HOMEGROWN

読書と特撮と子どものことと、愚痴を書いたblogです。
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECOMMEND
キン肉マン「超人」 (学研の図鑑)
キン肉マン「超人」 (学研の図鑑) (JUGEMレビュー »)

真面目な図鑑を出すという発想を見てなんとなく、現代に必要なのはケイブンシャであると思った次第。
RECOMMEND
CLARITY (初回限定盤)(ダウンロード・ストリーミングアクセスコード付カード 封入)
CLARITY (初回限定盤)(ダウンロード・ストリーミングアクセスコード付カード 封入) (JUGEMレビュー »)
PassCode
PassCodeの新作。限定盤はDVDじゃなくてダウンロードなんだよね。
RECOMMEND
ファビュラス(Type-A)
ファビュラス(Type-A) (JUGEMレビュー »)
predia
アルバムとしては現時点で最新。かつ10人としてはラスト。
RECOMMEND
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】
35大スーパー戦隊主題歌全集1975―2011【DVD】 (JUGEMレビュー »)

ゴーカイジャーより後の戦隊の分や、ライダーシリーズでも実現して欲しいな。特にライダーはディケイドのおまけでやっつけ仕事だったから特に。
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
MOBILE
qrcode
PROFILE
無料ブログ作成サービス JUGEM
 
仮面ライダー鎧武が面白くなってきた
突然だけど、面白い物語ってのは、だいたい裏の主人公ともいえる魅力的なキャラクターがいるもんだと、平成ライダーシリーズを見て考えるようになった。

判りやすいところでは、「電王」なんかは完全に桜井侑斗(と野上愛理)の物語だ。
「龍騎」では主人公である城戸真司は最終回を待たずに物語から退場し、最終的に望みを叶えるのは秋山蓮だったりする。望みを叶えるためにライダーバトルを続ける秋山蓮だが、案外真司よりも苦悩したりブレていた…という記憶がある。ある意味純粋な真司に触発されて成長する秋山蓮の物語だ…といえなくもないかな?
「フォーゼ」は最終的に歌星賢吾の物語になりそこねたなってのが印象。

そうそう、昨年話題だった「あまちゃん」だって、あれは天野春子の物語だよね。
まぁ、見てたのは後半だけだし(年末のダイジェスト放送で前半部分を補完)、的外れかもしれないけど、やっぱり鈴鹿ひろ美が自ら「潮騒のメモリー」を歌うあのシーンで物語は完結してると思う。

うん、脱線した。

でもって、最近「仮面ライダー鎧武」が面白い。
当初のダンスチームの縄張りとランク争いのくだらなさ、インベスゲーム内の圧縮されたインベスを蹴散らすライダーとか、首をひねるようなところも多々あったが、我慢した甲斐があった。
物語が核心に近づいてくることで、僕の中で色々と盛り上がってきた。

なにより主人公の葛葉紘汰が見せる態度が、どこか初期の平成ライダー主人公を彷彿とさせる。
呉島光実(ブドウ)に「変身しないように」と言われても、とにかく目の前の人を助けるんだと戦う姿勢がね。

で、やっぱり葛葉紘汰は、最後までこういうキャラクターなんだと思う。
多少ブレることもあるだろうけど、ユグドラシルコーポレーションがどうとか、森の秘密がどうとかってことは関係なくて、最終的には人助けを最優先としてしまう…そんなキャラクターだろう。
なにが言いたいかというと、彼はきっとこれで完成されたキャラクターなんだということ。

だとすると、最初に書いた「魅力的な裏の主人公」は誰か、ということ。
光実は最終的に兄と同じような方向へ行くんだろう。一緒に戦うのか、対立するのかは判らないが、兄の位置を占めるキャラクターになる…のではないかと(もしくはそれを目前にして退場?)。

