HOMEGROWN

以前は色々とあったけど、最近はyoutubeで特撮見た話ばっかりです。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
 
RECOMMEND
キン肉マン「超人」 (学研の図鑑)
キン肉マン「超人」 (学研の図鑑) (JUGEMレビュー »)

真面目な図鑑を出すという発想を見てなんとなく、現代に必要なのはケイブンシャであると思った次第。
RECOMMEND
CLARITY (初回限定盤)(ダウンロード・ストリーミングアクセスコード付カード 封入)
CLARITY (初回限定盤)(ダウンロード・ストリーミングアクセスコード付カード 封入) (JUGEMレビュー »)
PassCode
PassCodeの新作。限定盤はDVDじゃなくてダウンロードなんだよね。
RECOMMEND
ファビュラス(Type-A)
ファビュラス(Type-A) (JUGEMレビュー »)
predia
アルバムとしては現時点で最新。かつ10人としてはラスト。
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

ゴーカイジャーより後の戦隊の分や、ライダーシリーズでも実現して欲しいな。特にライダーはディケイドのおまけでやっつけ仕事だったから特に。
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
トランスフォーマー プライム 第1話「完全変形!トランスフォーマー登場」
期待に胸膨らまし、長男(六歳)が早起き(でもないか)して、TVの前で待ち望んでいたトランスフォーマーの新作アニメ。
まさかデザインが実写版準拠とはなぁ…なんて。

そんなこんなで、こっそり僕も期待してたワケだけど、まさかオープニングテーマがBIGBANGだとは…
いや、別に韓流がイケナイと言いたいワケではない。
そういう気分を吹き飛ばしてくれるようなパワーのある曲ならよかったんだが、フツーのタイアップだったからなぁ。
正直な話、一般的なBIGBANGファンがこのアニメを見るとも思えないし、そういう層を取り込む必要があるとも思えないんだがな。

ストーリーは結構シリアスだね。
冒頭でいきなりクリフジャンパーが拉致され、息絶えるというのは、なかなかハードだ。
これも徐々にアフレコでギャグに走ったりするのかね?

とりあえずは長男も気に入ったようで、毎週土曜の朝はなかなか大変かも。

しかし、開始早々、日本では問題となるシーンがあるとかってテロップにはビックリしたぜ。
2chとか見てたら、カットされたシーンがあるっぽいんで、youtubeで原語版を見た。
まぁ、バイトしてるシーンとか正直カットも止むを得ないって思う(ところでジャックとバイクに話しかけるところを目撃した女の子たちの会話って、原語版と日本語版でニュアンス違うよね?)。
あとはラフがケータイで話してるシーンとか、ミコ(日本人!)がアーシーを追うシーンとか、必要な気もしないでもないけどって細かいところがカットされてる。
あとはスタースクリームがクリフジャンパーにトドメをさすシーンで、胸に刺さった腕を抜くところか。でも、これくらいはなぁ…
こういうのをカットするくらいなら、番組最後のしょーもないコーナーをカットすべきだと思ったりするんだけど。
まぁ、せめてどっちか一つにしとけよ、と思う。

で、そのオマケコーナーになぜか東京女子流が登場するとか、どういう…これもavexのタイアップ作戦ですか?
てっきりエンディング歌うのかと思ったら、CLUTCHOって…
ゴメン、知らないっす。

クリフジャンパーがダークエネルゴンで復活させられるのを楽しみにしておこう。


JUGEMテーマ:漫画/アニメ
機動戦士ガンダムAGE アセム編 第23話まで一気に見た
評価:
ねごと
KRE
¥ 1,365
(2012-04-04)

溜めまくったガンダムAGEを一気に消化した。

この25年という歳月はなんだったんだろうな。
フリット編から25年が経過したというのに、モビルスーツはたいして進化してない。
いくら改良しているとはいえ、AGE-1が現役以上の活躍をするとか、どうよ(まぁ、そこはパイロットがXラウンダーだからこそだろうけど)。

結局のところ、この物語は誰に感情移入をさせたいのかがわからないんだよなぁ。
アセム編では、フリットの息子アセムとヴェイガンの司令官となったゼハート、その級友であるロマリーとの三角関係が中心となるのかと思ったら、親父がしゃしゃり出てきて大活躍ってのはビックリ。お前、息子にデバイス渡しておしまいじゃねーのか、と。

