳を取り付けることで動物の能力を数十倍にするというのも、なんだかよく解らない話だけどね。
そのことを知った矢島博士が「そんなことに!」と驚いていたが、それって「そんな恐ろしいことに」というよりも「そんなくだらないことに」と聞こえてしまう。

ガスタンクでのバトルは、まぁ、時代を感じるよね。
ウルトラマンシリーズのミニチュアでもほとんど見かけない気がするし、戦隊でもロケ地として使ってないよね?


第46話「対決!! 雪山怪人ベアーコンガー」
草津高原の雪を溶かして大洪水を起こすスノー作戦を企むショッカーは、物理学者の美川博士に高熱を発するエネルギー爆弾を製造させていた。秘密を知った博士の息子は一文字らと知り合うが、死神博士は息子を一文字に近づけぬよう博士に命じる。一方、一文字は、怪人ベアーコンガーの襲撃で右腕を負傷してしまう。

スキー場が舞台。
やたらと鼻声の男の子が登場。
草津高原ホテルビレッジが舞台というか、タイアップ先というか…

なんか眠くて、ちゃんと見られなかった。


JUGEMテーマ:特撮



夢枕獏「キマイラ13 堕天使変」
すっかり更新が滞ってしまったが、別に熱烈な読者がいるとも思えないので、いらん心配だな。

ところで、久しぶりの「キマイラ」シリーズの最新刊。出てることも知らず、慌てて購入。

前巻「曼陀羅変」にていきなり久鬼と九十九三蔵の高校入学当初が描写され戸惑った。
今更、それに触れる必要があったのか?と。

今回は、まずはその決着から。
トランシルヴァニア症候群からキマイラ化の話につながっていき、その一件がルシフェル教団に届いてしまうという展開だった。
つまり12巻の後半から13巻の前半部分のお話は、なぜルシフェル教団が関わるようになったか…という説明だったと?

まぁ、ちょっと前からケータイが登場するようになって「おいおい」と思っていたが、ストーリー上の年代の設定に関しては大きな変化はないようだ。
「梵天変(ソノラマ文庫13巻)」において1960年と描写された雲斎と玄造の出会いについて「曼陀羅変(ノベルズ12巻/実質20巻)」で三十数年前と説明がされている。
さらに「梵天変」で1960年のシーンで、35年後の久鬼と大鳳のシーンに言及している箇所がある(ソノラマ文庫版91ページ)。
つまり、舞台は(少なくとも「梵天変」時点では)1995年だということになる。
ただ第1巻には明確に1995年という説明はないので、状況証拠からの積み上げということになる
そもそも第1巻の「幻獣少年キマイラ」の初版が昭和57年、1982年なので、開始時点は80年代をイメージしていた可能性があるので、このタイミングで色々と修正された可能性はある。

トランシルヴァニア症候群の説明で伯爵病への言及があるが、やっぱり弘のあれとは別なのかな?

押井守のアニメ化はやや地雷臭がしないでもないが…


JUGEMテーマ:読書