そう思うと、きっと駆紋戒斗(バナナ)なんだろうな。
人一倍街に思いいれを持ってるし、舞との関係も気になる(他のキャラクターが昔の街に愛着を持ってないのが気になるな)。
主人公たちとは異なる価値観を、どう壊して成長していくのかが鍵かな?
個人的にはBOYS AND MENのメンバーとして活動している小林豊とのギャップに驚いてるんだけど。


新しいロックシードに新しいベルトの登場と、インベスゲームの終焉ってことで、ここから本当の物語ってことなんだろう。
個人的には「W」以来のヒットになりそうな予感がしてきた。
まだ予感だけど。

それが予感で終らないことを祈ってます。







JUGEMテーマ:特撮


仮面ライダー鎧武 第10話「ライダー大集結!森の謎を暴け!」
悪くないなって思うポイントは、ヘルヘイムの森の謎とユグドラシルコーポレーションの正体といったところ。
最近のライダーは、あまり謎がないんだよね。
結局、キャラ萌えじゃないけど、キャラクターだけを泳がせてお話作りってのは、あまり…

正直なところ、ビートライダーズのいざこざだったり、モラトリアムというか、遊びほうけているだけに見える主人公たちも、イマイチ好きになれないけど、森のことや会社が裏でなにをしているのかってことが、物語を引き締めているように思える。
ただ、この謎も今後、どう使って、どう解決していくかが大事。
とりあえず今のうちは風呂敷をどんどん広げていけばいいんじゃないかと。

あとは説明セリフをなんとか整理して欲しいな。


JUGEMテーマ:特撮

てれびくん2014年1月号 平成仮面ライダー大紹介スペシャル!
変わったなぁと思うのは、昔の映像で素顔の役者たちの映像がでていること。
以前、このてのDVD付録が乱発されていた頃、当時の映像は使っても、変身前の人たちは一切登場せず、さらにはセリフやBGMをカットするなんてザラだった。
まぁ、色々大人の事情ってのがあるんだろうけど…
とりあえずyoutubeで大々的に公開してるんで、ぜーんぶ見てみる。
勿論、明日にでも長男のために買いにいくんだけどさ。

ってことで「平成仮面ライダーシリーズ」の幕開けとなった「クウガ」から。

合成のチャチさは仕方ないとしても、やっぱり画面から伝わる空気が違う。
…とはいえ、実はこれだけ全話見てない。

続く「アギト」は、やっぱり謎が謎呼ぶ展開だよな。

あかつき号事件の真相が判明する瞬間の、あの恐ろしさといったら…
昭和ライダーの悲哀を一身に背負ったギルスの悲しい運命は、追随を許さないな。

続きを読む >>
仮面ライダー鎧武 第3話、第4話
会社の後輩は早々に1話で切ったらしいが、せめてライダーが全員揃うまでは我慢しようよ、と思わないでもない。

第3話の紘汰と舞の会話なんて、聞いてられなかった。
お互いに「みんなのために」を繰り返すが、こんなのどう考えたってただの口実だろう。
「大人の仲間入り」しようとして結局モラトリアム人間であることを選択しわワケで、それは「逃げ」でしょう。
とはいえ、あのまま大人の仲間入りしてては、物語が成り立たないので、仕方ないか。
でも、姉には全否定されててちょっと安心した(とはいえ、ちょっと説得力に欠ける)。

…ところで、紘汰は誰からお金を貰ったんだろう?

バナナのキャラクターは悪く無い。
最近のライダーでこういうキャラクターがいなかっただけに、期待が持てる。
一方のブドウはせっかくの初登場だったが、戦闘シーンが配信映像でのダイジェストのみ。ベルトを手に入れようと決意するあたり、なかなか面白い。まぁ、家のこととかもあるし、いずれは敵対するのかな?