で、ヴェイガンってなに?ってのがさ…
視聴者としては、(きちんとフリット編見てれば)連邦政府に捨てられた人々がヴェイガンという国を作り、復讐だかなんだかをしているってのは認識出来てるワケですよ。
でも物語の中の人々はどう認識してるんだろう?
公式サイトやWikipediaを見る限り、同じ地球人であるというように認識しているとは思えない。
それなのに、毎回オープニングテーマの前に「ヴェイガン=火星移民」の説明を入れるのはどうなんだろう?
それに同じ人間同士の戦争を描きつつも、ヴェイガンのMSに人間が乗っているという描写がほとんどされないというのは、やはりヴェイガン側に感情移入をさせたくないのかな?
「戦争なんだよ」なんて言わせてても、敵の姿が見えないというのは、「自分が死ぬかもしれない」というだけのもので、イマイチ説得力に欠けるような気がする。

フリットが未だヴェイガン憎しってのはいいけどさ、私怨を正当化して司令官としてのし上がるってのは、なかなか…
そのフリットの息子も、軍紀というか命令違反ばっかりで、困ったチャン。
正論かもしれないが、実際のところ父親に対する反発や焦り以外の何ものでもない。
アセムは復讐の鬼になる要素が少ないのが、残念なのかなんなのか?


物語全体についても、戦況が見えないので、正直なところなにがどうなのか、入り込めないんだよな。
ビッグリング攻略とか突発的過ぎて…
いや、そもそもゼハートが総司令に任命されてしまう辺りでどうかと。
長年かけて進めてきた大いなる計画を実行するに、つい先日までスパイ活動をしていた若造に、全てを任せるとか意味不明だ。
おまけに彼の指揮する部隊(?)しか戦ってないように見えるのは、戦争じゃねーだろ、と。
例えばさ、沢山存在する部隊のうち一つを任されるってんなら理解できるけど、総司令だからね。
でもって正面から突っ込んで、撤退を余儀なくされるっつー、まさしく無能。


ゲームのシナリオだったら、それほど「酷い」とは思わないかもしれないんだけどね。

あと、潜入するの、好きだなぁ、なんてね。
ここ最近のダンボール戦記もそういうカンジでしょ?


機動戦士ガンダムAGE 第一部終了まで見た
既に第二部の放送も始まってるけど、フリットがメインの第一部まで見ておしまいにした。
とりあえずblogに感想でも書こうかと思って。
まとめる気もなく、だらだら書いていく。

続きを読む >>
主題歌はいいと思うんだ - ダンボール戦記W 第2話を見て
長男(六歳)にとっては数少ないロボットアニメなワケで、それなりに熱中して見てるが、パパ的にはどうもイマイチなんだな。
前作も全てではないけど、一通りは見て、ストーリーは把握しているつもりだが…

…なんでいちいち世界の存亡をかけた戦いをしなければいけないのだろうか?

最初に絵を見たときは、てっきり「プラレス三四郎」的なのを想像してたんだけど、まさかのLBXを使って世界征服を企むとか…(まぁ、正確には世界征服じゃないけど、そういうノリでしょ?)
正直な話、レックスが何をしたかったのか、理解に苦しむんだが。

もっとさ、LBXをカスタマイズしたりってのを期待するんじゃね、フツー。
オーディーンに、こういう武器を付けたら強くなったぜ!みたいなのって、販促に持って来いだと思うんだけど、イマドキの子はそうでもないのかな?


そして一番の疑問は、何故「ダンボール戦記」などというタイトルをつけてしまったのか?ということ。
毎回オープニングで、何故ダンボール戦記と呼ばれるのかということの説明が入るが、見ている限り劇中で「ダンボール戦記」と呼ばれることはない。
これがね、LBXが強化ダンボールで出来てるとかってんなら話は解るんだけど、そうじゃないからなぁ。

でもって、新シリーズで「W」となったワケだが、これがまさかのいきなりLBXの反乱とか、テロリストの登場とかもう…
なんつーか、手のひらサイズのロボットのオモチャを使うのであれば、フツーにダンボールの箱庭で戦うお話を中心にすえて、友情とか成長みたいなのを描いていく方がよっぽど面白いと思うんだけどなぁ。
「イナズマイレブンGO」にも言えるんだけど、何か大きな敵に向かっていかないと、戦う意欲みたいなものを持てないのだろうか?
製作側に、厨二病/中二病みたいなノリを感じるんだけど、うがった見方だろうか?

まぁ、ゲームの内容をアニメでなぞるだけって構造に無理があるんだと、そう思う。
アニメにはアニメの、ゲームにはゲームの、それぞれの様式美とかあるんだから、そのまま当てはまるなんて考えるのはどうかしてるぜ。