すばらしい!とは思わないが、つまらないとも思わない、微妙なライン。
今後、ただの縄張り争いが、どういうふうに変化していくのかは楽しみではある。


JUGEMテーマ:特撮
仮面ライダー鎧武 第1話、第2話
ダンスチームから抜けて、大人になろうと躍起になる主人公と姉の会話はまるで「渡る世間は鬼ばかり」だった。

ダンスチームの抗争やロックシードの設定なんかも、とりあえずはこういうもんだと思って見てる。
突っ込みたい気持ちを抑えて、見てる。

ロックシードになる木の実を食べた人間がインベスになるってのは、ワリと確実なカンジだけど、どうかな?

現時点では面白いともつまらないとも評価しにくい雰囲気。

あとチーム鎧武の女の子高司舞を演じる志田友美は、「すいエんサー」に出てたんだね。芸能界ってのも案外世界が狭いというか、同じようなところで仕事が回ってるんだなって(「オーズ」の比奈ちゃんにアキバイエローも出てるし)。
仮面ライダー鎧武 第1話より 志田友美
仮面ライダー鎧武 第1話より

幻想的な金髪衣装だが、顔のラインとかまだお子様。
半年くらいしたらもっと似合うようになってるんだろうな、という予想第2弾。


JUGEMテーマ:特撮
仮面ライダーウィザード 第52話、第53話
このタイミングで會川昇が脚本というのは、どういう…
會川 昇‏@nishi_ogi 9月20日
そんなわけで、自分なりにウィザードの世界に別方向からアプローチしてみたのですが、最初のプロットは「これ、ウィザードじゃなくて、ディケイドになってます」の言葉で敢なく没。仕方ないじゃない、時間が止まっていたんだよ…結果として、完成品は間違いなく「ウィザード」になっている筈です(笑
Twitter / nishi_ogi: そんなわけで、自分なりにウィザードの世界に別方向からアプロー ...

第52話はウィザードと世界観の紹介がメインだったけど、第53話は完全にディケイドの物語だったように思えたんだけど?

さらにツィートを見ていくと…
會川 昇‏@nishi_ogi 9月21日
「一人ぐらいは先輩本人をお招きできませんか?」というこちらの無理なお願いにPDは「喚ぶならそこに意味がないと。初代のクウガ、直前作のフォーゼか…」「もしくは、ディケイドですね」なんてやり取りの結果、スケジュールや予算に負担をかけて、来週のアレになったわけです
Twitter / nishi_ogi: 「一人ぐらいは先輩本人をお招きできませんか?」というこちらの ...

いやいや、初代クウガなんて呼ぶ気もないくせに。
もしかしてオダギリの方じゃなくて、カタカナのユウスケの方?
別の世界に現れても違和感がない人となると、やっぱディケイドだよねぇ。

まぁでも、53話を見ると、ウィザードが蚊帳の外というか、おいてきぼり。
ディケイド/士が自由にやりまくって、ラストバトルに持ち込むという。
説教タイムのBGMとか、「通りすがりの仮面ライダーだ」という決めゼリフとか、後半は完全にディケイドのペース。
まぁ、ラストバトルではウィザードと鎧武に出番を奪われてしまったが、クウガとアギトに「ちょっとくすぐったいぞ」を繰り出すなど、サービスも忘れてない。

會川 昇 ‏@nishi_ogi 9月21日
たまに「ディケイドだけごり押しされて!」とかあらぬ義憤にかられてる方をお見かけしますが、正直推されてません(笑) 今のライダーをこそ魅力的に…というのが、常に変わらぬ東映さんテレ朝さんらしさです。ただ私には作品世界を理解する同行者が必要だったので、士に頼んだというところでしょうか
Twitter / nishi_ogi: たまに「ディケイドだけごり押しされて!」とかあらぬ義憤にから ...

でも、だいたいしか理解してない奴だぜ?

改めてディケイドを演じる井上正大を見て、やっぱりディケイド/士が好きなんだと再確認しました。
そろそろ彼も腹を括って、死ぬまでディケイドを演じる続けるくらいの覚悟をしないと、ファンはガッカリするぜよ。
毎年じゃなくても、5年から10年ごとでいいんだ。
ストーリーも空っぽでもいいんだ。
多分ディケイドが出てきて「だいたい判った」とか説教タイムからの「通りすがりの仮面ライダーだ。覚えておけ」で悶絶するぜ。


JUGEMテーマ:特撮
仮面ライダーウィザード 第51話「最後の希望」
来週、再来週とディケイドが登場する特別編なんで、ウィザードとしてはこれでおしまいなんだよな。

第1話あたりは「いけるかも」と思ったが、結局はダメだった。
個人的にはあまり熱中できなかった。
結局、ウィザードとファントムの戦いは笛木の自作自演のようなものだった…というのは、まぁ、よしとしよう。

核心に迫るまでに時間をかけすぎ。
大方の予想通り「白い魔法使い=ワイズマン」だったし、コヨミだって…と、それについて発言してない僕じゃ、後だしだな。
謎としてはたいしたものではないワケで、そうするといつまでもウダウダと隠し立てする必要はなくて、適当なところでそれを出していくべきだったと思うんです。
全体を貫くような、縦軸がない…というか、弱いんだよなぁ。
思い返せば「アギト」だって沢木哲也はかなり早い段階で登場してたし、名前だけとはいえアナザーアギトの木野薫だってねぇ。

ただ、この最終回で面白いと感じたところがあるとすれば、一度は戦線を離脱した仮面ライダーメイジの山本(トドロキ役の川口真五)がテレビ映像を見て逡巡するシーン。
番組開始から戦う意志については確固たるものを持っていたウィザード/晴人とは対照的に、ビースト/仁藤攻介やメイジの三人は、戦う理由について少しずつ考えが変わったり、信念を持つようになっていく。
ラストのグレムリン/ソラとの戦いで、戦う理由の正当性についてあれこれ会話があったが、それもなんだかなぁ…
グレムリンが人の道を踏み外してるのはファントムになる前からだし、それを今更あれこれ言っても、ちょっと弱い。
人間になりたいという願いが、ソラと名乗ることへのこだわりになっているというのはよく判る話だが、そもそも何故人間に戻ることに固執しているのかがよく判らないままだったな。
ああいうタイプって、それがバケモノの力だとしても、それを有効に使うだろうに。

そうすると、不意に手に入れた大きな力を、どう使うか…みたいなことを主題にしてもよかったのでは?
人を守るために、自ら生きるために、復讐のために、自らの欲望を満たすために、そして家族を守るために…とか。

まぁ、僕は製作側の人間でもないし、創作物を発表する人間でもないから、あれこれ書いても仕方ないんだけどさ。

僕自身、子供が二人いるワケで、トドロキ…じゃない、山本が悩むシーンにぐっときたってだけの話。


あとは、アレだ、コヨミ。
永井均じゃないけど、「お人形さん」と呼ばれるコヨミと、笛木の娘である暦は果たして同一人物かね。
笛木が復活させた場合、その暦は晴人にとってのコヨミと同じだろうか?
笛木はお人形のコヨミを暦として見ていなかったようだが、晴人はどうだろう。

さて、来週はお祭り企画だねぇ。
長男(7歳)は鎧武の変身シーンが楽しみでならんようだ。


JUGEMテーマ:特撮


ディケイド再び…三度?
先日、久しぶりに東映特撮の劇場版がテレビで流れた。
まぁ、東京じゃぼちぼちやってたみたいだけど、地方局じゃねぇ。

実際に劇場で見て、さじの投げ方…じゃなかった、まとめかたには少なからず怒りを覚えたもんだが(当時の記事参照)、それでも何故見るのかというと、ディケイドが好きなんだって再確認した。

いや、もしかするとディケイドというより、門矢士(を演じる井上正大)が好きなのかもしれない。

それはどうしてかというと、こんな2chまとめ記事を見て、軽くテンションが上がったから。
スーパーヒーロー速報2ch 【特撮】久しぶり、門矢士だ。あれから何年か旅をしてきて、次はウィザードの世界か、、、9/22と9/29に再び通りすがるとしよう。