さて、寝る。


JUGEMテーマ:漫画/アニメ
ようやくガンダムAGEを第5話まで見た
なんだろうな…
最近、「イナズマイレブンGO」と「ダンボール戦記」も見てるんだけど、LEVEL5が関わっているアニメに対する印象って、なんだか掘り下げが甘いように感じるんだな。
確かに「イナズマイレブンGO」なんか、要素自体は盛り上がるものなんだけど、描写というか演出がイマイチ燃えないんだよな。
監督が鬼道に変わって、過酷な特訓が続き、三名が練習に出なくなるエピソードで、結局三人が戻るんだけど、その戻ることを決意する過程がほとんど描かれなかったのが気になる。天城が戻る過程についてはあれぐらいでいいけど、信助はもっとちゃんと説明しないといかんだろう?と思ったり。白恋中との対戦でも、キーパー交代以降はあっさりとしてたし。
イベント自体は面白いと思うんだけど、それをどう扱うかということに関して、なんかウェイトのかけかたが、僕と合わないのではないかと…

完全に話がそれたな。

で、長女(二歳)の相手をしながら長男(五歳)と一緒に見てたんだけど、第3話で引っこ抜いたコロニーのコアとやらがどこにいったのか、完全に聞き逃したようだ。
そして一行がどこに、なにをしに向かっているのか把握できないまま、ストーリーが進む…

やっぱり主人公が子供であることに、抵抗を感じるのかもしれないな。
フツーに考えたら、フリットではなくウルフにガンダムを渡すだろうしな。設計した人間が一番上手に操縦できるとは限らないワケだし、そもそも彼は子供だ。子供が戦場で、主力機に乗るということに必然性がない。まぁ、本来のパイロットが怪我のため乗れない間はいいとしても、やはりそこは子供を戦いに巻き込むことに少しくらいは躊躇いを見せるべきでしょう。勿論、その上でフリットが正式な操縦者になるというのなら、それなりに話は盛り上がるだろうけど、なんだか知らないけど、フリットがガンダムに乗ることを前提として話が進んでるのがね。
あと、エミリーがグルーデックと会話するシーンとか、やっぱり子供対大人というカンジじゃない、アニメ特有の描写だからなぁ。

今のところ大まかにはバイファム的ストーリーだけど、そこまで追い詰められてるワケでもないし、そこまで描写が丁寧なワケでもないのが残念だね。


ガンダムAGEを第3話まで見たぜ
なんというか…

まずひとつ言うなら、第2話から始まったオープニングのナレーションな。
あれは第1話から入れるべきでしょう。

それに「モビルスーツ鍛冶」ってなんだよ!?
うーん、これが「ガンダム」じゃなくて、フツーのロボットアニメなら過剰な反応しなくて(されなくて)よかったのかもしれないが…
例えばさ、車作る人を指して「車鍛冶」とは言わないし、エアコン作る人を「エアコン鍛冶」とは言わないワケじゃん。
そこでモビルスーツだけを特別視する意味が判らんし、そもそもモビルスーツ鍛冶がなにをする人なのかが見えてこない。
設計するの?

まぁ、いいや。
でもって肝心のストーリーね。
正直な話、キャラクターがよく判らないというか、主人公のフリットの立場が、よく判らなかった(ってのは第1話の感想でも書いたかな)。
第2話以降、みんながやたらと「ガンダム」「ガンダム」って言うけれど、連邦軍とガンダム、ひいてはフリットの関係がよく判らなかったな。
有名な(?)モビルスーツ鍛冶の家系の生き残りと、連邦軍との関係は?とか、全然見えてこないし、説明もされない。
一応、第3話で司令とフリットの関係が説明されたが、その内容もなぁ。ひきとられて育てられたんなら、フリットはもう少し司令のことを気にかけてもよさそうなのにな。最後の最後になって、初めてその関係が語られ、二人の会話が出てくるってのはなぁ(実際にはあったかもしれないけど、記憶に残ってない)。

とかなんとか思いながら公式ページのストーリーを見たら、
スペースコロニー『ノーラ』の連邦軍基地アリンストンに引き取られていた機動戦士ガンダムAGE 公式サイト | ストーリー
と書いてあるな。ってことは、別に司令が育ての親ってことはないのか。
とはいえ、14歳の子供に頼らざるを得ないってのは、連邦の窮状が見えるな。
あとはこのコロニーで開発してたことの説明も欲しいかな?


そして第2話まで、どちらかというと別々の話が別々に進行していてちぐはぐな印象だったけど、ようやく第3話でひとつにまとまったカンジ。
あくまでも印象の話だけど。


あとは、コロニーが襲撃され、民間人共々脱出という「ファーストガンダムの第1話を現代風にリメイク」してみました的な展開ね。敵の設定を含めると「バイファム」的なのかもしれないけど。

ユリンね。
ニュータイプなのね、きっと。
この通路を…なんてシーンは、最終回のアムロを思い出すね。


そうそう、AGEシステムね。
データを採取して、それをもとにより強い武器を即席で作るというシステム。
どうなんだろうね、世界観的にマッチしない気もするんだけど、どうなんだろうか。