せっかくだから、本人のblogも貼っておく。
通りすがるまた再び|井上正大オフィシャルブログ「Prelude」powered by Ameba

話としてはダメだと思いながらも、見てしまうのは、やはりディケイドが好きなんだと。
ストーリーとしては完全に終ったあとのスペシャルな2話のようなので(ハイパーバトルDVDとか)、細かいことは気にせず「だいたい解った」というふうにして見るのがいいのだろう。

「大戦Z」には出てないようなので約1年ぶりのディケイドを演じる井上正大の成長振りも、楽しみにしようじゃないか(あまり達者になってても門矢らしくない気もするけど)。


JUGEMテーマ:特撮
仮面ライダーウィザード 第9話「ドラゴンの叫び」
評価:
仮面ライダーGIRLS
エイベックス・マーケティング
¥ 1,593
(2012-11-21)

こっそり仮面ライダーGIRLSの新曲には期待しているワケですが、テレビ本編はですね…

まぁ、悪くはないさ。
でも、やっぱり主人公が案外弱音を吐きすぎるし、説明的すぎてちょっとね。

少し前なんだけど、コヨミが「前をむかなきゃ」みたいなことを晴人に言われたという回想シーンがあった。
正直、ここはそこまで親切に説明してあげるべきではないだろう、と思った。
ただ、そういうシーンを見てると、説得するのは案外コヨミの役目にするといいのではないかと思ったりする。

なんつーか、単純に過去作品と比較したくなる誘惑をこらえつつ、でも寡黙に戦い続ける津上翔一とかね、そういうのを思うと、晴人はちょっと軽いよね、キャラクターとしては。

折角の刑事がいるけど、たいして役にも立たない上にお店に入り浸ってるだけってねぇ。
ここらでもう少しきちんと役目を与えてあげないといかんでしょう。


で、ゲートの人間は、もう狙われないのかい?


JUGEMテーマ:特撮


仮面ライダーウィザード 第1話と第2話
「オーズ」「フォーゼ」と結果的に楽しめなかった作品が続いたので、期待している…んだかなんだかよく解らないまま始まって、2話が終った時点で、「まぁまぁ」という感想。

印象としては、「仮面ライダーキバ」を思い出させるね。

「最後の希望になってやる」と言ってエンゲージのリングを渡すだけかと思ったら、その人の精神世界(アンダーワールド)に入り込むという…
まぁ、フォーマット的にはその人の過去に飛ぶ「電王」と同じだね。

それ自体が評価に影響するものではないんだけど…

気になるのは、早々に警察がファントム事件から手を引くことを決めたってことと大門凛子が新米刑事ってこと。
さらにロン…じゃなかった川野直輝が国家安全局ゼロ課の警視として登場。彼のFacebookによると「2話3話に出ます」とのことで、国家安全局ゼロ課自体があっという間に消えてしまうか、名前だけで実際には関わってこないってこともありうるのかね?
つまり組織として警察が関わらないのに、刑事である凛子が(本職をほったらかして)戦いに関わってくるのでは?という危惧が…

アクションの印象は、「フォーゼ」と比較してもスタイリッシュな方向に持っていこうとしてるのかな?と感じた。
ドタバタしたところがないんで、ワリと安心して見ていられる。
魔法使いとはいえ、あまりそれっぽさの感じられないウィザードだけど、まぁ、それはこれからだね。

アンダーワールドの魔物も回を重ねるごとにスケールダウンしていくのかな?とか想像してしまうが、どうだろうな。
予算配分をなんとか、ね。


で、ぱすぽ☆の奥仲麻琴が、なんかちっちゃくてビックリした。
ぱすぽ☆の曲は好きだけど、まだ彼女の名前しかしらないわ。


JUGEMテーマ:特撮