なんていうのかな、敵の正体も含めてまだ判らないことが多いけど、そういうミステリアスなのと、説明不足、描写不足ってのは根本的に違うんだと思うな。
今のところ、全体的に説明不足な気がするのと、「ガンダム」としては成功とは言えないかな。
勿論、「ガンダムはこうではなくてはならない」と言いたいのではないけれど、これなら「ダブルオー」のがまだ納得できるかな?
全体的に中途半端なんだよな、きっと。


そうそう、最後に登場した白い狼の人ね。
髪型から、一瞬「司令のクローン!?」かと思っちゃったよ。


一応、来週以降も見るけど、録画を保存しておくほどではないな。


機動戦士ガンダムAGE 第1話「救世主ガンダム」
第1話を見た。
まともにガンダムを見るのは久しぶり。
一応「ダブルオー」も途中までは観てたけど、脱落した僕としては、期待半分、怖いもの見たさ半分なカンジ。

まぁ、正直なところあまり成功しているとは思えない第1話だったな。

そもそも舞台というか、世界観みたいなのがよく判らなかった。
中盤かな? 夜になるシーンあたりで、ようやくそこがコロニーであることが判った。

まぁ、主人公が子供ながら軍のモビルスーツ開発に関わっているという設定自体をあれこれ言うつもりはないんだが…
なんだろうね、全体的に判りにくいように思う。
ガンダムがどうとかって会話してるシーンも、登校中の描写だったから、てっきり学校の実習とか部活の延長線上みたいなのかと思ったら、フツーに軍と関わってるとか。もしかしたらその学校も、軍とつながりがあるのかもしれないが、ぼけーっと見てる分には判らず。

「これは戦争なんだ」みたいなことをおじいちゃんが言っていたが、全然そういうのが実感できなかった。
勿論、無謀にも戦いに加わる主人公目線の描写なのかもしれないが、あまり成功しているようには見えない。

シリーズ構成の日野晃博氏曰く
「批判している人も、とにかく話が大きく動く3話まで見てほしい。それでも批判するのであれば受け入れる」
と言っているようなので、もうしばらく様子を見るが…

こうして思い返すと、ファーストガンダムの第1話って、やっぱり凄かったんだなぁって思う。




とにかく懐かしい! - 無敵鋼人ダイターン3 第1話「出ました!破嵐万丈」
評価:
塩山紀生,小国一和,大河原邦男,矢立肇,富野喜幸
バンダイビジュアル
¥ 9,499
(2003-08-22)

放送開始は1978年。
つまりは僕が四歳。リアルタイムか再放送か、いずれにせよそれなりに熱心に見ていたという記憶がある。それは印象的な主題歌のおかげだろうか。

…ってことで、何年ぶりだか判らないが、DVDをレンタルしてみた。

無敵鋼人ダイターン3 第1話「出ました!破嵐万丈」
無敵鋼人ダイターン3 第1話「出ました!破嵐万丈」


続きを読む >>
とりあえず「けいおん!!」を最終回まで見た。
番外編二話を残して、ようやく最終話まで来た。

なんだろうなぁ…
「萌える」という気持ちが少し解った、そんな気分。
ほのぼのとした日常描写に、時々顔が緩む。
「にへっ」と。
我ながら気持ち悪いが、隣で見てた長男(四歳半)も同じ顔してたようだ。それは彼が素質十分なのか、それほどに唯が転ぶシーンのデキがいいのか?

時々横で見てた奥さんも、なんだかハマってきたようで、最初は「あのオープニングの声が…」とか言ってたのに、「慣れてきたのかしらんけど、オープニングの曲のが好き」とか言い出した。
さらに奥さんの仕事中にHDDの肥やしと化していたのを消化したら「私見てないけど?」とか言われた。

まぁ、僕は男だし(共学だったけど)、奥さんもこんなキャピキャピした雰囲気でもないからよく解らないけど、どちらかというとここで描かれる女子高の日常生活って、男性による妄想に近いような気がしてならんのだなぁ(作者は男性のようだけど)。あと、姉妹の関係とかさ。

なんとなくだけど。


奥さんはどう思ってるんだろう?
明日訊いてみようかな。


ラストの番外編の二話、楽しみにしてていいのかなぁ?


JUGEMテーマ:漫画/アニメ


けいおん!! #4「修学旅行」
フツー、二年生で行くもんじゃね、ってのは無粋ですか?

実際こんな子がまわりにいたら、絶対イライラする。
ちくしょー、ぶりっ子しやがってぇー!とか、絶対思う。

なんだろうね、思わずニヤケそうなのを抑えてるってことは、面白いってことなんだな、多分。

でも、バンドやってくれよ。
音楽が聴きたいんだよ!

カンケーないけど、先日「けいおん!」の痛車を見た。
どんだけ好きだったとしても、僕は出来ないので、ああいう車を見るたびに、尊敬すらしてしまう。


JUGEMテーマ:漫画/アニメ